の回想録


コメントする

BDXLの値段が下がってきた。

なんとなく近所の家電量販店へ行ったらBDXLメディアが見たことのない値段で売っていた。

三菱化学メディアのVBR520YP10D1、BD-R XL 100GB 10枚パック税込み約8,000円。ネットでもほぼ同価格なので仕入れの縛りがあるのかもしれないが、これまで1枚5,000円とかだったのが1枚800円程度と日常的に使うのに抵抗が無い価格帯になっている。

思わず何パックか買ってしまって、試しに使ってみたが特に問題もない様子。4K放送対応の録画機器UHD Blu-Rayの媒体としてBDXLは現実的だし、少し前から三菱のメディアがアマゾンで安く出ていたのは知っているが、近所の家電量販店で出回って人目に触れるというのがさらなる普及のためには重要。このまま4層ディスク対応や低価格化が進むとうれしいな。ビデオはともかく、データアーカイブ用として現時点で最適なものになってきた。

 

 


コメントする

Office for Macを買ってみた。(VL版で)

Macbook Proを買ったがmacosとはいえMSオフィスは外せないのでVMwareのUnityモードで使ってみたけどやっぱりネイティブアプリで使いたい。

macexcel

ちゃんと使えるMac版の買い切りOfficeはHome and BusinessしかないのでMicrosoft Storeより安く見える(税込だと同額)Appleのセレクトショップで買ってもいいんだけど、マイクロソフトさんには偽物Officeを正規品と交換してもらったり、過去にMSDN契約でちょっとした気を使ってもらったりと恩があるので、今回はちょっと高いが試しにボリュームライセンスで買うことにした。MSDN以外をボリュームライセンスで買うのは初めてで事前調査でggrksってみたが、Office for Macの情報が少ないうえにボリュームライセンスとなるとさらに少ない。無いわけでは無いんだけど、いまいち要領を得ない。それならば実際に契約してみるしかあるまい。

マイクロソフトの場合は個人で企業向けライセンスであるボリュームライセンスを取得するのはOpen Valueなら特に難しくはなくて、自分の場合はすでにVisual Studio 2015 with MSDNをボリュームライセンスで購入しているから1ライセンスから追加購入ができる。(Open Valueの場合、初回契約時は3ライセンス以上からだが、MSDN付き契約に関しては初回1ライセンスでも契約できる。) オンラインのリセラー(取次店)に注文して約1週間。MSからメールが届いてライセンスが発行された。ボリュームライセンスサービスセンターからインストーラが入ったISOイメージをダウンロードしてMacにマウントし、中に入っているインストーラの.dmgをさらにマウントしたらセットアップ。インストール後は特にライセンス認証の操作もなく使用可能に。これは楽だわ。

vllist

実はボリュームライセンスのOffice for Mac(ライセンスのみ、SA無し)は1ライセンス程度の少量だと46,000円くらいになってパッケージのHome and Business版より1万円ほど高い。でもWindows および Microsoft Office を Mac で使用するためのライセンスによるとちょっと良いことが。自分が良いと思ったのは次の点。

  • 同じデバイスで使う場合、Boot Camp・仮想マシンいずれでも必要なインスタンスだけインストール可能。
  • macosがホストになる仮想マシンのゲストがWindowsならその中でWindows版のOfficeが使用可能。
  • 契約はOffice for MacだがWinの相当エディションであるStandard版も使用可能。どちらのメディアもVLSCからダウンロード可能。ただしOffice 2016は使用不可で2013まで。
  • ダウングレード権で過去のバージョンも使用可能。メディアイメージはVLSCからダウンロードでき、現時点ではMac版は2008 SP2、Win版はOffice 2007から。※ダウングレード権はSA契約不要。前述の条件と合わせて仮想マシンさえ用意すればWindows版、Mac版に関わらず過去バージョン含めていろいろ利用可能に。
  • 各国語版いずれでも使用可能。※単一言語版はSA不要、Language Packを使うにはSA契約が必要。※※ただしOffice 2016 for MacではLanguage packは不要。
  • 小規模のボリュームライセンスは1ライセンスで自身が使用する2デバイス(うち1台はノートPC、タブレットPCなど)にインストールして使用可能。ただしパッケージ版と異なるのはVL版はデバイス単位のライセンス、パッケージ版はユーザ単位のライセンスであること。つまりOffice365 Soloが入ったPCを家族の別の人が貸りてそのExcelを使うのはNGだが、VL版は自身が管理しているPC(デバイス)に入れたOfficeなら家族であろうと客人であろうと使用者が同時に1人なら誰が使っても良いというところが異なる。

