ICF-801買ったった。

ソニーのラジオをまた買った。泣く子も黙る十和田オーディオ製ICF-801。

icf801.jpg

定価の倍近いア●ゾンのぼったくり価格だったけどまあ仕方ない。去年買っておくべきだった。回路的にはごく普通のICスーパーラジオ。

辛口レビューをするとAMの9kHzビートが気になる。スケールがICF-EX5MK2みたいにリニアじゃないからどこに合っているのかわかりにくい。感度が良い分夜間は特に良くわからない状態になる。FMもスケールがリニアじゃなくて合わせにくい。高い周波数でイメージ受信が発生する。双峰特性がおかしいのかジャストチューニングの位置から少し上側にも微妙に同調する山があって変。ビートやMPXの漏れは気にならない。AF段増幅があるためか、AMでもFMでもボリューム最小でも小さくザーというノイズがある。

これはバブル期の単体オーディオのアナログチューナーとは比較にならない(ほど悪い)。感度、選択度、S/NいずれもDSPラジオのICF-M780Nのが上だし、いくら良いとはいっても音質はポータブルラジオの域を出ないが、それでもポータブルラジオとしてのまとまり感はハンパ無い。シングルスピーカーから出るAMのアナウンサーやFMのDJの声はとても聴きやすい。音楽もあたかもその場で鳴っているような感じ。ステレオ装置から出てくる音の作り物感や装飾感とはまた真逆。ポリバリコンの寿命(推定8年程度)まで使おう。

広告

腕を逆に曲げてみた。

前に「人間の腕は逆にも曲がるのが普通」などと書いたが、ちょっと反ってるだけでも折れそう、痛そう、キモい、怖いとよく言われる猿腕、本当に折れるのか、どこまで肘が逆に曲がるものか試してみた。

↓結果。

double jointed elbow/猿腕

かなりヤバい感じになった。上が肘の内側(肘窩)、凹んでるとこが本来の肘。折れはしないが、過伸展40度くらいで外れて亜脱臼。日常的に70度くらいは逆方向にも曲げてるので80度くらいまでは何ともないが、90度近くになると痛い。関節の中でパシパシッと音がして怖い。最大95度くらい。かなり猿腕の人でも伸びきるとロックして止まる感覚があるが、それを超えると指を手の甲側に曲げるのと同じように曲がる。もはや関節柔らかいとかじゃなくて、脱臼、ぐにゃぐにゃ。

いつもこんなに曲がるわけではないし、ましてや猿腕の人が全員ここまで曲がるわけでもないので無理に試そうとしないように。そうでない人からすると信じられないと思うけど、ただの過伸展+外反肘な猿腕だと40~50度くらい、たまにいる関節外せる系の人なら超えて60~80度くらい逆に曲げるのは割と簡単にできるようになるはず。

人種による関節可動域の違い。

ごっちゃりしていたので 人間の腕は逆にも曲がるのが普通 から分離。

 

日本人を含むアジア系の人種は肘の過伸展の程度が大きい人が多いらしい。前回のエントリでは日本人がサンプルだったので、ほかの国でも同様のデータが無いか確認した。

elbow hyperextension” とか “double jointed arms” で調べてみた。

CDC アメリカ疾病予防管理センター
https://www.cdc.gov/ncbddd/jointrom/documents/normal-rom-data-description-and-sample-tables.pdf
PUBLIC USE DATASET FOR NORMAL JOINT RANGE OF MOTION Data Description and Sample Data Tables

Label                      N   Mean StdDev Median Minimum Maximum
Left elbow hyperextension  674 3.86 4.71   2.00   0.00    22.00
Right elbow hyperextension 674 3.85 4.85   2.00   0.00    22.00

