前に「人間の腕は逆にも曲がるのが普通」などと書いたが、ちょっと反ってるだけでも折れてる、痛そう、キモい、怖いとよく言われる猿腕。「肘すごい曲がりますね」とか、結構な猿腕の人から「腕ぐにゃぐにゃやし」って謎に褒められたから、調子に乗って肘を逆に曲げて遊んでたらさらに曲がるようになったので、がんばったらどこまで曲がるものか試してみた。

↓結果。

double jointed elbow/猿腕

かなりヤバい感じになった。上が肘の内側(肘窩)、凹んでるとこが本来の肘。40度くらいの過伸展で関節がガクっと外れて亜脱臼。折れてるわけでは無い。かなり猿腕の人でも伸びきるとロックして止まる感覚があるが、関節を外すとさらに曲がる。そのまま無理やり押したら95度くらい逆に曲がった。見た目より痛くはないが、そのままおかしくなりそうで怖い。

いつもこんなに曲がるわけではないし、猿腕の人が全員ここまで曲がるわけでもないので無理に試そうとしないように。そうでない人からすると信じられないだろうが、よくある外反肘+過伸展でも手をつく方向で40~50度くらいは曲がってるように見えるし、関節外せる系の人なら60~80度くらい逆に曲げるのは割と簡単にできるようになるはず。

同級生に過伸展60度くらいのすごい猿腕の人がいて自分もできるかと思って日々トレーニングに励んだ結果、もともと過伸展5度程度だったのが80度を超える超猿腕化に成功。ここにたどり着くキーワードに「猿腕になりたい 方法」みたいなのを見かけるが、時間をかけて伸ばせばできるようになるはず。適度な猿腕はストレッチが気持ちいいし、体を支えるのも楽。しかし肘が逆に曲がるのを人に見せたところで「うわっ、なにその腕!気持ち悪っ!!」て言われるだけだしオススメはしない。基本的には動揺関節になってるわけで、たまに肘内障になったり肘部管症候群になったりもするし。

後日試したらさらに反張肘がひどくなってて、過伸展100度に達した。でももっと曲がる人も見たことあるし、まだまだだなと思った。

広告

腕を逆に曲げてみた。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中