これらの根拠は、製品条項(PT) から ライセンス モデル条項 – デスクトップ アプリケーション – デバイス ライセンスの次のあたりで、ライセンス台数内の単一デバイスなら仮想PCだろうと別パーティションのWindowsだろうと、どんだけ入れても良いってことになっている。

  1. (略)お客様は、取得した各ライセンスにつき、ライセンスを取得したデバイス、およびお客様による使用のみを目的としたサーバーに、本ソフトウェアの任意の数の複製をインストールすることができます。
  2. (略)ライセンスを取得したデバイスの主要ユーザーによる使用を目的として、本ソフトウェアを 1 つの携帯用デバイスにもインストールすることができます。
  3. ライセンスを取得したデバイス上で実行される本ソフトウェアは、任意の数のユーザーが使用できますが、本ソフトウェアにアクセスして使用できるのは、一度に 1 人のユーザーだけです。

パッケージ版Officeとサブスクリプション版Office 365 のライセンス条項を見ると、パッケージ版はインストールして使えるとしか書いてないけれど、Office 365 は2台に入れても良いがサブスクリプションの契約者以外は使えないよって書いてあります。現在のPCなんて家族共用で使うなんてごく普通だし、FAQにも明記されてないし、家族内で招待とかいう機能の日本語解説もあるのでさらに良く解らない(海外のライセンスでは以前からOffice 365 Home版は家族間共有が可能)。

・Office Personal Premium、Office Home & Business Premium、および Office Professional Premium。
(1) Office ソフトウェア。本ソフトウェアがプレインストールされている 1 台の PC 上で使用できます。
・Office 365 Solo。2 台の PC または Mac と 1 台のタブレットにインストールして、ライセンスを保有するサブスクライバーのみが使用できます。

さらに
追加条項 – A. ライセンスに関する権利とマルチユーザー シナリオ
より
3. 仮想化された環境における使用。
(略)各仮想デバイスおよび物理的デバイスは、本契約の目的上、別個のデバイスとみなされます。本ライセンスでは、物理的デバイスであるか仮想デバイスであるかにかかわらず、ライセンスを取得した各デバイスに本ソフトウェアの複製 1 部のみをインストールして使用することが許諾されます。お客様は、本ソフトウェアを仮想化する場合、本ソフトウェアの別個の複製を取得し、複製ごとに別途ライセンスを取得しなければなりません。

実際のところ明らかにNGなパターンをMSに聞いてもグダグダらしいが、VL版を正規に購入するとパッケージ版との価格差以上に結構おもしろい特典があって、テストとか動作確認とかいろいろ便利そう。ただVLの契約は紳士協定的な部分もあるので認証がたくさん通るからといって購入ライセンス以上にインストールしたり他人にライセンスを貸したり売ったりするのは絶対厳禁。監査に入られたら面倒ですよ。※監査に入られた会社の顛末を知っています。

VL契約の欠点として、本来は企業向け契約なのでライセンス管理がシステム管理者と使用者に別れているところがあります。Officeに関しては管理者のみで展開(インストール)できるのでMSDNと比較してさほど難しくはないものの、パッケージ版ほどは簡単でない点は要注意。あと、契約開始までにかかる日数(約一週間)もちょっと長いです。


コメントする

iPhone熱が冷めてしまった

最新のiPhone7でオサレなマカーになってやろうと思ったら驚くほど使いにくいことが多くて完全にiPhone熱が冷めてしまった。iOSのアプリ開発なんてやる前からする気にもならないし、携帯なんてマスなものに対していちいちいろいろちまちま考えてるほうがよっぽど変人だなと思った。

iPhone、次は買わない。

 


コメントする

Visual Studio for Macが出るぞ。

マイクロソフト、「Visual Studio for Mac」をリリースへ
http://japan.cnet.com/news/service/35092166/

すごくタイムリー。MSDNサブスクリプションを開始したばかりでMacbookもiPhoneも買ったばかり。あえていうならmacosもiOSもC#も知識の蓄積がほとんど無いということか。

XamarinもC#もこれまで使えなかったわけではないので単にサボってただけではある。

 


コメントする

さらに意識を高めてみる。MacBook Proで。

iPhoneには心底がっかりしたが、そうも言ってられない事情がある。MacBook Proも発表とほぼ同時に注文したらもう到着した。こんなに早く届くとは、きっと人気が無いのだろう。※ちなみにAppleは今も根にもって嫌いだ。参照→Power Mac嫌い。Apple嫌い。



mbp1

ウヒョーーwww テンションMAX! 最新のマックブックプロ!!

iPhoneではきれいに撮れないの分かってるからキヤノンのPowerShotで撮影してやった。Mac初心者なのに最初に買ったソフトはVMWare Fusion 8.5 しかもPro! (すでにMac on Macになってる)

mbp2

意識を高めるために当然USキーボード!! カッコイイ。見た目が第一。
カナ入力派なのにカスタマイズしてわざわざ使いにくいUSキーボードを選んでやった。ヴァカじゃないのwww もちろんカナ入力で初期設定!!!

