オシロでテレビを見たい – ゼロの境地へ。

昨日の実験でオシロでテレビ映像が見えるようになったが、輝度が反転しているのが気に入らない。

使っているオシロスコープの仕様で輝度変調は0Vで明るく+5Vで黒になるようなので、普通のNTSCコンポジット信号の明るい側が+側である以上反転してしまう。そこで禁じ手の一つであるが、コンポジット信号の信号側をオシロのGNDレベルとすることで、相対的に輝度信号が反転するようにした。

CH1のプローブをBDレコーダの映像出力に接続。GNDのクリップで芯線、プローブはシールド側に接続する。これで普通のNTSC信号が反転してオシロに入力される。(写真の映像信号は反転前)

osctv2-3 osctv2-6

CH1出力と輝度変調入力(Z軸入力)を、ゼムクリップを伸ばしたもので接続。

osctv2-2

CH2入力は昨日と同じで、パソコンの音声出力に接続。PCからは59.94Hzのノコギリ波を出力。

osctv5 osctv2-5

オシロを設定。

・1CH(コンポジット信号入力)はオフにして消去、2CH(垂直同期のノコギリ波)のみ表示オン。
・同期はTV-L、NORMを選択、ソースは1CH。TV同期が無ければACでもDCでも適当に合わせる。
・掃引時間は5usにしてCALを調整。
・CH2のV/Divと時間軸のPosを適当に調整して管面全体に「走査線」が出るようにする。
・CH1のV/Divで輝度を適当に調整する。

osctv2-4

で、NHK総合を見てみる。ネガ表示にならずにきちんと表示された。

osctv2-1

走査線が細かく波打っているのはPCの出力に自体に歪、リンギングかあるため。大きな波型の波形はノコギリ波のエッジのオーバーシュート自体が見えてしまっているもの。もっときれいな走査線が描けるならD端子出力から取り出したHD映像だって出せる気もする。画面下の黒い帯は同期が外れて流れている状態で垂直同期信号が見えているもの。昔のアナログテレビはよく同期が外れてこれが見えるたびに調整していた。水平同期はオシロのTV同期トリガ機能できれいにそろってる。NTSCの水平同期はDCカップリングの通常トリガでもトリガしやすいので同じくらいきれいに見える。

NHKは白黒受信料を適用でお願いします。

オシロに出力端子と輝度変調入力端子があるという条件はつくものの、もはや「オシロスコープでテレビを見る装置」はハンダ付けはおろか電子部品を一つも使わない境地に達した。これはオシロとテレビ、PCの音声出力に関する深い知見の元に達成し得た成果であって、決して手抜きではない。

ヤフー知恵袋で「そんなことはできない」「簡単ではない」とか宣う先人のおかげで、テレビを自作する、オシロをテレビにするという長年の夢がひとつ叶った。ありがとうインターネッツの方々。

今後の課題というか、その辺。(たぶんやらない)

・10dBくらいの反転増幅器を1CH OUTと輝度変調入力の間に入れる。(とても簡単)
・ノコギリ波発振器をPCではなく、ディスクリート回路で作る。(たぶん簡単)

この二つを実装すればもっとまともな映像で見られると思う。アナログ放送の時代なら、これにAM-TV受信回路とFM音声受信回路をつけてテレビが完成してた。

広告

オシロでテレビを見たい。

テレビを自作する。

これはハードウェア工作を趣味とする者であれば目標にしたいものの一つだろう。しかし考えるまでもなくハードルがかなり高い。自分も高校生のころからどうやったらテレビを自作できるか何度も考えた。

インターネッツの先人達も苦労なさっている。
オシロスコープの画面上にテレビ放送を映し出す方法を教えてください
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14130001984

まあ、戦後の自作世代もオシロのブラウン管でテレビを作ってたようだし、ヤフー知恵袋で言われているとおり次のようなことをすれば現代のオシロの管面に映像を出すことはできると思う。

・映像信号をコンポジットかS映像で用意する。(さすがにデジタルチューナは作りたくないのでね。)
・同期信号を分離。
・同期信号から水平・垂直掃引のノコギリ波を生成し、オシロのX-Y入力とする。
・輝度変調アンプを通してオシロの輝度変調に入力。

※ハードを作る気があってICが手に入るなら、掃引用の信号は同期分離ICのH-Sync出力とV-Sync出力にCとRでできた微分回路(大学の授業で出てくるやつ)をかませれば完成するし、輝度変調はただのビデオアンプなので専用ICでもTr(大学の授業で出てくるやつ)でも簡単にできるから、オシロでテレビなんて難しすぎて絶対できませんよ、ていうほどは難しくは無い。はず。

