自炊したいので富士通のScanSnap iX500を買おうと思ったら新バージョンのFI-IX500Aで、以前のバージョンと比較してAdobe Acrobat X Standard が付いてないらしい。代わりのPDF作成ツールは付いてるものの、何となく釈然としないのでとりあえずAdobe Acrobat 9 Standard と X Standardがオークションにそれなりに安く出ていたので落とした。9もXも認証は通ったけど、バンドル専用とおぼしきものでライセンス上は違反品だと思われる。ちなみ9はユーザ登録できて、Xはできなかった。

やっぱり釈然としないので、今度はAmazonで「新品」「製品版(バンドル品ではない)」とうたわれてる一番安い6,200円のAcrobat X Standardに手を出してみた。送られてきたものを見る限りバンドル品の表示は無いものの、すでに使われていると言われてユーザー登録ができなかった。ライセンスキーカードは裏向きで未開封のパッケージに入っていたのに。このキーを先に使った人はエスパーか。「新品」で出しているものがすでに使われているとか完全に詐欺なので交換したいと言ったら「次に出すものもユーザ登録できる保証が無い」とか言ってきて結局返品処理。めんどい。返品処理といっても現ナマは帰ってこずにアマゾンコインとかいう仮想通貨で返却されるので(手続すれば現金振込処理も可)、懲りもせずそれを元手に二番目に安い7,500円のAcrobat X Standardをポチッた。今度はライセンス認証もユーザ登録もできて、なおかつバンドル専用品の表示も無し。よしよし。

 

で、金曜日にAmazonを見てたら、その当日までAdobe製品20%オフとか調子の良いことやってるじゃないですか。(通常は16%オフらしい)  仕事定時後、そのままAcrobat DC Pro アップグレード版を注文完了。20%オフもきちんと効いてて17,504円。今日帰ったら届いてたので開けてみたら今回はようやくパッケージ入りのきちんとしたものが届いた。で、安心しながら箱を見たら「バンドル品」「非売品」はアップグレードできませんとか書いてあんの。何この不安な要素。どきどきしながらインストールしたら、特に滞りなく終了。ユーザ登録が必須のライセンス認証も無事パス。

ここまで25,004円をAdobe Acrobatに費やしたものの、製品版Acrobat DCProは48,200円(Amazon)で売られているのでほぼ半値で入手できたことに。そしてプライスレスの苦労とユーザ登録するまでの不安感。安くかつ確実に入手するのなら、たまに期間限定でやってる20~25%オフのセールをみつけて製品版を買うのがいちばん楽で良い気がした。

 

調べてみるとAcrobatはMS OfficeやWindowsと並んで人気のあるソフトらしくオークションだけでなく超激安であやしく売られているネットショップも。オークションで現物販売の場合はユーザ登録をしていない物を引き当てられたらラッキーだけど、オクのキーのみ販売、超激安ショップ、アマゾンプレイスなんかは非正規品と分かって売ってる場合があるのでオークションよりも危険な気がした。まあ、ユーザ登録なんかいらない、ライセンス認証さえ通れば、という人(ライセンス認証通る=正規品、では無い)はクラックや海賊版でなければいいのかもしれないけど、やってることは不正コピー品の使用。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中