さらに英字はDvorak配列に変更したった。キーボードの表示なんて完全にカザリwww

で、iPhoneが自分的にさんざんだったのでMacBookもこき下ろしてBoot Campでめいいっぱいディスク領域を使ってWindows機にしてやろうかと思ったら、意外とそうでもなかったので文句を言わずにこのまま使うことにした。さすがはGUIの老舗だけのことはある。とりあえず2、3日使ったニワカマカーの正直な感想を挙げてみる。

関心したところ

  • これはMacBook Proの後継ではなくMacBook Airの正当な後継かと思わせるデザイン、重量感。薄い、軽い。そしてI/F少ない。→個人的には前のMBPは重すぎて買う気がしなかったのでOK。I/F数は不満。
  • タブレットにキーボードがついたような性能のmacbook無印とは違ってスペックもパソコンっぽい。
  • コンソールが便利。VPSのsshセッションでもうまく表示が崩れたりせずに使える。
  • zipとかsshとかtarとかUnixツールがひととおり使える。
  • rootが解放されている。つまり、ユーザが管理者となるパソコンである。
  • 開発環境のXcodeが無償。swiftはなんとなくおもしろそう。
  • 追加ソフトのmacOS Serverが便利。sambaサーバが割とお手軽に使えるのでPCとのデータ交換が捗る。無償か標準装備だったらもっといいのに。
  • USB-FDDでDOSの2HD 1.44MBがそのまま使えた。
  • 仮想化ライセンスが標準でついている。ただしMac on Macのみで。
  • VMware Fusionは一個買えば非商用でなら複数台に入れても良いらしい。Mac 1台しかないけど。
  • スタバでドヤれる。しかもUSキーボード。
  • USキーボードだからcontrolキーが左下。Aの右がいいとか入れ替えしないととかそれってPC9801っすか? ブログネタにして慣れるのに◯週間とか◯ヶ月とか公表するのダサいから。設定画面で確認して2分復習でじゅうぶん。
  • 一応純正のX11サーバが用意されている。
  • MSのRDPクライアントがなかなか良い。
  • (気づいたら追加する)

