短波ラジオに違法無線局が入感

日中27MHz付近で違法無線局がたくさん聞こえていた。 もう無線局はアマもフリラも廃局してしばらく経つから忘れていたが、そういえばEスポのシーズンだ。 平成も終わったというのに、まだまだ居るんですねぇ。ところで、、

電波法 第59条(秘密の保護)
第五十九条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。

て文言が免許証の裏にも書いてあるんじゃなかったかな。本来は違法無線局であっても、その無線通信が「存在」していたことをこんなふうに口外してはいけないんだろうね。合法CB無線機ですらない機械で交信するのは明らかに違法だけど、その通信を受信したことによって知ったその存在を漏らすこともまた違法。

広告

Google翻訳の韓国語-日本語がおかしい。

Google翻訳は一般的に便利なツールだが、韓国語-日本語の単純な翻訳が壊滅的におかしい。 韓国語能力1歳児未満相当から見ても明らかにおかしい。

셀카(自撮り) → ハメ撮り
사라지다(消える) → ゴーン
치다(打つ、叩く)  → プルーン
가져가다(持っていく) → インポート行く

셀카(セルカ:セルフィーの韓製英語でセルフカメラの略)は韓国語を知らない人でも「セルカ棒」とか言う言葉で日本でも結構知られているのに、Googleでは「ハメ撮り」ということらしい。これ前後の文があっても 「셀카」を常に「ハメ撮り」と訳すみたいだから最近のAIの理解力は大したものだ。사라지다(サラジダ)は初級単語で「消える」という意味なのにGoogleは「ゴーン」。カルロスゴーン? 사라지다(朝鮮語)→gone(英語:消える)→ゴーン(日本語??)  とか何かの連想ゲーム? 意味不明。 ゴー(Go)くらいは外来語として定着していても、日本語でgoneはまず使わない。

치다(チダ)も超初級単語で「打つ」という意味なのにGoogleは「プルーン」。プルーン(すもも)は本当は자두(チャドゥ)というらしいが、치다が자두の訳語になるのか全く分からない。가져가다(カジョガダ)コンスニの動画で出てきたような気がするから幼児でも知ってるはずなのに「インポート行く」などと今まで一度も聞いたことが無い日本語に。世界でも随一の優秀な頭脳集団が開発した翻訳ツールだし、文章の前後関係からもっと良い結果が得られるのかと思って簡単な例文を翻訳させてみる。

例文:”가져가은 셀카봉으로 머리를 쳤어요.”
意図:「持って行ったセルカ棒で頭を打ったよ。」

Google:「インポートカウンハメ撮り棒で頭をこすり。」

時制めちゃくちゃ! なおかつ連用形止め!!

おまえは何を言っているんだ?」

こんな簡単な文章なのに、だいたい内容は分かるとか雰囲気は伝わるとかいう次元を超越してる。

なお、韓国語→英語の場合はもう少しましで、
例文:”가져가은 셀카봉으로 머리를 쳤어요.”
Google英訳:”I hit my head with a stick of rope.”

さらに最後の.を消すと「가져가은」を「Take の過去形 」と解釈する。ただしつける位置がおかしい。
原文:”가져가은 셀카봉으로 머리를 쳤어요”
Google英訳:”I hit my head with the sticks I took.”

これを日本語訳するとインポートカウンハメ撮り棒よりは良い結果になる。
Google英→日:「私は取った棒で頭を叩いた。」



セルカの誤訳は2018年の時点ですでに話題になっていたようだが全く改善されていない。 日本語と韓国語は文法上の類似点や漢字圏由来の類似性が多くあって翻訳しやすそうなのに。もうちょっとなんとかならんのか。

韓国製のNever翻訳のがだいぶまし。
原文:”가져가은 셀카봉으로 머리를 쳤어요.”
Never翻訳:「 持って行ったセルカボンで頭を殴りました。 」

Intel DQ77MK のBIOS更新

インテルのマザーボードDQ77MKの2018年10月のBIOSアップデートを適用していなかったので反映させようとしたらまたハマった。

BIOS アップデート [MKQ7710H 86A] 0074
https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28297/BIOS-MKQ7710H-86A-?product=59044

