SB-MIDIケーブル

今日の断捨離物。

sb-midi

SoundBlasterのジョイスティックコネクタに接続してMIDI-IN・OUTを追加するケーブル。RolandのSC-88ProPC-180なんかを接続してDTMごっこで遊んだ。レガシーISAでバカ長くてトラブルメーカーのSound Blaster 16に載っけていたWave Blasterに付属していた純正品なのでなんとなく今まで持ってたが、もう長い間使ってもいないので断捨離。(←ここで書いている製品名とキーワードで年代がバレる。)

ただの配線だけではなくて、フォトカプラが入っているらしいので、分解してみたい。でもネジ止めではなくて融着か接着されてるからカッターで切ってみた。

IMG_4942

必殺モールド固め。Optcoupler(日本ではフォトカプラて言う)のHP 1N638とセラコン221とか、トランジスタの後頭部が見える。ネットを探すと回路はいくらでも上がってるし、これ以上分解する気にならず廃棄処分。

他にも第一電波DIAMOND RH-777というこれも25年以上前の古いBNCハンディ機用144/430MHzアンテナも捨てた。現行の430MHz 1/2λのRH-771に長さや構造は近いが430MHz 1/4λ型のRH-707と同じ可倒部を持っていて結構便利だった。なぜ姉妹機種が現行なのにRH-777だけが廃番なのかがよくわからない。

マッチング部の中を見たくていろいろやったが分解できず、ヤスリで削り始めたらものすごくくさい臭いがしてきて耐え切れずあきらめた。もう製造後何十年もしてるし加熱もせずに削るだけでものすごい臭いがするプラスチックってどういう素材なんだろう。

 

 

広告

断捨離したもの、2017年秋。

捨てマイブームがいったん収束していたが、秋口からいろいろ売りまくった。去年から年始にかけて捨てたものは要らなかったもので捗ったが、今回はこれはまだ要るかもと思って残したものが中心なのでなかなか捗らない。

・PC関係
家の中で一番高性能なNUCベースのPC、遅いが一番最新のATOMなPentiumベースのPC、古いソフト、MSDNのCD数十枚、LS240なSuperDisk。

・望遠鏡関連
古い1インチ径アイピース資産、専用設計なエクステンダー。

・アマチュア無線
全捨て、廃局。残していたU/Vハンディ機、無線局免許状。

・本
20年もののプログラミング関連書籍数冊(ペゾルド本とか)。

・その他
工具類、ケーブル類、よくわからない付属品類、残していた箱、残していた数枚の音楽CD。

 

アマチュア無線を収束できたのは一つの成果だ。PC関連は今年だけでも3台ほど出入りがあったのでもっと節制しないといけない。それに、そろそろ衣類の整理にも取り掛かりたい。

 

太陽を観てみた。

ここ数日、太陽フレアでホットな太陽を望遠鏡で観てみた。

フレアを発生させた付近の黒点は数日前にウェブで見た写真よりも端に移動しているように見える。

sun170909-0950-1

写真では分かりにくいが、端にあるおかげで白斑構造がよくわかる。

sun170909-0950

 

2010年ごろは太陽活動が休止ともいわれるほど黒点数も少なくなって、「太陽終了で氷河期!?」とバカな予測立ってたけれど、11年周期の脈動は今日も正常。

 

 

新聞の広告に出ていた100倍ズーム双眼鏡

新聞の1面にある小さい広告欄に結構頻繁に出ている「格安」100倍ズーム双眼鏡セット。今回はテレマルシェ( http://shop.telemarche.co.jp/ )で、これだった。

ケンコー 100倍ズーム双眼鏡 特別3点セット
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/000000001653/003/X/page1/order/

他にもよく見かけるナシカも取り揃えている。

NASHICA/ナシカ 100倍ズーム双眼鏡 3点セット
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/000000001704/003/X/page1/order/

天体望遠鏡で有名だったミザールもある。

MIZAR/ミザール 100倍ズームコンパクト双眼鏡 7倍単眼鏡付き!
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/000000001561/003/X/page1/order/