ダメなところ

  • ポートが圧倒的に少ない。USB3.1(Thunderbolt3) ×2とヘッドホンジャック×1でProとかやりすぎ。SDカードスロットとUSB端子あといくつかくらい付けられるでしょ。→拡張ケーブルで。
  • トラックパッドでかすぎ。ホームポジション崩れるんですけど。範囲限定とかできんのこれ。
  • トラックパッドのTaptic Engine感がいまいち。Win機はタップにいちいちフィードバック無いから軽~く操作できるのにmacbookはいちいち押し込まないといけない。押し込んでいないのに。→タップで反応するように設定変更。iPhoneの3D Touchもそうだけど押し込む動作はやっぱり面倒。調べる機能とかあんまり使わない。
  • キーボードオペレーションが壊滅的。整理されてないアクセスキー全部覚えんのとか無理。メニューのキー操作はあるのに最初はリンゴマークにフォーカスするから必ず→押すことになるし、しかも↓でプルダウン操作しないと次の操作できないし、そもそも人によって設定違うし。アプリの切り替えはできるのにウィンドウの切り替えはできないとか、キーボードなんか使うなってことか。
  • キーボード操作はカスタマイズすればオッケーとか何それ?マックはデフォルトで誰でも簡単、使いやすいとか言うてたんちゃうの。
  • ログイン時のユーザーを選ぶ操作はマウスカーソル操作が必須で、その後のパスワード入力はキーボード操作が必須。マウスカーソルも左上隅にあるので真ん中付近にあるアイコンまではるばる持ってくるのが超面倒。→そこでライフハック、キーボードビューアで解決!マウスだけでログイン!! ってそれ余計に面倒だよ。。それとも完全に安全なmacosのセキュリティ自動ログオンでを皆無にするとか。あるいはApple Watchを追加購入するべきとか、Touch ID対応のMBAに買い替えるべきとかそういうのはご遠慮願いたい。
  • キーボードがちゃち。使いにくいというわけではないがHPやLenovoのビジネスノートのが打鍵感は上。高級感とかバックライトより打鍵感を重視してほしい。→macbookはキーボードの選択肢が無いので慣れるしかない。キーボードなんて最初から重視してないのかな。macを使うようなハイセンスで適応力の高い人ならさほどの問題でもなかろう。
  • せっかく英字入力ではDvorakを使ってるというのにショートカットの操作だと部分的にQWRTY配列でも動作する。全部がQWRTY対応ならともかく、混在してるので極めて使いにくい。日本語入力モードだとショートカットは一律にQWRTYなのに、「ちとしは」でF8を押すと「aoeu」とDvorak。最初のログインはQWRTYなのにロック解除はDvorak。「標準でDvorak使える!便利!!」と絶賛の割には節度無さすぎ。
  • 通常のテキスト入力ではfn+deleteで後ろの文字が削除できるのに、日本語変換入力時の未確定の時はそれができない。同じテキスト操作に属する操作なのに入力モードで統一されていない直感的ではない操作にイライラ。→通常deleteとカーソル移動キーで。
  • システムの起動とか再起動は遅い。起動もシャットダウンもWindows10が圧勝。スリープからの復帰でもWindowsノートのが早いくらい。しかもWin機なんて何年も前から指紋認証でログインできてるのに手元のMBPはTouch ID無いし。→周りが見えない本格的なマカーとは、システムの起動とシャットダウンとスリープとハイバネーションの区別も判別不能なのだ。
  • 更新が入るとすぐ再起動。そう、ATOK for Macならね。
  • カメラの画質悪すぎ。ただのwebカメラ。
  • 電池の持ちはそれほど良くない。いじりまわしてたら一日はとても持たない。
  • Thunderboltの電源供給が止まらない。USBメモリが1個つながっているだけで、シャットダウン状態でも電池が減る。朝80%だったのに使わなくても夜には75%。→スリープ、シャットダウンするときは必ず接続機器は取り外す。超面倒。
  • macbook閉じてもPower NapオンでiPhoneが充電できる。超便利!!とかいうライフハック()。macbookは所詮モバイルバッテリーか。こっちはスリープ時の電源供給などオフにしたいのに。Power Napオフにしても電源供給止まらんし。
  • Thunderboltに何も繋いでなくてもPower Nap無しのスリープが一晩で5%くらいバッテリーが減る。Win機ならHybrid Sleepでスリープしたらバッテリ抜いてすらいいのに。→ACアダプタ繋ぎっぱなしでバッテリがヘタるのが早いか、残量ゼロでバッテリーがヘタるのが早いか。いずれにしてもバッテリーは1、2年だな。
  • テカテカなグレアモニタ。→フィルムでも貼る。
  • モニタのヒンジの可動範囲が思ったより狭い。もっと開くかと思った。
  • iTunesの使い勝手の悪さはWindows版と同じ。
  • TPMを搭載していない。最新で業界標準の技術でとは言っているが盛大にお漏らししたiCloudに秘密鍵を預けるのは気が引ける。
  • 標準アプリでも若干不安定さを感じるものがある。強制終了の操作もすでに何度か行った。App StoreやFinderですら変な挙動をするとか、さすがApple品質。
  • スリープからの復帰で画面がおかしくなる。結構前のモデルからスリープからの復帰で画面がおかしくなるって報告があるので鬼門なんだろう。
  • 普通の起動時でも無応答になって強制再起動を行ったことが数度。
  • 付属アプリの不安定さにとどまらず、再起動やスリープ機能などOSの基本的な部分ですらおかしなところが散見される品質ってことは、セキュリティホールになるバグだってけっこうあるんじゃないかな。→感覚的に狂気を感じるので、macosにセキュリティ対策ソフトは必須だわ。Windowsと違ってmacならウィルス対策不要()とか根拠レスにもほどがある。
  • 電源オン時の音もなくなったし、状態表示のLEDもファンの開口部も無いから画面がついていないと電源が入っているのか入っていないのかさっぱりわからない。Linuxをブートしたいのだが、電源の状態がわからないので無駄に電源ボタンを長押しすることに。
  • ファンの通気孔が無いからか普通にウェッブしてるだけでも底面が結構熱くなる。最新のサーマルテクノロジー = 熱風を内部で引っかき回して全面放熱って感じ。夏場はどうかな。
  • リモート操作がショボショボ。標準機能で簡単に使えて便利と書かれてても所詮VNC。画面転送でしかない。標準機能なのにVNCのパス入れてから再度ログインパス入れるとか実にイモね。WindowsのRDPなんかと比べるのがかわいそうなほど、sshdがあるとかそんなんどうでもいいくらい、ショボい。「Macって簡単に○○できるから(Windowsよりも)便利。」ってほんとうに「できるだけ」でMACerは満足できるんだね!!
  • HFSなどいかにもAppleなファイルシステム(とNTFS)以外でいちいち作られるリソースフォークが極めてダサい。こんな古い仕組みは真っ先になんとかしてほしい。
  • 現状ではLinuxが動かない変なハード構成。これではmacosも動く、Windows互換PCだと思われても仕方がない。
  • トラックパッドが使いやすいってね、たしかにタスク切替とかのジェスチャの認識と操作感は上々だと思う。でもポインティングディバイスとしてはどうひいき目に見てもマウス未満。マウスの代替デバイスとしては、少々大きいというあたりを除いて他のPC同様やっぱり使いにくい。ウィンドウを任意の場所に移動してサイズ変更、その後アイコンをドラッグアンドドロップというごく普通な一連の動作がかったるい。トラックパッド絶賛してるブログエントリなんて十中八九ジェスチャをほめちぎってるだけで、カーソルのポインティングのことなんて触れても無いし。
  • トラックパッド でスクロール のジェスチャが二本指だから ホームポジションから手を離す必要がある。Windows機のトラックパッドってたいていドライバ無しですら右端がホイール操作になっててホームポジションから動かなくても親指で一本で操作できる。ま、配置や人によって親指の可動域から難しい場合もあるかもだが、使えるとかなり楽。
  • 最初はおもしろかったけどジェスチャもアクションが大きくてかったるい気がしてきた。タスク切替はmacもWinもキー操作のが素早いし、スクロールも指を同時に二本のせてすりすりするより、PCのsynopsysみたいに端っこでちょんちょん弾いてタップで止まるような慣性のある一本指スクロールのが楽だ。
  • (イラッとしたら追加する)

