最近よく使う光学機器2

使用頻度の高い光学機器のレビューその2。

ビクセン(Vixen) 単眼鏡 マルチモノキュラー4×12 – アマゾン

メーカのページで見るとデザインが変更になっている。旧デザインの赤いラインがニコンのプロフェッショナルシリーズっぽくて良かった。

ビクセン マルチモノキュラーH4×12

単眼鏡でビクセン製では一番小さいもの。昔からケンコーも同一仕様で出しているし、同様デザインのものが色々出ている。

Kenko 単眼鏡 ギャラリーEYE 4×12 4倍 12mm – アマゾン

BK4のダハプリズムなので性能的には知れていて視野も狭いが、手のひらに隠れるほどの小ささと軽さは代えがたい。対物側にフィルターネジが切ってあり、オプションのルーペスタンドで簡易顕微鏡になったり、純正で偏光フィルターが用意されていて拡張性も考慮されている。個人的には三脚取付ができる何かが欲しい。ただ、偏光フィルターはニコンの18×70IFで使ったら視野の中央で回転するハイディンガーのブラシが気になったのでこれでは使ってない。気にならない人は大丈夫。

文句があるとすると、附属のソフトケースが同シリーズで一番大きいH8×20のサイズに合わせてあってH4×12では余りが出てしまうところ。

アイレリーフが15mmくらいあるので、スマホやデジカメに押し当ててコリメート撮影もできる。

カラスのつがい

光学機器の中にあって高価なものが絶対的に良いわけではないと認識できる逸品。

イタリア製カミソリスタンド

シック クラシック ダブル エッジ メタル ホルダー(両刃カミソリ)の紹介写真に出ているスタンド、なんかいい感じだったので探したところ、同じくアマゾンで「万能型イタリア製カミソリスタンド」として売られていてポチッた。

関連:bailiの両刃ホルダー

スタンドは株式会社カミソリ倶楽部という商社が扱っているもので、この会社はプロモーションでシックと組んでいるらしい。だから紹介写真の小物もここで扱っているもの。

アマゾンのレビューではコメント付きが唯一件、「高いだけ。形だけ。」と辛辣な意見で★1。確かに太い針金でできたスタンドが3,000円くらいというのは高いと思う。でもイタリア製なんですよと。

材質はよくわからないが金属製で重量感はある。

メーカーの広告サイトに「飾ると映える」て書いてあったから飾ってみた。映えるとかそういう感覚は無いが、刃物を飾るということ自体に抵抗がある。

立ててみるとガタつきが無くて安定している。底の部分が削ってあってガタが全くない。受け皿の部分も若干削れている。

支える部分の溶接が非常にきれいで滑らかな仕上がりになっている。手触りも良い。

底の部分の輪っかが微妙にずれているとか、受け皿と支えの棒の中心が出てないとかそういういい加減なところを見ると手作りなのだろう。目につく部分は奇麗に仕上げられている。

お気に入りのバイリー製カミソリもきちんと収まる。

ヘッドの部分を引っかけてぶら下げるタイプのスタンドが多いが、このように皿で支えるタイプのほうが安定感があって良い。皿の部分は板のプレスではなく、鋳物か切削か値段なりの手間はかかっているように見える。

最近、トリアを数回使ったら正直スタンドどころか、カミソリ自体何でもいい感じになってきた。

DX-SR9に使えるけど使えないEMS-57。

アルインコのDTMF付きマイクEMS-57がDX-SR9で使えるか試してみた。

DTMF付きエレクトレットコンデンサマイク EMS-57 – アルインコ
ALINCO DTMF付きマイクロホン EMS-57 – アマゾン

ピポパ音が出せるハンドマイク。「DR品番のFM機のほとんどでお使いになれますが、」って書いてあるし、DX-SR9のオプションとしては扱われていない。

DTMF付きハンドマイクには大別して、マイク側にDTMFエンコーダICが載っていてマイク本体側がDTMF音を出すものと、本体側にDTMFエンコーダがあってマイクはただのキーパッドになっているものの2種類がある。EMS-57は前者のタイプだから、ピン配置さえ合えばDTMF音を出すことはできるはず。

