MacのBootcampを使いたくない理由

Macbook ProにBootcampでWindowsを入れたらイケてるハードがさらに200%大活躍やで! て主張してるブログを多数読み込んで速攻Windows 10 Proを買ってセットアップ、チョー簡単にMacでWinができてハッピーかと思ったら、現実はそんなに甘くはなかった。

・BootcampはそのMac本体リリース時点のWindows最新版からしかサポートせず、Win8.1以降は64ビットのみをサポート。例えばMBP 2016LateならWindows 10の64ビット版だけ。いまも32ビットWindows 7さいこーな人も居るわけで、そういうのを使いたい人はそれに合わせて古いMacを入手することに。PCでも第七世代(Kaby Lake)以降はWin10 64ビット版しかサポートしないが、最新のMBP 2016 Lateはリリース時点ですでに古い第六世代のCPUなんだなこれ。

・Windowsの回復環境がまともに使えない。Windows環境がひとたび壊れたら自動修復はほぼ不可。BootcampでWinしたくない理由はこれ、これに尽きる。BootcampでセットアップしたWindowsの回復環境で修復プロセスが成功したためしがない。インストールの簡単さとは裏腹に後のことは知らんと言わんばかり。このあたりで泣きを見た人の自慢ブログ多数

・Windowsのインストールメディアでの起動ができない。ちょっとまずいな的な理由でインストールメディアや回復ドライブで起動したかったりするわけだけど、それが素直にできない。したがってWindows標準のイメージバックアップすら使わせない鬼畜仕様。古いMacbookならうまく動いたらしいが今はダメ。壊れたBootcamp環境の正攻法な復旧は削除してから新規に再インストール。

・macosが稼働してないとWindowsのセットアップは困難。最新のMBPはそれ用のドライバとかわんさか入れないとキーボードもトラックパッドも使えないのでWindowsをブートできたところでハマる。以前はできたっぽいが、まっさらな2016LateのMBPにWindowsをクリーンインストールするのは結構な困難を伴う。やってないけど。

・Upgradeの対象OSにmacosが入っているのにmacos無しではWindowsをインストールできないから、Upgrade版のWindowsはSA必須。UpgradeのWin8やWindows10 Enterprise Upgradeで安く上げようというのはNGなので、製品版Win10ProかHomeを買うことに。

・Bootcampでのインストールが簡単(単純)すぎて笑う。スクリーンショット貼り付けるだけで全く中身のないブログネタにしかならない簡単さ。BootcampがWindowsの自動インストール機能をハックしてくれるから、インストール途中はほとんど介入できないし、ドライバ類も勝手に入ってしまうし、インストールプロセスのカスタマイズもできない。Bootcamp一発、簡単、Apple最高。とか言ってられるくらいならまだいいね。

・パーティションの切り直しができない。ちょっと空き領域足りないなとか感じたらパーティションのサイズを変更したくなるのにそれが簡単ではない。消して最初から環境構築やり直しか、有料ソフトのCamptuneを使うか、同じく有料のWinCloneでバックアップしてパーティション消して、再度作成して、リストアを行うか。

・インストール用のゴミパーティションが残る。4GBのインストール用ファイルを保持するパーティションが残ることがある。普通は残らないが不幸にも残ってしまった場合、消しても場所の加減でWindows用には利用できないし、標準機能だけではクリーンアップできないから、邪魔な場合はcamptuneとかでパーティションを調整しなければならない。

・BootcampではLinuxはじめ他のx86、x64向けのシステムは動かない。Bootcampは最新のWindows専用。そのうちだれかがHackしてくれるとは思うけど現時点でLinuxはMBP2016Lateでは簡単には動かないし

 

てなわけで、BootcampはWindowsの自動インストール機能をフル活用して俺ハードなmac用にWindowsをセットアップするだけの機能であって、MacをPCに変身させるような魔法ではないし、PCの自由さをMacにもたらすようなものでもない。少なくとも他のPCが無いといろいろやりにくいし、それだったら最初から自由なPCを使うよってなる。Linuxも使えないし。表向きはWindowsが使える「普通のPC」のように見えるところがイヤラシイ。トラブったら結構大変よ、これ。

カッコイイMacBookでWindowsが使える「だけ」で満足ならそれでいいのだが。この生かさず殺さずのコバンザメ商法、さすがAppleのエコシステムは一味違う。macosだけでは戦えないことをよくご存じで。

 

 