手元にはこのブログで過去に何回か出している普通のアナログオシロ(TEXIO CS-5400)があるが、こんなハードを作るのは面倒なんで、その前になんとかして最小限のハード工作でオシロ管面上にテレビ映像を映す方法を考えた。

で、完成した「オシロでテレビ映像を見る」装置。

osctv4

osctv5

こんだけ。おそらく電子工作史上で最も簡単な「オシロでテレビを見る装置」。これでオシロでテレビが見られる。すごいだろう。

一枚目はオシロのCH1 OUTと輝度変調入力を1Ωの抵抗で接続している回路(針金でもOK)、二枚目はPCの音声出力に挿したプラグを2CH入力のプローブに接続している回路。

で、映ったもの。

たぶん女の人。

osctv1

たぶん男の人。

osctv2

輝度が反転してるというというのはご愛敬として、映像が出るということは確認できた。

どういうことかの説明。

ハードウェアの構成:
・ブルーレイレコーダのコンポジット映像出力をオシロの1CHに入力。
・パソコンの音声出力から59.94Hzのノコギリ波をソフトで出してオシロの2CHに入力。
・輝度変調はオシロのCH1出力信号を輝度変調にそのまま入力する。

やっていること:
・水平同期信号の分離はオシロのTV水平同期(TV-F、同期ソースは1CH)を使い、そのまま水平掃引信号とする。
・垂直同期はPCから出力のノコギリ波をオシロの2CHに入れて垂直掃引信号とする。
・輝度変調はオシロの1CH入力アンプの出力が50mV/divで1CH OUTからそのまま出てくるので適当な入力レンジとCALを使って輝度変調の範囲に合わせる
。→オシロの輝度変調が+5Vで黒レベルになるので本当は反転アンプを作るとよい。

もうちょっと理屈や設定をメモしておきたいが「オシロでテレビを見る装置」を作るより面倒なので後日追記予定。

→ 反転しないオシロでテレビが完成した。
オシロでテレビを見たい – ゼロの境地へ。

 

 

ウィンドウスルーケーブルを分解してみた。

無線局免許状を返納してアンテナを下したから、不要になったウィンドウスルーケーブル(すきまケーブル)を分解してみた。

この手のケーブルは本来使い捨てなんだけど結構高価で長い間再利用していた。もうボロボロでラミネートも自然に剥離してたので手で割いたらほとんど分解完了だった。今はなきマルドルのWSC-50M、M-Jコネクタが両側に付いている50cmくらいの一般的なもの。今売ってるものだとコメットアンテナのCTC-50Mが近い構造だと思う。

WindwThrough1

ラミネートが剥離していない部分をニッパで切断。極細の同軸が見える。少し潰れた。

WindwThrough2

ラミネートを剥がすと、銅箔シース付きスズメッキシールドのケーブルが現れた。1.0D相当くらいかな。ラミネートとの間はゴムっぽい充填剤のようなもので埋められている。ケーブルは硬くて中心導体は単芯に見える。同軸と平行に撚線のボンド線も走っている(一番右端の曲げてある線)。

WindwThrough3

これだけ細ければ減衰も止む無しだが、加工無しで施工できる手軽さには代えがたい存在、十分使った。捨てる。

 

図書カードNEXTの黒いところ

初めて知ったが、今どきの図書券は図書カードNEXTというものになっているらしい。

 

図書カードNEXT
http://www.toshocard.com/toshocard/next.html

富士通と凸版が開発に絡んでいるらしい。

図書カードが新しく「図書カードNEXT」へ
http://www.fujitsu.com/jp/group/fip/resources/news/press-releases/2016/0530.html

「QR コードには複製を防止する特殊加工が施されており、専用の読取り機のみで読取りが可能です。」

 

toshocd1

裏面。真っ黒なところに何か仕掛けがあるって、もうね、いかにも隠してますよ、っていうのが。

QRコード生成の符号化をちょっといじれば「専用の読み取り機のみで」にすることくらいたやすいのに、この真っ黒なのを施すことにより、さらに「隠してますよ」っていうアピールになるっぽい。けん制も重要なセキュリティだし。横から普通のライトで照らすだけでもうっすら見えるけど、専用の読み取り機とやらがどうやってるのかは気になった。

で、こういうものはたぶん赤外線か紫外線だろうと思って、リモコンの赤外線で照らしたらやっぱり見えた。特別な機材は無いから暗闇でデジカメの露出時間長くして、露出中にテレビのリモコンの赤外LEDで照らしまくったら映った。

toshocd2

隠したいところを 赤外線透過インキで覆ってるのね。

 