あざやかオレンジに光る

マイクソケットの形状も標準品のEMS-64と同じだから挿しかえるだけ。FMモードにしてPTTを押しながらキーパッドを押すとピポパ音が送信された。特に問題なく使えた。

EMS-57に付いているスイッチをDTMFからREMOTEに切り換えると、対応機種ではリモコンとして使えるが、SR9は非対応でリモコンとしては使えない。UP/DOWNキー、LOCKキーは利用可能。LOCKキーを有効にするとキーパッドのLEDが消灯し、UP/DOWNも使えなくなる。

で、結局EMS-57をDX-SR9に導入すると得られるのは次の4点。

1.DTMFトーンを発生できる。(28MHz帯にF2Dの免許が必要)
2.マイクがコンデンサ型になる。(音質が変わる)
3.カールコードがすこし長い。(すこし硬い)
4.手もとがにぎやかになる。


でも、HF機のDX-SR9でDTMFトーンが発生できて何か良いことがあるかといわれると困る。免許上は29MHz FMでしか使えないし、今も昔もDTMFスケルチなんか使ってる人居ないし、Wires-Xのアナログノードが29MHz帯にあるわけでもないから、DTMFの相手は29MHzのレピータってことになる。でも、管理するべきレピータがあるわけでもないし、結局DTMF音が出せても意味が無い。DX-SR9でEMS-57は動作保証されてないけど、使える。使えるけど、使う意味はあまり無い。

F2Dの免許下ろしてないし、これのために変更申請するのもっと意味が無い気がするから封印することにした。



EMS-57をリモコン状態にして適当にキーを押しまくるとSR9のLCD表示、TX/RX表示LED、バックライトがたまに一瞬おかしくなる。そもそもリモコン機能はSR9に搭載されてないのに何等かの反応を示す意味が分からない。リモコン機能を実装しようとしたが不完全でかつ、完全に無効にもなっていないのか。

イオンカードポイントモールでポイ活してみる。

イオンカードを取得して、ようやく使えるようになったイオンカードポイントモールでポイ活(笑)をしてみた。

イオンカードポイントモールは、イオンスクエアメンバーが立ち入りを許されるディープウェブ。そこに入門すると「ミッション」が与えられ、クリアすることで特別なボーナスを得る。

実際のところはイオンカード所持者以外にも門戸を開いたアフィリエイトサイトだから、ショッピングなどでWAONポイントが還元される。還元率は大半が0.5%。お店によってはもっと還元率が高かったり、固定的なポイントをもらえたりする。このポイントをいかに稼ぐかがミッションクリアのポイントになる。

ミッションといってもたいしたものでは無くて、ポイントサイトのいくつかのサービスを利用するだけ。ウェルカム~STAGE3まで通しで1年以内に達成せねばならない。すべて達成すると合計2000P。

ウェルカムステージ 合計50P
・イオンポイントモールガチャを累計1回まわす 5P
・アンケートに累計1回回答する 5P
・ゲームで遊んで抽選券を累計3枚獲得する 5P
・脳トレクイズで遊んでスタンプを累計1個獲得する 5P
・3つのショップをお気に入りに登録する 5P
・全ミッションクリアボーナス 25P

STAGE1 合計100P
・イオンポイントモールガチャを累計3回まわす 10P
・ゲームで遊んで抽選券を100枚獲得する 10P
・脳トレクイズで遊んでスタンプを累計25個獲得する 10P
・1つのショップでお買い物をする 10P
・ショップでお買い物をし、累計50P分の還元を得る 10P
・全ミッションクリアボーナス 50P

STAGE2 合計300P
・イオンポイントモールガチャを累計30回まわす 30P
・ゲームで遊んで抽選券を500枚獲得する 30P
・脳トレクイズで遊んでスタンプを累計50個獲得する 30P
・5つのショップでお買い物をする 30P
・ショップでお買い物をし、累計150P分の還元を得る 30P
・全ミッションクリアボーナス 150P