山光り

ずいぶん前に和歌山の新宮へ行った。そのあたりで夕方に用事を済ませてから三重の42号線を北上して帰る(当時は紀勢自動車道の開通前)、真っ暗な山道を走行中に前方の山がパッと光ったのに気付いた。雷かと思ったが天気は晴れ。車の中から星空が見えて雲もほぼ無い。

見間違いかと思って少し経ったらまたパッと白く光った。山の尾根のすぐ上が白く光り、尾根自体が黒くシルエットになって浮かび上がる。山の後ろからフラッシュで照らしたような感じだが、尾根に沿った形に照らすのはむつかしいと思うし、雷ならもっと狭い範囲が光るだけだろうし、人工光だとしてもそんなに広域を照らす意味が分からない。だいたい付近は街灯もほとんどないようなところで真っ暗だし。場所は暗くてよくわからないが大紀町あたりで浅間山方面か。前方右側の視界に入ってくるので見ていると数十秒単位の間隔で不定期にパッ、パッと光っている。同乗していた人はこの近辺には詳しそうな人だったので、あれは何かと聞いたら「ああ時々見えるよ。何か知らんけど。」とごく自然に言っていた。この付近の人にとっては自然なことなのか。しばらくの間その光は見えていたが、多気に入ったあたりではすでに見えなくなっていた気がする。

帰宅して気になったのでいろいろ調べてみたものの、地震の前兆だとかうさんくさいものか(その後この地域で地震無し)、人工光だったとかそういう程度しか分からず。いまだもって謎。

MacBook Proのキーボードに棲み憑く何か。

最新のMacBook Proはかっこいい。

だが恐ろしいことに、そのキーボードの間隙に捕らえられた見えてはいけない何かが棲み憑いていることに気づいてしまった。

よく見て。

mbpkey

見ようとすると見えない何かがそこに。

 

もっとよく見て。クリックで拡大。

mbpkey2

あー気になる。気になって仕方がない。



 

 

MBPを持っている人で、気づいてない人は知らないままが幸せかもしれない。



 

 

見えてはいけないもの、それはハーマングリッド錯視

 

キーとキーの隙間の白い部分の交わるところにホコリのような黒い影が見えたり消えたりチラチラ。一度気づくといつも気になる。気になる。時にスペースキーのまわりが気になる。気になる。

harmangrid

汚れではなくて、錯視だからどれだけ拭いたって消えない。MacBook Proを開くたびに目にすることになる。使用中にキーボードは周辺視野にあるからチラチラチラチラしてて余計に気になる。以前のMacbook Airなんかはもう少し間隔が広いし、色も黄色っぽくてそこまで強烈に出なかったけど、2016Lateのシルバーは隙間が狭くなって本体の色もより明るくなってチラチラがアップグレード。

ここまで読んで、MacBook Proを気持ちよく使えなくなったとしても知らないぞ。

工業製品デザインとかWebデザインとかそこまで興味ないんで素人だけど、目の錯覚で見苦しくなるデザインって基礎的知識として知ってて最初から排除するんじゃないのか。筐体を薄く見せかけるために錯覚を利用したデザインを取り入れているというのにね。(角が当たって持つと痛いデザインでもある。)

macosとかiosのシステムはともかくAppleのハードウェアデザインって完璧なものなのだろうと勝手に思い込んでた自分がバカでした。

MSDNのVLKeyを有効にしてみる。

今のMSDNライセンスでもらえるプロダクトキーは認証回数が有限になっている。ずっと前はオンラインの認証回数上限はあったものの、認証回数自体に制限は無くて電話認証なら何度でも通してくれたのに。実際2004年ごろに終了したキーでWindows XPやOffice 2003を何度も認証してもらってて、今年に入ってからも同じキーで電話認証を通したし。

現在のMSDNライセンスキーは1キーあたり10回の上限があるうえにXPやVistaなんかは3キーしかもらえない。合計30回くらいなんて現実的に使い切ってしまう数字だし、これは由々しき問題。そこで思い出したこと、Open Licenseで契約したMSDNではVL版のWinXPも入手可能。WinXP登場時からさんざん言われている通りWinXPのVL版はライセンス認証が無い。これをゲットしてしまえば未来永劫WinXPの認証に関しては心配がなくなるというわけ。