アメリカではこういう状態らしい。アメリカ人でも程度の差はあってもやっぱり肘は逆に曲がるのが普通っぽい。サンプル数674、平均3.86度、標準偏差4.7度、最大22度。最小0なのと標準偏差が小さいのはマイナス側(伸びない人)を切り捨てて0としているから。男女別、世代別の平均と95%範囲は次のページで詳細に掲載されている。niteと同じような元データもある。

https://www.cdc.gov/ncbddd/jointrom/

他動可動域(Passive)なのでniteの日本人の自動可動域(Active)とは測定方法が異なるが、日本人の自動可動が30度以上だから他動可動域なら普通に考えてももっと大きくなるはずで、これだけで判断してもやっぱり日本人のほうが過伸展度合いは大きい、ような気がする。

 

 

図書カードNEXTの黒いところ

初めて知ったが、今どきの図書券は図書カードNEXTというものになっているらしい。

 

図書カードNEXT
http://www.toshocard.com/toshocard/next.html

富士通と凸版が開発に絡んでいるらしい。

図書カードが新しく「図書カードNEXT」へ
http://www.fujitsu.com/jp/group/fip/resources/news/press-releases/2016/0530.html

「QR コードには複製を防止する特殊加工が施されており、専用の読取り機のみで読取りが可能です。」

 

toshocd1

裏面。真っ黒なところに何か仕掛けがあるって、もうね、いかにも隠してますよ、っていうのが。

QRコード生成の符号化をちょっといじれば「専用の読み取り機のみで」にすることくらいたやすいのに、この真っ黒なのを施すことにより、さらに「隠してますよ」っていうアピールになるっぽい。けん制も重要なセキュリティだし。横から普通のライトで照らすだけでもうっすら見えるけど、専用の読み取り機とやらがどうやってるのかは気になった。

で、こういうものはたぶん赤外線か紫外線だろうと思って、リモコンの赤外線で照らしたらやっぱり見えた。特別な機材は無いから暗闇でデジカメの露出時間長くして、露出中にテレビのリモコンの赤外LEDで照らしまくったら映った。

toshocd2

隠したいところを 赤外線透過インキで覆ってるのね。

 

 

bailiの両刃ホルダー

中国の百利(バイリー)というメーカーの両刃カミソリホルダーを買った。百利はAmazonでも1700円くらいとまあまあ安かったのでダメもとで買ったら、これが非常に良かった。

2017 BAILI Manual Chrome Long Handle (Aliexpress)

特にグルーミングに凝っているわけでもないがカミソリレターをもらってから、高騰する替え刃商法に疑問を持ったのでいかに低コストに抑え、SchickスーパーⅡから脱却すべく他の二枚刃、一枚刃に挑んでいる。両刃を使うと完全には終われずに最後スーパーⅡを使う必要があって、貝印のゴールドステンレスだとこれ一本で終われるしコスパも十分だが、刃が交換式ではないのでゴミがかさばって邪魔。

今回買った百利とハイステンレスの組み合わせはスーパーⅡやゴールドステンレスを超えていた。箱と替え刃はチープだがハンドル本体は精度も良く重量感があって非常に良い。

 

 

個人的ランク。替え刃式はフェザーのハイステンレスを使用。

1.BAILI 今回買ったやつ ← New!!
2.Schick スーパーⅡ
2.貝印 T型ゴールドステンレス
3.日本利器工業 ニッキークラシックダブル
4.フェザー 両刃ホルダーポピュラー
圏外.Schickの使い捨て二枚刃、交換式5枚刃、貝印 KAI KⅡ、各社首振り式

これでメリケンなスーパーⅡからようやく脱出できる。ありがとう中国製!
 

替え刃は信頼の日本製を使うけど。。

二枚重ねてセットするとナイス!ていう記述がたくさんあったので試したら、一瞬でヤバさを感じて中止。フェザーやニッキーのホルダでも試したがどれもダメだった。二枚重ねには何かコツとかあるんか?