全部三脚と低倍率の双眼鏡・単眼鏡のセット品。

このショップサイトは光学機器をメインに扱っているだけあって、脚や低倍率のスコープを付けているのは、商品の特性を十分に知ったうえでのチョイスだろう。

こういった「普通」や「超高級」、「ニッチ」な双眼鏡も扱ってたりする様子。

ペンタックス10倍双眼鏡 アーバネットMCⅡ 10×25mm 9,800円
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/003002000001/003/X/page1/order/

Kenko 防水双眼鏡 ウルトラビューOP 10×32 DH 7,980円
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/012000000046/003/X/page1/order/

シュタイナー 双眼鏡 STEINER NIGHTHUNTER XP 8×56 168,700円
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/012000000053/003/X/page2/order/

10万円超えなんて双眼鏡の世界では正直どうということもない。むしろ世の中にあまたある双眼鏡からこの商社が選んだ、逸般人向けとしか言いようのないニッチなチョイス。最高。

Vixen/ビクセン 星座観察用双眼鏡 SG2.1×42 24,000円
http://shop.telemarche.co.jp/shopdetail/000000001597/ct118/page1/order/

こんなにセンスがあるのに100倍ズーム双眼鏡を一番目立つ新聞広告に選ぶとは罪作りだな。

消費者としては100倍ズーム双眼鏡セットを10,000円ポッキリで買うよりも10倍双眼鏡を10,000円未満で買う方が圧倒的に良いことはまちがいない。それなのに良質な情報源であるべき新聞広告に載せるのはキャッチーな100倍ズーム双眼鏡セットであるあたりが悲しい。

 

マルチバンドGPアンテナを分解してみた

もう何年も使っていなかったコメット GP-93 を捨てるので分解。

144/430/1200MHzトライバンドのGPアンテナでN接栓。1.8mくらいで継ぎ手が無くて、ラジアルも短いくて、取り回しが良い。根元のコネクタ付近にあるイモネジ1本を外すとスポッと抜けた。破壊するしかなかったHA-750Bとは大違い。

▼全体像。フェーズシフタがたくさんある。頂部の2割くらいは何も入らない。
GP93 (1)

▼ベースロード部分。3バンドの構成になっていることがなんとなく分かる。L字型のヒゲが出てて、これは1200MHzのコイルかな。
GP93 (2)

▼一番下の位相器。1200MHz用と430MHz用だと大きさでだいたい分かる。
GP93 (3)

▼中央付近の位相器。144MHzのための「Cフェーズ(取説の表記)」がある。位相器と違って2段にはならないから、動作としては試験にも出る短縮コンデンサと思われる。
GP93 (4)

▼ラジアル。17cm弱と短い。ちょうど430MHzの1/4λなので144MHzでは動作してないことになる。取り付けるマストに細かい指定は無いから、144MHzはノンラジアル動作。
GP93 (5)

1本もので継ぎ手が無いからそもそも分解する必要も無くて中を見たのは今回が初めて。だいたい予想できる構造で手堅くできてる。ただしエレメント全体がほとんどフェーズシフタでできてるようなもので、対象バンド以外は他バンドの折り返しで攪乱されるだろう。1200MHzは同軸ケーブルで作ったコーリニアのが高性能かも。144MHzはラジアル無し、延長型で実効長が長いとはいえ一段動作なので多段GPよりも水平面の利得はそれほど良くもないはず。

シングルやデュアルバンドのGPより性能がいまひとつな気がするのはこの構造のせいだろうなっていうのが見てよく分かった。やっぱりマルチバンドアンテナはお手軽だけど複雑だしシングルバンドに比べて性能はそれなりだってわかった。

 

MacBook Proのキーボードに棲み憑く何か。

最新のMacBook Proはかっこいい。

だが恐ろしいことに、そのキーボードの間隙に捕らえられた見えてはいけない何かが棲み憑いていることに気づいてしまった。

よく見て。

mbpkey

見ようとすると見えない何かがそこに。

 