たいがいdisったが、体感するイライラはiPhoneより少ない気がする。Apple嫌いなアンチマカーだけど、今回のMacbook Pro満足度は高め。※コスパなどを除く。

それと「MacはダサいWindowsみたいに重くないから、Airや無印がメモリ8GBなんだし普通の使い方ならメモリは8GBで十分。」なんていう記事を信じて8GBにしなくてよかった。4GBで十分だって記事すら見かける。本当に使って活用してるんかな。だいたいPCレビュー系記事で「〇〇くらいなら、そこそこ快適」は「○○でも決して快適とは言い難い」、「〜だから、普通なら○○で十分使える。」は「前提条件が妄想。○○は最低限であり、○○なら不満なことがよくある。」くらいに読み換えるくらいのがいい表現だと最近悟った。(スティックPCとかiPhoneとか。)

電池の持ちも同様で「Macは電池の持ちがいいから普通の使い方なら1日十分使える。」なんて書かれてるけど、とても持たない。半日がせいぜいで、1日は電池を心配しながらならばなんとか使える。ってくらいが適切。取り外せないし充電の制御も非公開で制御できてるのかどうかすら微妙だからバッテリーの管理が面倒。


6件のコメント

意識を高めてみる。iPhoneで。

Power Mac嫌い。Apple嫌い。 で述べた通りApple製品は今も嫌いだ。でも世間ではJKから高齢者までiPhoneがもてはやされ、Macbookも意識高い系を中心に市民権を得ている気がする。実際にどこまでダメなものなのか妄想で述べたところでフェアではないし実際に使ってみることにした。

今、最新のアイフォーン7を。



iphone7

ウェーーイwww!! しかもPlus!!!

さすがキヤノンPowerShot。ボケも自然でiPhoneの写真がきれいに撮れる。

さてSymbian 3年、Android 5年、iPhone7Plus数日使ってみた正直な感想。

関心したところ

  • Web版のiCloudはなかなか便利。パスワードが漏れるとかは改善しているはずだし。
  • きちんとしたヘッドホンで変換コネクタを通して聴くとそんなに悪い音でもない。
  • ホームボタンの誤爆は多いがリトライは容易。振動無しでもいい。
  • 高級感やそれの演出がある。かっこいい気がする。
  • 背面のゴミ箱をはじめ欧州系のダサいマーキングが無くなってすっきり。
  • 操作に迷わない簡単操作のプレインソフト。
  • ダサいDラインが無くなってすっきり。6と7の背面を比べたら7の圧勝。6の人かわいそう。
  • (気づいたら追加する)