IvyBridge世代のサポートを今もおこなっているのはエラいが、インテルのBIOS更新はRead me.pdfの最初に載ってる手順通り(起動時F7)だとIntel MEのFlashあたりで毎回失敗するので、二番目に載っているRecovery BIOS Udatesの手順が必要で筐体を分解してボードに付いているBIOS CFGのジャンパを変更する必要がある。面倒。

USBメモリのルートに.BIOファイルを保存して挿したままにしておき、電源を切ってからBIOS CFGのジャンパを通常とは異なる側に変更、その後電源を入れるとビープ音で救急車の音「ピーポー ピーポー ピーポー 」が鳴った後に上書き更新を開始する。更新の進捗表示が出るまでは画面に何も出力されないのも不安をあおる演出か? むやみに電源を切らないようにする。通常の起動時F7手順で失敗してもRecovery BIOS Updatesの手順では今のところ必ず成功している。

新品のHDDには何が記録されているのか? – 東芝HDD

東芝の8TB S-ATA HDD MD05ACA800 を買った。今回も工場出荷状態で何が記録されているのか気になる。

参考:
新品のSSDには何が記録されているのか?
新品のSDカードには何が記録されているのか?

USBケースに入れてバックアップ用にするので不良セクタチェックを行っている。 あと8時間とか意味不明なくらい時間がかかるし仮に不良が見つかっても困るが、以前使っていた8TB対応のUSBケースでは4TBを超えたところでデータが化けてしまってバックアップの信頼性が疑わしいので今回は開始前にCHKDSK /Rをかけることにした。

フォーマット前にFreeBSDに接続して工場出荷状態のHDDに何が記録されているかを確認してみたら、このHDDは完全にゼロフィルっぽい。全部のセクタは見ていないが先頭10000セクタは全部ゼロフィルで、中間はスキップして終盤セクタもゼロフィルだったから全部ゼロなんだろう。今回はスクリーンキャプチャも無し。

何か気の利いたデータでも入れてくれたらいいのに。

ラジオキット 中夏牌 ZX-623 を作った

中華ラジオキット 中夏牌ZX-623を作った。 ICスーパーラジオキットはCherry KM-77以来。その後はトランジスタラジオのキットをどれだけ作ったか分からないが不定期に組み立ててはバラすということを繰り返して前回のエレンコでキットラジオは終わりにするつもりだったのに、もはや依存症なのか。

今どきのラジオキットとしては珍しくアナログスペシャルファンクションICを使ったオーソドックスなアナログ方式のスーパーラジオ。 特徴はAM/SW 2バンドになっていて19MBの短波放送も受信できること。アイコムのウェブサイトに写真入りでレポートが載っている。

説明書が簡体中国語でカラーコードの漢字表記が微妙に異なるものの同じ漢字圏である日本人にとっては特に問題ないはず。それよりもっと混乱するトラップが随所にある。

・指定の部品が入っていない。
セラコン 10pFが1個足らない。セラコン0.047uFが1個多い。同じ袋に検査証が入っているのに意味が分からない。検査とは何なのか。→手持ちの12pFを使った。

・ケースなどのプラ部品の精度が悪い。
バリ取りのヤスリがけは必須。ケースの嵌合もいまいちで、いかにも中国製って感じ。ケースの印字もネットで見た他の人のものよりだいぶ荒い。ヤスリで自作ケースを仕上げる気分が味わえる。

・調整の手順が取説に載っていない。
取説は回路図、基板シルクとパターンの透視図、部品表しか乗ってなくて、組立手順などは無し。販売店によっては補助の説明書をつけてくれているが、調整手順は書かれていなかった。取説タイトルに「教学散件」と書かれてるとおり教材用で講師などが居ればよいがそうでない場合は自助努力が必要。

・部品の取り付け方向、配置が判らない。
バリコン:一番迷う。回路図的には中央部の端子が二重になっている方が基板の外側(音量ボリュームがある側)に向くようにする。ただし考慮事項有り。

AMバーアンテナ:L1とL2の2個が一体化しているのでテスターで導通を確認する。色での判別は若干難しい。左右向きはバリコン側がL2になるようにする。上下向きはリード引き出し側が下。反対にするとリードが基板のランドに届かない。

バンド切替SW:基板の穴が少々小さいので強引に圧入する。

IFT、OSCコイル:白T4のマーキングが剥げていて色での識別が難しい。灰T3以外はケース側面の型番印刷をよく確認する。(これも部分的に擦れていてわかりにくい。)