STAGE3 合計 1550P
・イオンポイントモールガチャを累計100回まわす 30P
・ゲームで遊んで抽選券を1500枚獲得する 200P
・脳トレクイズで遊んでスタンプを累計100個獲得する 200P
・8つのショップでお買い物をする 200P
・ショップでお買い物をし、累計1,200P分の還元を得る 200P
・全ミッションクリアボーナス 550P

最初と1のステージは簡単にクリアできるが、2、3はなかなかしんどい。内容は異なるが連休などは期間限定で似たような内容の限定ミッションも開催され、重複して進めることができる。

・ガチャ
だいたい1P、たまにハズレが出る。1日あたり1回に制限されている。地道に100日間こなすしかない。ガチャに王道無し。


・脳トレクイズ
1日あたり3セット。基本は3問、動画広告視聴で1問か2問追加。知っていれば答えられる系の問題が出るからクイズマニアなら楽勝のはず。自分の場合、正答(スタンプの数)は毎回2~3問、平均2.5問くらい。累計100個は約40日。常に全問正解のクイズマニアなら20日。


・ゲーム
とにかく面倒。どのゲームでも良いので1500枚の抽選券を獲得する。ゲームシステムは他のポイントサイトで使われているミニゲームと同じもので、ブラウザでできる簡単なもの。得点によって最高20枚の抽選券を得られるものと、最高10枚のものがある。当然20枚のほうが効率が良いし、ゲーム後の広告視聴で最大24枚になる。

自分が試したもので効率が良かったのが「はらぺこアザラシパズル」と「タワーボクサー」。この二つだと最高ランクの抽選券24枚(広告視聴付き)を安定して獲得でき、1日あたり20分程度の単純作業で288枚の抽選券をほぼ確実にゲットできる。

時間をかけたくないなら、他にも「ドロー」のプレイ時間が1面あたり2秒くらいで終わって抽選券も多く獲得できて効率が良い。逆に落ちものパズル系は1面あたり10分以上かかるうえに抽選券2枚とか5枚しか貰えないことが多く、非常に効率が悪い。ゲームと時間潰しが好きなら止めはしない。


・利用ショップ数
最大8店舗。楽天、ヤフーショップ、ビックカメラ、ジョーシンあたりで好きな買い物を行うと良いが、重複は店舗数にカウントされない。手っ取り早く不足分の店舗数を稼ぐには電子書籍サイトを使う。

 #ポイント加算されないと利用店舗としてカウントされない。例えばRenta!なら還元率が4.76%なので22円以上の商品を買うと1P以上になる。それ未満の商品だと利用したことにならない。
 #各店舗の独自ポイントは課金対象にならずポイントが入らない。共通ポイント支払い(Tポイントなど)は課金扱いでポイント対象となる。
 #ショップでのポイント反映は翌月25日、ミッション反映はその翌日。


・買い物の還元ポイント
ステージ3では1200P必要、カウント対象はポイントモールで獲得するWAONポイントだけで、イオンカード支払いで還元される0.5%はカウントされない。ポイントモールの標準的な0.5%還元だけを相手にしていると240,000円使う必要がある。ショッピングのカテゴリだけが対象で、サービスのカテゴリは対象外。還元率が10%程度のショップを狙って必要なものがあれば12,000円程度買い物をしたり、サブスクリプション系の初回購入で一気にポイントを取得する。

買い物系のミッションで得られるポイントが1200P程度なのを考慮すると、ミッションクリアが目的になる無駄遣いは1200円以下に抑えたい。



結局、1日1回しかひけないガチャがクリティカルパスになってくる。ウェルカムステージが1日、ステージ1が2日、ステージ2が27日、ステージ3が70日。すべてのミッション達成の最短は100日。ミッション期間は365日だから100日は1/3近くに相当する長い日数が必要。早めに着手するほうがいい。判定に時間がかかることを想定した注意喚起もされている。

・お買い物回数・お買い物獲得ポイントはショップ・サービスからの通知を元に判定を行っています。
・各ショップ・サービスの「予定ポイント反映」を参考に余裕を持ったお買い物をお願いします。

https://pointmall.aeon.co.jp/mission

なんて書いてある。予定ポイントは商品の納品前に確定するからキャンセルしてもミッションは完遂できるかもしれないけど、それは無し。実際にサービスを利用すればミッションポイント以外のリワードも得られる。ミッション完遂の2000P以外で入手できる推定ポイントは次の通り。