イラっとしたところとその対策 ※警告:iPhoneをこよなく愛する人とこれからiPhoneを買いたい人は見ないこと。

  • スクロールが遅い。摩擦係数が大。慣性が小。指に吸い付きすぎ。カスタマイズ不可のまとわりつくスクロール絶賛は意味不明。超不便。→腱鞘炎になるまで慣れ。
  • 基本スクロールが遅いのにsafariだと写真の連続とか長文の段落とかでスクロール量が突然多くなる領域がある。意味不明。
  • 戻るが無い。戻る相当の操作がバラバラ。超不便。→諦めと慣れ。
  • 完了、編集、戻るの基本操作が右上、右下、左上と四隅に割り振られてて遠い。→慣れ。
  • Safariにいたってはブックマークの完了が右上、ウィンドウ切り替えの完了が右下という精神分裂っぷり。間違って開いたブックマークを閉じるの超面倒。
  • 横画面と縦画面でコントロールセンターと通知の出し方がちがう。意味不明。横画面で出すのが一発で決まらないし、コントロールセンターの表示に成功した場合でも必要無いのにアプリがスクロールしてしまう。これは欠陥だろう。超不便。→横画面でコントロールセンターを使わない。
  • ホームボタンたびたび誤爆。超不便。→慣れ。
  • 風呂上がりだと確実に反応しないTouch ID。超不便。→iPhoneは悪くない、しっとりしている指が悪いので乾くまで待つ。もしくはパスコード入力。
  • 置いた状態でホームボタンを押すと驚くほどフィードバックが無い。→どうでもいい。
  • 電源切ったのに充電すると勝手にオン。超不便。→充電開始してから電源切る。
  • 標準メールは機能としては割と良いが、IMAPではプッシュ通知に対応していない。
  • テキストボックスが致命的に使いにくい。バックスペースだけでカーソル移動無いとかCP/Mのコンソール? 3Dタッチのこのカーソルとか冗談きつwww。超不便。→諦めと慣れ。
  • 一見便利そうだと思った虫眼鏡表示もテキスト選択以外の用途があるわけでもなく、特に使いやすいわけでもなし。
  • 横画面だと使いにくい上下に並ぶカーソル左右移動キーがあるのに縦画面には以前から無いとか、こだわりポイントがおかしい。意味不明。
  • テキスト選択が使いにくい。致命的。超不便。→諦めと慣れ。
  • 標準の入力ソフトが使いにくい。いろいろと。致命的。超不便。→諦めと慣れ。
  • ユーザー辞書に登録した単語が予測変換の候補にならない。よく使うから登録するのにフルで読みを入れないと出さないとか何で?→略語の読みででも登録するか。
  • テキストを入力していくと入力カーソルがキーボード表示の下に隠れる。いちいち自慢の吸い付くスクロールをしないといけない。超面倒。ATOKでも同じ。サードメーカーのキーボードにもきつい制限を課してエリアを限定してるのにテキストボックス側がそれをわかってないとかさすがすごいセキュリティ。→長文のテキスト入力などというクリエイティブなタスクは行わない。
  • しかもテキスト入力開始時にはテキストボックスのカーソル行が最下行-1に移動して、一行入力するとすぐカーソルが隠れる、嫌がらせ仕様。
  • Safariでテキストボックスのフォーカスが映るたびに入力モードが元に戻る。超不便。→諦めと慣れ。再度切替れば良いだけ。面倒とか言うのはAppleに失礼。
  • Safariの基本操作やタスク切替の3D Touch操作とか画面の向きで操作や操作感が違うものが多い。不便。→慣れ。
  • 縦画面と横画面で操作や状態のかい離が激しい。Safariなんて横画面でブックマークを編集状態にして縦画面にすると通常の編集でない状態。そのまま横画面に戻すと編集状態。逆でも同じ。縦画面と横画面で状態が違うとかはっきり言って混乱の元でしかないし操作の統一感なんてあったもんじゃない。意味不明。初心者が作ったアプリでありがちな挙動。
  • ATOKなど標準以外での日本語入力がシステムの制限で使いにくい。不便。→慣れ。
  • スクリーンショットが爆音。変更不可。超不便。→諦める。デジカメで撮影。
  • カメラのシャッター音が爆音。変更不可。超不便。ミラーも物理シャッターも無いのにこの音固定とか意味不明。→コンデジか画質悪いアプリを使う。
  • カメラの画像、歪んでる、ノイズっぽい、補正しまくり。一眼並み???並みってなんやねん。 キヤノンのコンデジのがきれい。→コンデジを使う。
  • カメラアプリがしばらくサスペンドしてると次に動かしたときまともに動かない。暗すぎる画面でフォーカスすらできないとか。何やねんこれ。→強制終了するとか一旦ビデオモードに変えるかしないとおかしいまま。最大の自慢のカメラがまともに開始できないとか、終わってる。
  • x2カメラの画角が狭くて扱い使いにくい。35mm換算で57mm相当らしい。50mm前後にして。→24mmと48mm相当だったらな。x1が28mmなので24mmは諦める。
  • ポートレートモードとか、一眼並みのボケ? 冗談きつwww。→lomo 並みのが合ってるかな?
  • 自慢のデュアルカメラが切り替わるところでホワイトバランスが変わる。→気にしない。コンデジを使う。
  • 横向きでカメラ使うとレンズに指がかかりやすい。→慣れ。
  • カメラの撮影時に詳細な設定がいじれない。超不便。→アプリを使う。ProCameraは良さげ。
  • 画像補正のスライダの方向が感覚と逆向き。右方向にスライドして暗くなるとか直感的とはいえない。→慣れ。逆に考えて指は固定し本体だけを動かす。
  • 各アプリの設定が設定アプリまとまっていて、切り替えないと設定が変更できない。超不便。→iPhone基礎。慣れ。
  • データをアプリ間で活用するっていう概念が無い。超不便。→iPhone内で完結したデータの活用は考えない
  • ホーム画面とかいろいろカスタマイズはできない。超不便。→iPhone基礎。諦める。
  • APNすら端末単独では設定できない。セルラーのSIMないとアクティベートできないのに、WiFi使えなかったらセルラーの設定できないって一体。意味不明。→最初だけなのとそもそも自宅WiFi無しでiPhone使うとか無理。