電池端子:返しの爪があるほうを下にして圧入する。この構造は実際の製品でもよく見かけるが、やり直しができないのと、 再度基板を外して調整するときに困るので反対向きに軽く差し込むだけにした。反対向きでも電池ボックスとしては機能するし裏蓋を閉じると勝手に抜けることも無い。

組み立ててみると未調整でもAM放送はかなり良く入る。IFを見てみるとほぼ455kHzになっておりIFTは調整済みなのだろう。IFTの調整が済んでいるだけでもトラッキング調整はかなり楽になる。短波放送は微妙で感度は悪くないが15MHz~15.5MHzの500kHz幅くらいしか受信できず、その範囲でも中国語の放送が数局入ってきたが銘板に書いてあるような15.0~16.5MHzという範囲は無理。

本来の設計よりも バリコンの可変範囲が狭いようで、AM側とSW側を逆にして(本来の向きから180度回転して取り付ける)、調整を行うと中波の可変範囲が500kHz程度、短波の可変範囲が1.1MHz程度となった。これで短波は15MHz~16.1MHz程度までが聞けるようになり、逆に中波放送は1100kHz~1600kHzに狭まった(調整すれば600kHz~1100kHzとかにもなる)。 AM放送はいくらでも聞けるラジオがあるのでこれのが面白い。設計上の19メーターバンド(15MHz付近)ではなく、22MB(13MHz付近)、25MB(11MHz付近)などにも調整はできそう。

いろいろと難しくスーパーラジオの仕組みが分かってないと自力で完成できないあたりの作りごたえはある。

SAが終了したWindows Enterpriseの扱い

SAが終了したVLSCからWindows Enterpriseがダウンロードできなくなった。

Windows 7や8.1のEnterpriseはあるのにWindows10は 契約時点のLTSC 2015とダウンエディション用のPro/Workstation 1903のみで通常アップグレード版のEnterprise 1903が無い。EntはSA無しでも使えるが、SAが終了するとVLSCからは消えるし、新バージョンも公開されない。LTSC 2015は2025年10月14日までサポートなので分からなくも無いが、SA契約中に開始された サポート期間が 2021年5月11日の1809まで消されているのが意味不明。 それにPro/Workstationに関しては新バージョン1903が公開されている意味も分からない。

ソフトウェアは今日も使えるか?

学生の時に居たLinux信者が「今後ソフトウェアは自由になってネットからいつでもダウンロードして使えるからローカルに保存しておく必要なんてない」みたいな頭お花畑を熱く語ってたけど、クラウドファーストだとベンダの気分次第でダウンロードはおろか使うことすらできなくなる昨今。

訴訟もある? Adobe CC「今後は最新2バージョンしかサポートしません」でユーザー大混乱
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1184042.html

「Oracle Java」のライセンスが変更 ~無償利用は個人での開発・テスト・デモ目的のみに
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1180607.html

OracleはJavaはOpenJDK用意してるだけまだましで、Adobeは本当にひどい。Acrobat DCの買い切り版がいつの間にかなくなってたけど、こういう裏があったのか。

当時Linux信者が目の敵にしてた20年前のMicrosoftの比ではないな。こんなことをしているとクラウドファーストの基盤が揺らぎかねない。

更新されたSystem.Globalization.JapaneseCalendar をテスト。

手動のWindowsUpdateで更新が入った。

wareki.cs

public class Wareki
{
	public static void Main()
	{
		var cul = new System.Globalization.CultureInfo("ja-JP", false);
		cul.DateTimeFormat.Calendar = new System.Globalization.JapaneseCalendar();
		
		System.Console.WriteLine(System.DateTime.Now.ToString("F", cul));
	}
}

wareki

\/\/\/
<令和元年!>
/\/\/\

MSの更新の説明が何気に良い。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4477957
日本の新元号対応更新プログラムの概要
2019 年 5 月 1 日から日本の新しい元号が始まります。マイクロソフトは、この変更の準備を進めており、マンスリー ロールアップ リリースで更新プログラムを発行する予定です。これは 1989 年 1 月以来の元号変更であり、.NET Framework 史上初でもあります。 このマイクロソフト サポート技術情報の目的は、.NET アプリケーション内で元号がどのように機能しているか、元号の変更によってアプリケーションにどのような影響が及ぶか、そして今後の日本の元号変更をアプリケーションで適切に処理するために開発者が何を実行すべきかについて、開発者がテストおよび検証できるようにすることです。

