東プレのREALFORCEを買った。旧モデルのSA010S。いぜんは変荷重のPS/2タイプを使ったことがあるが、今回はAll 30gのUSB。LEDの青がまぶしい。

REALFORCEは最下段が通常の109キーと違い、右Winキーが削られているためIBM 5576A01とほぼ同じ+ショートカットキーになっているところが秀逸だったのに新モデルではどうでもいいスペースキーを長くするとは。

key2

じゃあREALFORCE旧モデルが最高のキーボードかというと実際はそうでもなくて、最下段が凹型になっているのはダメポイント。これが凸型になっていないと左Ctrlや右Altを手のひらの小指付け根付近で押しにくい。5576A01をはじめIBMの旧いキーボードはここが凸型なので使いやすかった。これらのキーはホームポジションから離れた指で押すものではなく掌で押す。ここが分かってないと「CtrlはAの隣じゃないとダメ。スペースバーは長いほうがいい。ダサい変換キーなど不要。PC98キー配列が最高だ!」などと分かったようなことを言い始めてカスタマイズツールでCtrlとCapsLockを変更したあげく、よく使うCtrl+Z、X、Cあたりで超絶技巧を使いこなすハメになる。

個人的に考えた長いスペース派のユーザ
・初心者 → 変換はスペースでできると習う。
・中級者 → 変換はF7、F8を使う。
・自称上級者 → Ctrl+I、Ctrl+Oを使うわと言ってCapsLockをCtrlに。(わざわざ両手操作にする)
・MACer → JISキーボードはダサい。
・旧いATOKユーザ → とにかくスペースで変換する。
・旧八あがり(Over40) → 超絶押しにくいCtrl-XFER以外の使い方を知らない。NFERの意味が分からない。
・ゲーミング → ゲームはeスポーツ。
한글 키보드 → 右Altが押せれば良い。

個人的に考えた短いスペース派のユーザ
・変換、無変換、カナキーの役割を正しく知って使える日本語入力者。ローマ字、カナ入力問わず。
・旧いDOS/Vユーザー → IBMMKKVの変換開始は変換キー。スペースはあくまで全角スペース。
親指シフター → 変換、無変換キーは死活問題。
・俺配列マニア → 変換、無変換キーは死活問題。
・廃カスタマイザー → 変換、無変換には別の機能を割り当てたい。

まあ、変換・無変換キーがもっと使われていればREALFORCEがこんな変なことにならなかっただろう思った。とりあえず旧モデルのREALFORCE108UH-Sにもダメポイントはあるが悪くはないし耐久性もあるっぽいのでこの先10年くらいはこれでいいだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中