 

IBM Aptivaのジョイスティック

数年前に中古で買ったIBMのAptivaについていたジョイスティック、97年ごろのものなので実に20年ほど前の製品になる。サウンドブラスターなんかについてるDsub15ピン接続のトラディショナルなアナログ式。Aptivaにはそんなにたいしたゲームはついていないのに、4ボタン、スロットル、ビュースイッチ、連射機能とやたら高機能。

IBMJoystick1

USB接続ならとにかく、ジョイスティックポート接続でそんなにいろいろできるのはどうなっているのか不思議でAptiva本体とモニタはさっさと処分したのに、ジョイスティックだけはずっと捨てられずに今に至る。今日はこれを解体して解析することにした。

IBMJoystick2

底のタッピングネジを何個か外せば簡単に開いた。予想通りたいしたものではなさそうなので、連射機能のIC以外の回路を追う。オール手書きで汚い。

IBMJoystickSchema
IBM Aptiva Joystick Schematic

ジョイスティックポートは2軸2本と4ボタンのジョイスティックをサポートしており、Dsub15ピンの結線は次の通り。

1 : +5V
2 : ボタン1
3 : スティック1のX軸
6 : スティック1のY軸
7 : ボタン2
10 : ボタン3
11 : スティック2のX軸
13 : スティック2のY軸
14 : ボタン4
1、8、9、15 : +5V
4、5、12 : GND

IBMのジョイステックは1人用として作られており次の割り当てになっている。

1 : +5V
2 : トリガー
3 : スティックのX軸
4 : GND

6 : スティックのY軸
7 : ボタン2
10 : ボタン3
11 : なし
13 : スロットル/ビュースイッチ
14 : ボタン4

トリガーは連射機能だけを提供する基板に埋め込みのICと、スイッチ直結をSW2で切り替えられる。

一番の謎だったビュースイッチはスティック上部に設けられた4方向のスイッチで視点変更の機能を想定している。SW1でスロットルと排他で切り替える。いずれもスティック2のY軸を制御することになり、スロットルの場合は0~120kΩ連続可変、ビュースイッチにするとポジションに応じて中点80kΩ、上200Ω、右60kΩ、下40kΩ、左20kΩの各値をとる。

分かってみれば非常に単純明快。このジョイステックはスティック2のX軸以外はフルで使っているので「ジョイステック×2/MIDI分岐ケーブル」を使っても2人では使えないってことがわかった。

組みなおせば元通りになるが、正直かさばって邪魔だった。捨てる。

bailiの両刃ホルダー

中国の百利(バイリー)というメーカーの両刃カミソリホルダーを買った。百利はAmazonでも1700円くらいとまあまあ安かったのでダメもとで買ったら、これが非常に良かった。

2017 BAILI Manual Chrome Long Handle (Aliexpress)

特にグルーミングに凝っているわけでもないがカミソリレターをもらってから、高騰する替え刃商法に疑問を持ったのでいかに低コストに抑え、SchickスーパーⅡから脱却すべく他の二枚刃、一枚刃に挑んでいる。両刃を使うと完全には終われずに最後スーパーⅡを使う必要があって、貝印のゴールドステンレスだとこれ一本で終われるしコスパも十分だが、刃が交換式ではないのでゴミがかさばって邪魔。

今回買った百利とハイステンレスの組み合わせはスーパーⅡやゴールドステンレスを超えていた。箱と替え刃はチープだがハンドル本体は精度も良く重量感があって非常に良い。

 

 

個人的ランク。替え刃式はフェザーのハイステンレスを使用。

1.BAILI 今回買ったやつ ← New!!
2.Schick スーパーⅡ
2.貝印 T型ゴールドステンレス
3.日本利器工業 ニッキークラシックダブル
4.フェザー 両刃ホルダーポピュラー
圏外.Schickの使い捨て二枚刃、交換式5枚刃、貝印 KAI KⅡ、各社首振り式

これでメリケンなスーパーⅡからようやく脱出できる。ありがとう中国製!