もっとよく見て。クリックで拡大。

mbpkey2

あー気になる。気になって仕方がない。



 

 

MBPを持っている人で、気づいてない人は知らないままが幸せかもしれない。



 

 

見えてはいけないもの、それはハーマングリッド錯視

 

キーとキーの隙間の白い部分の交わるところにホコリのような黒い影が見えたり消えたりチラチラ。一度気づくといつも気になる。気になる。時にスペースキーのまわりが気になる。気になる。

harmangrid

汚れではなくて、錯視だからどれだけ拭いたって消えない。MacBook Proを開くたびに目にすることになる。使用中にキーボードは周辺視野にあるからチラチラチラチラしてて余計に気になる。以前のMacbook Airなんかはもう少し間隔が広いし、色も黄色っぽくてそこまで強烈に出なかったけど、2016Lateのシルバーは隙間が狭くなって本体の色もより明るくなってチラチラがアップグレード。

ここまで読んで、MacBook Proを気持ちよく使えなくなったとしても知らないぞ。

工業製品デザインとかWebデザインとかそこまで興味ないんで素人だけど、目の錯覚で見苦しくなるデザインって基礎的知識として知ってて最初から排除するんじゃないのか。筐体を薄く見せかけるために錯覚を利用したデザインを取り入れているというのにね。(角が当たって持つと痛いデザインでもある。)

macosとかiosのシステムはともかくAppleのハードウェアデザインって完璧なものなのだろうと勝手に思い込んでた自分がバカでした。

さよならゲルマラジオ

断捨離メモ。いわゆるチラ裏。

ちゃんと作った初めてのラジオは捨てた。中学生のころかな、25年くらい前の作品だと思う。

img_3419

最初はごく普通のゲルマラジオ、次は倍電圧整流式、次はプラグインコイル式で短波も、場合によってはスロープ検波でFMも聞けた。最終的にホーマー1TRのデッドコピーで1石トラ検に落ち着いた。今は無いマンガン単五で軽く1年以上鳴り続けた。

最初のゲルマラジオをきちんと鳴らすのにも結構時間がかかった。クリスタルイヤホンが入手できなかったのと、当初はホーマーの2石ラジオから取り出したアンテナコイルが原因だったと思う。キット品ならともかく、集めた部品で組んだゲルマラジオが一発で鳴らなかった経験のある人もそれぞれ大したことない原因だと思うが、やってるときはそういう試行も面白かったりする。

img_3418

内部はレイアウトは考慮の余地ありで配線も1色だが込み入ってて自分ながらよく組んであると思う。十分役に立ったし、ずっと使ってないし、誰かに自慢する必要も無いので捨てることにした。

ホーマー1TRはオークションで恐縮するくらいの高値で売れたが、回路的に同一で義理の兄弟みたいなこの一点モノのラジオは誰も買ってはくれないだろうな。(現時点の出品、1TRの空箱だけでも値が付くという意味不明な状態。コレクターにならずに断捨離できてよかったわー。)

大型双眼鏡を買ってみた – ニコン 18x70IF

大型双眼鏡デビューを果たそうと思ったら完全にやられたので、ちゃんとしたものを買った。その筋では超メジャーなニコン 18×70 IF。大型双眼鏡としては70mmと小ぶり。

架台に対しても少し小さい気がする。

18x70-1

デジカメのワイド端でも入らないくらいの視野。歪曲は少しあるが写真では分かりにくいくらい。Fokus双眼鏡のワイド端の写真はズームしても視野が欠けなかったのに。

18x70-2

今は視程が良くないが、デジカメをズームしても見える細部。80倍ズーム双眼鏡などかすんで見える

18x70-3

 

大きさ・重量もほとんど変わらないのに歴然とした見えの差。18倍は高倍率過ぎるかもと思っていたがそれを感じさせないほど広々した視野と解像度。手持ちで近所の景色を見るだけでも十分楽しい。