でも、MSDNサブスクライバーのプロダクトキーの中にはVL Keyの表示が無くて「管理者からゲッツせよ」などと書かれている。個人で契約したものだから管理者も何も自分自身なので、権利を行使すべくボリュームライセンスの認証専用窓口をコール。3番でWindows XP ProのVLキーが欲しいと伝えてライセンスIDとか契約番号とか氏名を伝えて発行完了。何度も通ったがここは割と事務的。念願のWinXPのVLキーをゲッツ。今となってはゴミ程度だけど、これ当時はWarezでもいいから欲しかったものだよ。WinXPのVL版はMSDNサブスクライバーからISOでダウンロードできるのでダウンロードする。これで晴れてWinXP使い放題。やったね。

一度もオンラインにしていない仮想環境でVL版WinXPをセットアップしてみた。認証済み。

XPVlKeyOobe

WinXPより後の製品はVLキーでも認証が必要だし、MSDNのプロダクトキーの認証回数には制限があるから、同一製品にVL版がある場合は面倒だけどできるだけVL Keyも取得しておくと認証回数制限に対する不満を緩和できる。ちなみにWin10にはVLキーの用意が無いのが残念。Win 7やWin8.1のVLキーはまた取得しておこう。

エンジニア女子になろう!って広告を見た。

MSNのトップに出てくる広告は毎度毎度笑わせてくれる。今度は「高収入で手に職、働き方自由、いま世の中に求められている エンジニア女子になろう!」だそうで。私もJavaは付け焼刃なので再学習したい。

ヒューマンアカデミー 。
http://haa.athuman.com/lpo/java/?code=140858

このページは「Javaプログラマーコース」のPRっぽいのに、資料請求などに進むと希望講座が「Webデザイナー/Webクリエイター講座」一択。すごいWeb UIデザインっす。しかも「今から学ぶと4ヶ月後にはスキルが身につく!」講座だそうですよ。なおかつ年齢制限なし!半年弱ほど学んだアラフォー女子がECサイトの構築に就いてくれるとか胸熱。

Javaの仕事が今日明日にでも無くなるわけでは無いとしても、WebにしてもJavaにしても高収入とか自由な働き方とは対極にある職場が多いのではないかな。場所によって「(4か月でも)引く手あまた」は間違いでもない気はする。すぐ辞めるっていう自由があるならね。

 

Windows 10をボリュームライセンスで買ってみる – 玉砕編

まっさらなNUCを買ったので、それに入れるために普通なパッケージ品のWindows 10 Proを買ってきた。2.2万円くらいと結構お高い。DSP版にしなかったのはFPP版でないと将来別のPCに移したいとかできないし、たかだか2千円くらいの差でしかないし、いらんパーツとかいらんし。

そういえばフルライセンスなWindows Pro版の最新版を買って90日以内ならSA(ソフトウェアアシュアランス)契約だけを追加してEnterprise版にアップグレードできたような、と思い出してリセラーに問い合わせたら今はもうできないらしい。Windows7やVistaのころとは異なる条件になってて、当時SAだけ買ってヒャッハーだった人たちのブログを見ても赤っ恥をかくだけだと分かった。理解した範囲では次のような理屈。

・以前は、Windows Proに追加できるSA契約が有り、その内容としてEnterpriseの提供があった。
・現在、Windows Proに追加できるSA契約は無い。
・現在、Windows EnterpriseはUpgradeライセンスしかない。(3.5万円くらい)
・現在、WindowsのボリュームライセンスのフルライセンスはProしかない。(2.2万円くらい)
・現在、ProのフルライセンスにEnterprise Upgradeを適用してEnterpriseを使うことができる。必要でなければSAは不要。
・現在、EnterpriseにSA契約を追加するには、Enterprise Upgradeを購入時に追加するしかない。(U+SAで3.6万円くらい。なぜかUのみとほとんど値段が変わらない。)

要するに、Pro買ったうえでEnterpriseのUpgrade+SAを買えってこと。U+SAのお値段は約3万6千円。これにProのフルライセンスがかかってくるので合計6万円くらいに。あまりにお高いのにビビって、ちょっと検討するって引き下がった。(西日本で「考えとくわ」は「高い。無理。」って意味だから。)

何がしたいかっていうと、Windows To Goと仮想マシン4インスタンス分を活用したいのでSA契約をしたいんですけどね。Windows To GoについてはMSDNのでテストしてて手持ちのUSBデバイスと周りにあるPCではまともに動かないってことが既に判明してるのであんまり期待してないのと、仮想マシン4インスタンスもSA契約を1.5万円/2年で維持し続けないと使えないわけで、6万円も支払うならFPP版のパッケージ2~3個買ったほうがいろいろ融通が利いていいんじゃないとか思った。ぶっちゃけ仮想環境≒テスト環境だからMSDNライセンスでも間に合うし。