・ゲーム 抽選券1500枚
最大16回(1000枚11回×1、100枚1回×5)抽選ができる。ほとんど1Pしか当たらないが10回に1回3Pかスコアブースターが当たるから、15~18P程度。

・ガチャ 100回
ほとんど1Pしか当たらないが30回に1回程度3P当たるが、5~10回に1回程度ハズレで0P。100回やるとだいたい100P。

・クイズ スタンプ100個
10個で1回抽選。ほとんど1P、10回に1回程度3P。10~12P程度。

・アンケート
規約上、詳細を明かせないがウェルカムステージの実績は計11P。

・お買い物
1200Pがボーダー。実際にはこれよりも多いポイントでクリアできるはず。

ミッションをこなすとミッションで2000Pのほかに最低でも1240P程度、合計計3240P程度のWAONを得ることができる。実際はアンケートが他にも出てくるのでもう少し多い。かかった時間を考えると時給換算で300~500円程。効率が良いかといわれると微妙。お金を使わない暇つぶしにはなる。

ここまで調査したが、無駄遣いしたくないがためにステージ3でショップ店舗数が未達成。

イオンポイントモールに限らず、クレジットカードやポイントカードを複数使って還元率の高いルートでポイントのロンダリングを行ったり、アンケートやサブスクのお試しで個人情報の切り売りを行ったりするのをポイ活などと称する。

ポイ活で重要なのは次のような点らしい。

★意識しないで使えるクレカ・電子マネー支払いを活用。
★アンケート、ゲーム、広告・動画視聴は利用しない。
★ポイントサイトは高額案件に絞って利用。無駄な買い物はしない。

どれも当たり前すぎてインフルエンサー共らに説いてもらう必要が無さすぎて調べていてバカバカしくなってきた。生活に必要なものすべてを高還元で支払えるわけでもないし、高額案件といっても個人情報の切り売りにも限度があるわけで、おしなべて考えれば還元率0.5%ってところなら無理が無い。

日本国内の給与所得者が一生のうちに稼ぎ出せる現金は、おおざっぱに1.5~2億円。一生の生活費がだいたい1億円(月12万円支出×12か月×65年間)として、このうち6000万円をカード払いにしてポイント稼ぎに利用するなら、何も考えずカード払いの0.5%還元で30万円、ポイ活頑張って1%にもってきて60万円。

やらないよりはやったほうが足しにはなるが、一生かけて頑張ったポイ活の結果が+30万円、月当たりで1000円弱の小遣い? て思ったらなんか微妙ってなった。

Eスポで遠距離FM受信

今日の午後はEスポで中国のFM放送がたくさん入ってきた。

日本のFM放送は76.0~95.0MHz、中国の放送は87.5MHz~108MHz。日本の90MHz台はAM放送の補完放送になっているから、それと被って100kHzおきに中国語の放送が入ってくる。

ステレオパイロット検出で中央のMPL表示が点灯。

88~107MHzあたりでみっちり聞こえて、強い局はステレオでも受信できる。

よく聞こえるけど、何言ってるかわからんし。



Eスポ – 電離層のスポラディックE層が上空で発生していて、その雲のようなものが鏡のようになって電波を反射するため遠距離受信ができるので、イメージとしてはプールの底から空を見上げたようなもので、空が円形に見えて、円の周りはプールの底が全反射して見える状態に近い。

周波数によって全反射する角度が異なるから、もしも電波を視覚化できるなら、地平線の先にある放送局のアンテナから出た電波が空の低いところを照らして、それが角度によって虹色に見えることだろう。

VHF-highのテレビは入らなかったが、超短波放送のほかに6mも10mも違法CBも元気だ。

宇宙天気予報
https://swc.nict.go.jp/

インターネットが使えない時代、たまに電話して何言ってるかわからんなりに聞いていた宇宙環境情報テレホンサービスは2013年に終了。