SONY ICF-M780N は DSPラジオ。 から分離。

ソニー・ラジオ – 木の上のキーナム ウィキ
https://namu.moe/w/소니/라디오

韓国のサイトで興味深い内容の記述があった。韓国語はキムチとナムルしか知らないのでMS翻訳で引用。このページは韓国版のまとめサイトで、ものすごくよくまとめられている。

・ICF-506 (2017 年-現行)
ソニー初の本格的な DSP ダイヤルラジオ. 2017 年に初発売。受信チップは、S i 4831 人として知られている。I C F-F 10 より少し小さいサイズで、スピーカーの口径が大きい。日本では、ICF-801 のフォローアップとして、被験者に, このモデルは日本国内が機種に限定されておらず、世界で発売されている。上部にプラスチック製のハンドルが、DSP である。AA 電池3つの AC 電源を使用する。西洋では、優れたパフォーマンスでご好評をいただいていますが、日本では特に慣習的なアナログのラジオ愛好家の間では、ソニーならではの特性が消えたの批評がある。

・ICF-M780N (日本国内)、ICF-M780SL: PLL 方式の大型ラジオであり、2014年頃に発売された比較的最近のモデルである。ICF-M780N は日本国内版に短波帯のラジオ日経放送だけ受信可能である。国際版である ICF-M780SL は一般的な短波帯もサポートする。そして実際にこの機種はDSP 受信機である!

アマチュア無線もHF帯はIF段からDSP処理が全盛でアナログ固定機は廃れて久しい。ラジオはアナログに限るとかPLLやマイコンはノイズがとか絶対性能が出ないとか思いこんでるなら、そろそろ切り替えても良いと思った。

MS機械翻訳の「木の上のキー」というフレーズが全く理解できなかったのでがんばってハングルを読めるようにした。
소니 : so-ni ソニー
라디오 : ra-di-o ラジオ

これらは音がそのままハングル表記されてるようだ。

나무위키 : na-mu-wi-ki ナム ウィキ

「나무 위키」だと「木 ウィキ」だが、「나무 위 키」だと「木 上 キー」になる。「위(wi)」が「上」で、「키(ki)」は表音として「キー」なので翻訳機が分かち書きの解釈を失敗したものだと分かった。

プラスチック製のハンドルが、DSP である。
である、などと断定されても、プラスチック製のハンドルがDSPであるはずはないので、原文を見直す。

상단 플라스틱 손잡이가 달려있으며 DSP 방식이다.
上部 プラスチック(の*) 取っ手 付いていて、DSP 方式

달려있다 : tar-ryo-iss-ta 取り付けられている、~による(~次第)
~(으)며 ~ : (u-)myo ~で、~ (並列の接続詞、主に文章体)
방식 : bon-sik 方式
~(이)다. : (i-)da ~だ。~である。(文末表現の最も簡単なもの)
*助詞の「の」に対応する助詞は表記されていない。

今回は全く知らなかったハングル(한글)で書かれた韓国語(한국말)を読んでみた。위とか방식とかの漢字語の音が日本語(일본어)に似ていて親しみやすい気がするが、英語テスト1桁点をマークした身にとって外国語はやっぱりよくわからない。でも翻訳機無しで意味が分かるとちょっとおもしろいし、ハングルキーボード(한글 키보드)の入力方法も分かったので満足した。

ラジオの記事なのに韓国語の追記のほうが時間がかかった。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中