だいたいOffice Standardって、Standardてつくくらいだから標準っていう意味だと思うんですよ。そのOfficeシリーズのど真ん中な製品が普通に売ってないとかどうかしてるんですよね。Office 2000のころまではStandardって普通にお店でパッケージ品で売ってたんだけど、今は小売りがHome and Businessで、StandardはVL版だけ。違いはPublisherの有無とSharePoint Serverが使えるかどうかと、ライセンス管理。どれもStandardっていうほど標準じゃ無いし。中小個人だとHome and Business使ってるとこも多いし。この辺の区分を理解しようとすると目眩がする。

 

家庭用PCにグレア液晶はアリかも。

我こそはパソコン上級者という人の意見を見ているとパソコンの液晶画面はノングレアに限るという主張が多い気がする。

自分もツウ気取りで「家電メーカのプレイン満載で液晶テカテカでチャラいノートPCなんて使ってられんし、PCはビジネスモデルで液晶はやっぱりノングレアだよねー」なんて思いこんで、最近ノングレア仕様のビジネスPCのHPの430を買ってみたら、何かちがう。自宅で楽しくネットサーフィンがしたいのに何となく職場のPCで仕事をしている雰囲気。いまいち楽しくない。

何が違うかよく考えたらビジネスモデルPCの持つ無難な雰囲気と、モニタの見た感じ。これが多分に影響している。気がした。メーカーも異なるしCPUの世代も性能もだいぶ自宅のノートのが盛ってるし、Windowsのバージョンも職場は古い7と自宅は最新の10でいろいろ異なるのに、職場のPCはHD解像度普及前のWXGA 1366×768で、今回買ったノートも同じ解像度。当然ノングレア仕様。ここの雰囲気が何となく近いために自宅でも職場でも同じような雰囲気になってるのではないかと。

だいたいノングレア液晶なんて職場なんかの無機質に並んだ蛍光灯が映り込むのを避けるためのものであって、一般的に照度の低い一般家庭の部屋に1個しかついてないシーリングライト相手にノートPCならちょっと向きを変えれば映り込むこともない。豪華シャンデリアやダウンライトがたくさんついてるようなゴージャス部屋ならともかくね。

で、以前に試したノングレアな単体モニタを一瞬でグレア液晶に変える方法と同じようにノートPCにもテカテカなグレア仕様の画面保護フィルムを貼ってグレア液晶に一瞬で変身させた。一瞬といっても貼り付けタイプなのでかなりの慎重を要する。特にホコリを噛んで気泡が入ると最悪。見るたびに幻滅するから、ここは完全を要求する。surfaceやmacbookみたいに意識が高い人が使ってて知名度と単一モデルの出荷数が多いものはともかく、ラフに使われるビジネスPCにはガラスフィルムなどというものは出回っていないので高硬度をうたうテカテカフィルムをチョイス。割れないのはある意味メリットではある。ガラスフィルムは割れて液晶パネルに傷が入るようなことがあっては本末転倒だし。がんばって貼ったらホコリ、気泡、傾きは申し分ないが下部1ドットだけがはみ出した。はり直しもめんどうなのでこの辺で妥協する。

見事にテカテカグレア液晶に変身した。雰囲気はガラっと変わってなんとなくプレミアム感も出た。自宅ではあまり使う気にならなかったWindowsノートもなんとなくテンションが上がって楽しく使えるようになったよ。家庭用PCに職場の事務機器と同じ雰囲気を感じるのはダメだなって思った。

余談だけど、たまに見かけるマカーの主張で、ドザーはだめだな職場でも自宅でもやっぱmacに限るよ、ってな人って自宅で仕事してる気分にならないのかな。もしくは仕事めっちゃ好きなんだろうなって思った。自分が自宅では一瞬たりとも仕事のことを思い出したくは無いものだから。

 

WD Cloudを導入してみた。

Western DigitalのWD Cloudを買ってみた。パーソナルクラウドとか何とか書いてあるけど、とりあえず家庭用NAS。一般のご家庭用NASはBuffaroかIOデータと相場が決まってて、日本国内で普及してるDTCPなDLNAを活用するならそれのがいい気がする。WD Cloudはご家庭向けNASなのにSSHが標準で使えるって一点で選択。