 

.NET Framework 史上初でもあります。

 

沼にはまった経験。

なぜか10年以上前の記事がはてブのホットにエントリされたようでアクセス数が急に伸びた「FMは音がいい?」。はてブやツイッターでの外野コメントはたくさん頂戴し、楽しんでくださったようで何より。

記事を推敲していて当時はオーディオに沼っていたなと思いだした。陰キャ理系男子の沼にはほかにもいくつかハマった。

オーディオ沼
カメラ沼写真沼
天文沼
・パソコン沼
・電子工作沼
無線沼

まあ、こうも機材にお金がかかりそうな趣味ばかりやってきたものだ。車、バイク類が入っていないのがせめてもの救いか。機械系の沼にはまりそうになったときは踏みとどまった。人生のうちこの30年ほどの趣味生活において1か月1万円を費やしたと仮定しても360万円は浪費しているし機器売却の差額を考えても実際はもっとかかってる印象。たぶん車2台分くらいは浪費しているのだろう。FM放送のエントリもこれらの沼経験なしには生まれなかったわけで、これも人の目に触れることにより一人の浪費から多数の多少の役に立つ経験へと昇華されるのだと信じたい。

沼らない人生、それもまた沼。

VLのSAが終了した。

すべてのマイクロソフト ボリュームラセインスのソフトウェアアシュアランス契約が終了した。

個人的に契約したWindows、Office、MSDNのVL契約のすべてで、ソフトウェアアシュアランス(SA)の期間が終了。フルライセンス(L)があるうえでのL+SAなので今後もLの範囲で使う分には問題ないのだが、SA契約が切れるとどうなるかが知りたいというのもあった。個人的に特に影響がありそうなソフトウェアアシュアランス特典をまとめた。

◆Windows Enterprise Upgrade
使用中OSの動作上は特に制限がかかるわけではなく、使い方の問題。終了以降のWindows10更新に注意。(追記あり)
・アップグレード権:Windows 10は今後もWindows 10なので、問題なし。→追記参照。
・WindowsVDA使用権:仮想PCで最大4インスタンスのWindowsを同時起動をしてはいけない。ライセンスがあるインスタンスならライセンス数までOKなので開発用のMSDNライセンスを適用する仮想マシンならば今後もOK。
・ライセンスの再割り当て:かなり重要。別の筐体にライセンスを移せない。故障で同一筐体のM/B部品交換は可能なもよう。筐体を変更したらFPPのフルライセンスを移すことはできてもEnterprise Upgradeはあきらめるか再購入。
・Windows To Goの使用権:Windows To Goを使ってはいけない。MSDNの開発用ライセンスで開発と評価用に作るのは今後もOK。
E-Learning:もともと要らないような内容だったが、期間中にE-LearningがSA無しで使えるものに変わったので今後もE-Learningできる。しないけど。
・VLSCでSA終了以降のWindows10バージョン(Enterprise/Pro/Pro Workstation)は入手できない。また、SA期間中に入手できたダウングレード対象のWindows7/8.1/10)はそのWindowsのサポート期間が終了すると入手できなくなる。Windows10の新バージョンが出てこなくなるとは思わなかった。→EnterpriseはLだけで購入できるし、L+SAでSAが終了してもL部分で使い続けられるはずなのに、更新のISOイメージが入手できないっていうオチ。VLSCを起点にすると、SA終了時点で使用していたWindows10バージョン(例えば1803とか)がサポート終了した時点で使用終了になる。→ただ更新する方法が無いわけでもない。

◆Microsoft Office
VL版Officeの動作上は何も変わらない。Windowsと違って同一マシンの複数インスタンスはSA不要。HUP版Officeはインストール、再認証ができなくなる。
・アップグレード権:Office 2019をゲット済みなので3年は安泰。次期バージョンは手に入らないがその時はOffice365に移行してあげよう。
・Officeローミング使用権:これは要注意。Linux端末からrdesktopでリモートデスクトップ接続してMS Officeを起動してはいけない。Windows端末ならばOK。
・Office Multi-Language Pack:Office 2013以下で使っているLIPは手動でアンインストールせねばならない。VLSCからOffice2013のLIPがダウンロードできなくなった。なぜかVLSC/MSDN共用のアカウントで入るMy Visual StudioではOffice2013のLIPがダウンロードできる。Office 2019、2016はLIPが標準ライセンスに装備なので関係なし。ただ、いつの間にかOffice 2010、2013のLIPも普通に公開されているし、ここにはライセンスについて言及が無くてよくわからない。
Officeの自宅使用プログラム:HUPで入手したOfficeは「手動でアンインストール」しなければならない。購入履歴から再ダウンロードやプロダクトキーの確認ができなくなった。インストール済みのHUP版Officeが突然使えなくなるわけでもない。