  • アプリ多いって言うけどゲームと出会い系が目立つ。神との契約でブラウザとかメーラとかの基本的なアプリが壊滅的なのか。→Appleの支配下。諦める。
  • SDカードとかのストレージが普通には使えない。超不便。→システムの構造からしてSDカードに合わない。
  • NTT-Comの050Plusがシームレスに使えない。超不便。→AppleのiOS製品に問題が無いのは当然であるから、NTT-Comが完全にすべて悪い。だから諦めてNTT-Comが改善するまで待つ。
  • マナーモードだけが物理スイッチで設定。当たって勝手に動く。ここだけ他のUIと統一感が無い。→テープでも貼っておく。
  •   バックグラウンドからの通知がすぐ理解できない。 メールが届いてもポーンと音がするだけ。 →ホームまで戻ってこれは便利だろといわんばかりな自慢のアイコンバッジを確認して開く。不便。
  • SMSとiMessageがシームレスすぎる。気が付くとSMS。超不便。→送信時によく確認する。
  • iCloudのWindows版を入れるとOutlookでIMAPフォルダの一覧が取得できなくなる。意味不明。→iCloudはWebのみにする。
  • iCloudのWindows版の操作がOneDriveほどシームレスではない。不便。→iCloudはWebのみにする。
  • iCloudの使い勝手は悪くないが、遅い。→待つ。
  • iCloudのWeb版はともかくiTunesは操作に難あり。超不便。→Apple基礎。慣れ。
  • iTunesが無いとwavやmp3の取り込みすらできない。超不便。→Apple基礎。慣れ。もしくはiTunes Storeで買いなおす。
  • 動画ファイルのコーデックが非対応ならiTunesに取り込む時点で弾くとか再エンコードしてほしい。時間をかけて転送した後で音だけ出て映像が出ないとか。→iTunesもiPhoneも何も悪くはない、動画ファイルのエンコードが悪いに決まっていると考える。
  • 写真は新鋭のiCloudか旧来のPTPで音楽と動画はいまだにiTunes。切替するとiTunesで扱えるが、いろいろちぐはぐ。意味不明。→慣れ。
  • 電池の持ちがそこまで良いというわけでもない。使わなければ持つとは思うがAndroidをバカにするほどのものでもない。期待外れ。→外出中は使わなければ良い。
  • 充電は遅い。半日かかる。付属のACアダプタはオッシャレーな小型5V1Aだもんね。当然。→1.5~2A対応のを使う。
  • 電源オフで充電中に進捗がわからない。ガラケーでもAndroid でもそんなのはみたことない。→充電中も電源オン。充電が遅かろうと電池に負担がかかろうと24時間365日Appleに繋がるのは当然の義務。
  • 唯一の端子がLightning。MacbookがUSB3.1(Thunderbolt3)オンリーに向かってるのに付属ケーブルはUSB2.0 TypeA(USB 3.0ですらない)だったり。iPhone本体端子がThunderbolt3になるのはいつだ。せめて付属ケーブルの反対側をUSB3.1にするくらいして。ちぐはぐ。→気にしない。
  • 付属のイヤホンが音悪すぎ。ミュージックプレーヤーから進化した10万円前後の端末に付属するならもう少しクオリティの高いものを。この品質でAirPodsが出るなら完全に地雷。Lightningコネクタ対応のイヤホンなんてほとんど出まわってないのに。変換コネクタなんて、ダサすぎ。→気にしない。
  • Bluetooth DUNテザリングアプリが存在しない。超不便。→iPhoneのWiFiテザリングでAndroid機を接続して、そこでBluetooth DUNアプリを起動する。
  • 特に削除、変更系の操作がよく解らない。2日間で何度かgoogleのお世話になった。Siriに聞いてもAppleのページに誘導してくるだけ。→ggrks。
  • カーナビにBluetooth接続すると電話がかかったわけでもないのに必ず通話中状態になる。他のどのSymbian機、Android機でも一度も発生しなかった全く新しい症状。意味不明。超不便。(どうもsiriに起因してるっぽい。siriは動いてないのに聴き取り状態とか、盗聴?)→手動で行なっているアイドリングストップ後も再接続のたびに毎回終了ボタンを押す。もしくはBluetoothを無効にする。あるいはAppleやiOSが悪いはずがないのでiPhone7Plusより高かったナビを最新式に買い換える。→BluetoothでiPhoneに入っている曲を聴くのは辞めた。イヤホンジャックも無いし面倒すぎる。Bluetooth DUNも使えないんじゃ全く完全に無意味。
  • Safariのウィンドウに対する挙動が統一されてなくて唯一便利と思える右スワイプの便利さをスポイルしている。3Dタッチで開いたウィンドウは右スワイプで閉じられるのにウェブの記述で開かれたウィンドウとウィンドウ操作で開いたウィンドウは右スワイプで閉じられない。二度手間。超不便。
  • Safariで見ているページにドロップダウンがあるとき、ドロップダウンリストで出てきたりホイールで出てきたりと節操が無い。ドロップはインライン、ホイール表示はシステムライン表示で統一感も何もあったものでは無い。→Appleは完璧。サイトのウェブデザイナーが全て悪い。
  • Safariで見るスラドが最悪の操作性。iPhoneは完全に悪くないのでスラドのスクリプトが悪いに決まってる。→geekはiphone など使わないと。もしくはスラドなど見ない。
  • 標準のキーボードではiPhoneが候補に出てこない。iphoneになる。アイフォーンは辞書にあるのに。意味不明。→なんとATOKならipまで入れた時点でiPhoneが候補に。
  • iPhoneを使っている人にiPhoneに替えたことを知られると「(Androidより)使いやすいでしょ。」って言われる。→「(前のAndroid機よりも)クソ使いにくいよ。」なんて返すと「なんで?」ってなるからそんなことは言わずに、「ちょー使いやすいね!!iPhone7Plusは!!!」って言っておくほうが人間スムースに生活が送れることくらいは知っている。
  • (イラっとしたら追加する)