こういう製品を買ったら電源を入れるよりも先にすること。

…それは分解。

wdcloud.jpg

そしてディスクイメージの吸い出し。

組みなおしてようやくセットアップ。一枚モノの説明書は wdcloud.jp/setup へGoと図示してるんだけど、それより先にESETが新デバイスを発見してローカルの http://wdcloud/ へ飛ばされた。レビューしてるブログではクラウド側から設定する手順で書いてあったけど、ローカルからセットアップが始まってしまったのでローカルアカウントから設定が始まって、クラウド側はオプションだった。最悪クラウド側サービスが閉められても問題ないわけで、よく練られてると思う。

パーソナルクラウドが何なのかよくわからないが、WDが用意してる認証・中継サーバとローカルのWD Cloud本体がうまいこと連携してインターネット側から宅内LANに置かれたWD CloudのNASを覗けるという仕組みっぽい。バズワード的にはハイブリッドクラウドの一種。

クラウド側からのアクセスも、ローカルからのアクセスもWebインターフェースは洗練されててかっこいい。速度はよくわからないが一人で使う限り、職場の共有NASよりも早いくらい。価格比較サイトの評価をみると「簡単・初心者向き、玄人はバッファロー」みたいな記述があって、WDのプロモーションが結構秀逸だなーとか思う。アプリの追加もできるし、SSHも標準で使えるし、海外ではハックも進んでて、そういうレビューを書いちゃう人は「分かってない人」認定。

以前、NASに玄箱を使っていたが、どちらかというとLinux Boxとして使っていて、それがいつの間にかATOMのminiITX PCになり、それがi7-3770SのPCになり、最終的にデスクトップのi7-3770Kの普通のパソコンになってしまった経緯があるのでNASはNASのまま使うほうが良い気がした。

しかしWD Cloudはよくできていると思う。自炊の電子書籍や音楽データを入れたらスマホでインターネット側からも見られるし、ローカルでもそこそこ速いし、この使用感はヤバい。超便利。残念なところは標準ではファイルサーバー以外の機能、プリントサーバーとかVPNサーバーとかウェブカメラつないでとかができないところ。

なんでITで業務効率が上がってるのに給与も上がらないのか。

なぜ「1日8時間労働」なのか 「社会人破綻してない?」に賛同相次ぐ
http://blogos.com/article/208626/

40年前は書類の作成にも整理にも検索にも時間当たりどれだけ裁けたのか。今はたった一人でも数万件のデータをパソコン他のOA機器を駆使してあっという間に裁けるというのに、そういったIT機器を基本技能として使えなかった時代と物価に対する給与水準が同じとか、働いてる時間が同じとか、ちゃんちゃらおかしい。

どんだけ生産効率上げても結局時間単位っていうなら、もっとダラダラやったほうが相応ってことだな。

新品のSSDには何が記録されているのか?

新品のメディアを買ったとき、一番気になるのはそのメディアに何が書かれているかということだ。

何を言っているのか分からないかもしれないが、新品のHDDやUSBメモリの中身は、まっさらではない場合が多くて、もっとも単純なものであれば00Hで埋められているのだが、そういうのはめったに無くて、中古で買った「ゼロフィル済み」のHDDくらいだと思う。市販の外付けHDDだとパーティションテーブルが最初から書かれているものは多いし、その場合はブートレコードも書かれている。ブートレコードは通常のWindowsで使われるMBRが書かれている場合もあるが、ブートできない最低限のDPBだけが書かれているものや、メーカ独自のものだったりと結構いろいろ。新品でファイルシステムが無い場合でも、セクタダンプするとテスト用と思われるデータが出てきたりする。

HDD以外にもUSBメモリになるとかなりバリエーションが出てきて、アイコンが出るようにautorun.infが存在したり、暗号化アプリが入っているもの、お試しソフトが入っていたりといろいろ。USBストレージになるミュージックプレーヤーなんかではテスト用の音源ファイルが削除した状態になっていて復元ソフトを使うときちんと再生できるデータになっていたりした。中には組み立てた人の声が録音されているものも。

で、一番最近買ったインテルのm.2 SSD 600pがどうなっているのか知りたくて、新品で箱から取り出したばかりのSSDをUbuntuのddで吸い出してみた。

nvme_dd

何これ。全然圧縮も効かないし、乱数?

ちょっとつまらなかった。