単に見るだけの道具にどれだけの価値を見出すかという最大の課題は保留にして、難点があるとしたら最至近距離(80m)、重量(2kg)、そして価格(10万越え)くらい。あと低倍率のニコンも欲しくなること。

これで観光用双眼鏡 (20倍80mmくらい)を独り占めしたいという野望をほぼ果たすことができる。架台を含めて25万円くらいかかったから、90秒100円なら63時間も見れば元が取れるね。

ようやく晴れたのでファーストライト。光害多いが視野の中は別世界。ターゲットは経緯台の導入支援装置で楽々フレームイン。ファインダーいらず。月はよく見える。地球照の模様も。秋になって傾いた大三角の頂点はキリっと良く見える。ただジフラクションリングは見えない。視野いっぱいに広がるM31は圧巻。これがそのうち天の川銀河に衝突すると思うと胸熱。M57は高倍率で直接見たことがなければ分からないだろうな。ショボボ(´・ω・` M27も結構しっかり見える。散開星団はどれもすばらしい。時間があわず惑星は見られなかった。

秋の夜長、しばらく楽しんだ。写真も撮らない。モーター音もなし。防水で夜露も気にならない。単に見ることだけに集中できる。贅沢このうえないことだ。

 

ズーム双眼鏡を買ってみた – ビクセンFokus15-80×70

ビクセンの古いFokusブランドの双眼鏡を中古でゲット。しかも15~80倍ズーム。70mmで広角が15倍と低倍率なので、いかにもうさんくさい100倍28mmとかよりましかと考えて。これであこがれの大型双眼鏡ユーザに成れると思ったのに。

どうですか。ニコンのプロフェッショナル70mm径にも劣らない、この堂々たるたたずまい。最初に買った望遠鏡は口径70mmだった。それが二つ並んでるなんて胸熱。

fokus1

ワイド端。まあまあ見えるかな、でも視野狭い! 狭いといわれる7倍50mmよりはるかに狭い。(古い設計の7倍50mmポロって見かけ視界45度くらいで狭い。) 電線が下に凹んで見えるが弛度(垂れ下がり)によるものではなくて視野の歪曲。

fokus-w

衝撃のズーム端。見かけ視界はぐぐっと広がって像も大きくなるんですが… クリックでズーム。

fokus-t

取説にも80倍はありえない高倍率だから固定して見てねって書いてあるんですが、そういう問題じゃないです。

  • 広角側が15倍もある時点で手持ちはキツい。広角側10倍くらいならましかも。
  • 広角端の見かけ視界が一番狭い。テレ端が一番広い。広角が広くないとつまらない。
  • 眼が変になる。左右の像がきちんと合わない、合ってもズームでずれる、ピントも変わる。
  • よく見えない。解像度、コントラストが低い。中倍率~高倍率では当然暗い。

分解して調整はしたが光軸、中心軸(平行)の他にズーム機構を構成する「機械式コンピュータ」の複数あるパラメータをすべて合わせないときちんと見えないわけで、あるズームポイントでばっちりになってもズーム率を変えると二重になったり、目幅を変えると途端に合わなくなったりで結構大変なことに。結局自分しか使わない前提で目幅固定、広角~中間寄りのみで軸が合うように調整してなんとか実用(?)に。調整後は(そもそも暗いので)星も割と点像に近く見えたし色も分かりやすい気がする。でも見かけ視界がテレ端が一番広くて、ワイド端が一番狭い。ズームアイピースの構造上そうなるんだけど、これが逆なら少しは使う気も起きるかな。

ズーム双眼鏡ってズーム機能と引き換えに視野(視界、見かけ視界)、解像度、重量を犠牲にしているんだなと理解した。内部構造も分かったし双眼鏡の調整もできたけど、ふつう双眼鏡を買う人はそういうことがしたいんじゃないよ。またタイマイをドブに捨てた気がする。大体分かってたけどズーム双眼鏡は手を出したらあかんやつや、ってなった。

中古のズーム双眼鏡の10倍の値段でまともな大型双眼鏡を買った