◆Visual Studio (MSDN) Professional Subscription
My Visual Studioは継続して参照できる。期間中に取得したVL KeyはVLSCで確認できる。
・開発者ツールへのアクセス:MSアカウントに紐づいたMy Visual Studioサイトは使い続けられる。プロダクトキーの確認も可能。そもそもMSアカウントにProfessionalのライセンスが紐づくと外せない。Windows 10は新バージョンが出ると追加されるので今後も最新版で使える。Windows Serverは現時点で不明。Visual Studioも不明だがVisual Studio 2019は入手できた。
Azure開発/テスト用ライセンス:月6,000円のお小遣いは今も継続してもらえている。能書きでは「アクティブな Visual Studio サブスクライバーである間」となっていて、これがいつまで続くのかよくわからない。
・Windows開発者アカウント:終了日がずっと先の日付になっているのでたぶん使い続けられる。

 

一番気になっていたのがOfficeの自宅使用プログラム。FAQには次のように書かれている。

Home Use Program よくある質問
https://www.microsofthup.com/hupjp/faq.aspx?country_id=JP&culture=en-US
Home Use Program の製品は通常の製品版とは異なるのでしょうか?
(中略) このソフトウェアの使用権は、組織のソフトウェア アシュアランスが有効であり、お客様が当該組織に継続して雇用されていることが条件となります。ソフトウェア アシュアランスが失効している場合、雇用主がその旨をお客様に通知することになります。

てことらしい。退職ならとにかくケチってSA終了にしたとかそういう場合は雇用主が通知をしなかったら社員はSAが切れたことを知り得ない。それだとダウンロードができないとか、再認証ができないという時点で気づくことになる。この一文からも分かるが、Office 365のように勝手にライセンスが終了することも無いので、SAが切れてもアンインストールしなければ「ライセンス違反のまま」使い続けてしまう可能性はある。

 

次に気になったのがWindows 10のアップグレード。Windows 10は今後もWindows 10なのでSAのアップグレード権とは別に更新版がVLSCに掲載されることになる、はず。SA切れ後に新しい版が出ていないのでどうなるのかは不明。あと次期Windows、Redstoneの噂がチラホラ出てきたが、Windows 11になるとかならないとかは議論するだけ無駄なので考えない。

 

あとはMSDNのVisual StudioとAzure。これが一番の謎。VSサブスクリプションが切れた少し後にVS2019が登場したとたん、VLSCからはVS2017以外がきれいさっぱり無くなったのに(前にはあったVS2013、VS2015がダウンロードもプロダクトキーの確認もできなくなった)、My Visual StudioにはVS2019が掲載されてきて、しかもTrial版ではなくてProfessional版の正規のキーも発行された。VS2017からはローリングリリースになっているとはいえ、Windows 10のようにずっと使えますみたいなことは見たことがない。Azureも意味不明で開発/テストアカウントは有効のまま。使う側としてはありがたやありがたや、て感じとともに若干の気持ち悪さも有り。

現時点でいまいち分からないのはMSDNで入手できるWindows Server Semi-Annual Channel(SAC)。これはWindows Server 2016/2019 (LTSC)のエディション違いの扱いになっていて、Windows Server SACの新しいバージョンを今後も手に入れらるのかが不明。理屈としてはMSDNのSAが終了してるからWindows Server 2019の次の版は手に入らないはずだし、それに対応するWindows Server SACも手に入らない、というのが基本だと思う。まあWindows Server 2019は現時点の最新だからその先のことは考えないでおこう。

 

期限切れ後も使えるMSDNライセンスがあるから今の使い方(商用な利用をしない)から仮想マシンインスタンスとかWindows To Goとか普通に使えるし、Windows SAはあまり要らないし、Office SAもメジャーアップグレード狙い以外は要らないと思った。