実際に買って、使って分かった、iPhone7を絶賛すべき7個の理由とiPhoneをディスるべき50個以上の理由。これ妄想ちゃうねんで、ドヤァァ!!

わずか数日間でここまでの特徴をあげられるとはおそれいった。Androidならこうはいかない。さすがiPhone、さすがApple。iPhoneが使いにくい理由5個とか10個とかいう程度じゃない。不満など何十個もある。近日中に77個は超えるかも。不満が多いのはiPhoneに対する期待度の大きさの裏返しか。対策の大半が慣れと諦めってのがね。

試される信仰心

特にテキスト操作系がとにかく使いにくい。自慢のフリック入力は英字モードで数字が入力できないし、カーソル移動や選択は一発で決まらなくて選択範囲指定もやりにくい。数文字から数単語程度の選択はよく行うけど、選択中に勝手に切り替わる1セクション全部選択とかあまり要らないし。選択後のコピーとかの表示もいまいちで、「調べる」を押したあと「コンテンツが見つかりません」を見せられた後、やっぱりコピーにしたいとき再選択しないとコピーできないとか。虫眼鏡表示は割といいと思うんだけど良いのはそこだけ。他がダメダメ。SafariというかWebkitもいまいち手に馴染まなくて、サイトが用意しているオートコンプリートとの相性が悪いとか、テキストボックスのフォーカス移動のたびにモードが戻るのでヤマトの荷物追跡サイトで番号を入れるたびにモードがひらがなに変わってしまうのとかやってらんないし。いろいろ無理。

こんなんでApple Careの期限が切れるまでがまんできる自信が無い。


コメントする

新型Macbook発表だって

新型MacbookPro発表だって。手にする前から全く新しい、すごく使いやすそう(≒レノボがかつて通った道、クソ使いにくそう)と噂っほい。

比較的早く手に入るコンサバティブな13インチモデルは革新的にコネクタが少なくてMacbook Air+USBx1ってだけでProな感じは無くなって万人受けしそう。