 

替え刃は信頼の日本製を使うけど。。

 

SATAケーブルを切ってみた。

マザーボードに付属しているようなSATAケーブルは太くて取り回しが悪い。値段は高いが細いSATAケーブルを買って交換するので太いのは要らない。捨てるので切って中を見てみた。

satacable

シールド平行対ケーブルが2組通っているだけ。中の線はかなり細い単芯のスズメッキ銅線っぽい。それが5D-FBの内側絶縁のようにふわふわした絶縁体に覆われて二本一組でアルミシースにまかれている。この細いふわふわした被覆の単線、オシロのプローブに使われている「高減衰同軸ケーブル」に似ている。端での反射の影響を抑えて歪を低減するためのものかな。非常にシンプル。今どきの高速伝送技術の一端を垣間見た気がした。

だがこのケーブルを他に流用できるような用途が見いだせない。捨てる。

 

PCに必要なメモリ量はディスクキャッシュ分も加味する。

PCに搭載する必要なメモリ(RAM)の量がよくわからない。後悔しないのは全スロット使用して搭載可能容量最大にすること。メインマシンは古いがとりあえずそうしてあって、32GBフル実装。

メモリ 必要量 なんかでこの1年くらいを検索すると、4GBは少ない、8GBでとりあえず十分、16GBまでは比例して快適、32GBは無駄。ってのがおおかたの意見っぽい。

mem32gb

Windowsの場合はプログラム実行用にメモリを使用しても容量に空きがある場合はディスクキャッシュとして使われる。上の画像はディスクのデータを大量に処理した状態。この後キャッシュされたデータは29GBまで増えた。大量のデータを扱うときだけでなく、プログラム自体もキャッシュされていくので、メモリが十分にあると連続稼働が長くなるほど全体的な動作だんだん早くなっていく。この加速感がメモリ最大搭載したくなる最大の理由だったりする。8GBで十分、16GBなんかに増やしても体感なんてできないとか言っちゃってる人はこのキャッシュの恩恵がどれほど効果的か分かってない。

タスクマネージャのメモリのメモリ構成で「スタンバイ」になっているところは、ディスクキャッシュや破棄されていない読み込み済みのプログラムやデータが入っていてOSの管理下に置かれている。必要になればHDDやSSDに取りに行かなくてもメインメモリの中から取り出して使われるので、この部分に余裕があれば非常に高速に処理が進む。未使用の「空き」ではないから、この部分が多いからといってメモリが「多すぎて無駄」なんていうことではない。

メモリの必要量はプログラム+データだけでなくディスクキャッシュを十分確保できる容量も見込んでおくと不満が出ないはず。

 

一太郎2018のATOK

次のATOK2018は月額版のみになると聞いて、現バージョンのATOK2017がついている一太郎2017を買った。

一太郎2018に付いてくる「ATOK for Windows 一太郎2018 Limited」は一年限定版。月額版の12か月お試し版というか、月額版の別形態な使用権というのか微妙。

http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/feature5.html
利用開始後12ヶ月無料でご利用いただけます。(ATOK Passportにご契約の場合は契約期間中無料でご利用いただけます。)

何この「〇〇円払えば無料で△△できる!」的な注釈。さすが、かしこい日本語ATOK。製品版の一太郎についているのはATOK月額版のお試し版ってこと?それとも一太郎買ったら要りもしないのについてくる高機能ATOK2018Limitedはなんと1年間も無料で使えるオモテナシニッポンすごい!ってやつ?? 意味不明すぎ。

とりあえず一太郎付属でも単体でもATOK2017を確保しておけば2~3年かそれ以上は使えるはずなので一太郎2017を買うことに。ATOKが本体で一太郎が付属品だなんてATOKファンならDOS時代から暗黙の(ry

AndroidのATOKは買い切り版をAndroid 2.3のころに買ってそのまま4年くらい使ってて、サブスクリプションへ切り替える必要性を感じない。WindowsのATOKは一太郎2010くらいについてたATOK2010はWindows 10で動かないのでしばらく使ってないが、Windows10に対応してるATOK2017ならしばらくがんばれそう。

『30日でできる! OS自作入門』を読んだ。

IMG_5021.JPG

『30日でできる! OS自作入門』をようやく読み終えた。10年近く前に買ったがずいぶん放置していたのを先月くらいから読み始めたもの。今は時間が無いので写経は無しで読み物として。

30日で読み終えるのはできると思うし、詳細はできたつもりで読むだけならもっと早くもできると思う。実際に作るのなら、1日6~8時間くらい自由に使えれば30日で完成できるかもしれない。でもその前にC言語やコンパイラの何たるかとか、486CPUの動作とか、x86系アセンブラとか、PC/ATのBIOSとかそのコールの仕方とかは、以前に読んだ『はじめて読む486』と『はじめて読むMASM』とかなんかのアセンブラ入門書で知っておく必要はあると思った。

作る作らないは別にして、パソコンオタクの教養として知っていて損は無い。

今は低レベルにそれほど興味が無くなってしまったが、いつか時間ができたらPC/AT互換機用のOSと呼べるものを作ってみたい。