太陽を観てみた。

ここ数日、太陽フレアでホットな太陽を望遠鏡で観てみた。

フレアを発生させた付近の黒点は数日前にウェブで見た写真よりも端に移動しているように見える。

sun170909-0950-1

写真では分かりにくいが、端にあるおかげで白斑構造がよくわかる。

sun170909-0950

 

2010年ごろは太陽活動が休止ともいわれるほど黒点数も少なくなって、「太陽終了で氷河期!?」とバカな予測立ってたけれど、11年周期の脈動は今日も正常。

 

 

ソースせんべい

新お好み焼。ソース付きの駄菓子せんべい。

IMG_4312

雷屋の商品紹介
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kaminari/framepage-shouhinshoukai.htm

「ニューソースをぬって食べよう!」

好きやわー。この駄菓子感。

どの辺がニューなのかわからんのは今も変わらず、昭和時代に駄菓子屋で買ったまんまの殺し文句。当時はただのしょうゆせんべいだと思ってたけど、今賞味したら生地はキメ細かく柔らかめで、ショウガやネギが入ってて、お好み焼き味の再現性は高めだと分かった。

IMG_4314

実用新案番号 64-10991
類似品の製造及び販売は法律で禁止されています。

昭和64年の番号てことは、もう28年前ってことだし。どのあたりが実用新案なのか調べてみたけど全然出てこない。当時から類似品はいろいろあったと思うし、せんべいにソースをつけるレシピなんてもっと前からあったのでは? 実用新案の保護期間はWikipediaによると この時期は15年未満てことなんで、保護期間ははるか以前に終了してるから法律上禁止もされてないし自由。

IMG_4317-2

15年もののマウスパッドにソース落としたし。

 

猿腕とBMI

数日前に「猿腕(肘の過伸展)に男女差もヤセも関係ない」と書いた憶測の裏付けをとってみた。

人間の腕は逆にも曲がるのが普通
https://wordpress.com/post/mzex.wordpress.com/10210

細身の女子に多い!スラリとした腕の敵「猿腕」って何?
https://moteco-web.jp/diet/20139

正直なとこ猿腕=過伸展ってわけでは無いんだけど、世の中の女子がこの記事に対しては「猿腕は細身とか、そんなわけネ~ヨ」と敵意を抱いている気がする。

人間特性計測データベース
http://www.tech.nite.go.jp/human/index.html

こっから、同じようにデータをとってきてExcelでちょいちょい加工。

elbowrom2

横軸がBMI、左方向がヤセ、右方向がデーヴ。
縦軸が肘関節の伸展角度(自動可動)。中央が0度、上に行くほど肘が逆に曲がる角度が大きくなる。

一目瞭然っすね。男性は相関なし。女性は母集団から離れた左上(ヤセで過伸展)と右下(太身で伸展制限)に点在する領域がある部分も見られるが、ほぼ相関無し。厳密に見るとちょっと楕円になっている気がしなくもないが、強い相関があるとは言えない。男女とも肘は平均6度ほど逆にも曲がるもの(過伸展)なので過伸展側0~10の間が一番密になっている。0度付近ではない。

次に伸展と年齢の関係を見てみる。今度は横軸が年齢。

elbowrom3

60~70代が密集しているがサンプル数が多いだけ。それより注目すべきは60未満では年齢によらず伸展角度のばらつきがほとんど同じだというところ。確かに-方向に少し傾いてはいるが、やはり年齢と猿腕も強い相関があるとは言い切れない。キャリーアングルとBMIの相関がわかればもっと正確に推測できるはずだけどデータを見つけられず断念。

女性の60未満に伸展-5度未満の領域がほぼ無いのに対して男性は伸展-5~-10度の領域に点在している層があることのほうが興味深い。また0度以上の領域には性差が無いことから、やっぱり「猿腕は女性に多い」ではなく「伸びない男性が見られる」という表現のほうが良い気がする。

猿腕に細身・太身や年齢、性別はあまり関係ない。と思う。

小児の関節可動域について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/27/1/27_1_102/_pdf

10歳以下の子どもの他動可動域を調査した結果を見つけた。0~10歳で各年齢ごと20名程度、計403名の調査集計。

グラフから読み取ると0歳では男女ともほぼ伸展0度、10歳で男児8度、女児10度程度になっている。具体的な値や偏差は掲載されていないが平均9度の過伸展だから、大人の平均的な自動可動5~15度の過伸展と比較しても特別大きな値をとることは無いらしい。(大人も他動可動だと5~15度より大きくなるはず。)

 

 

人間の腕は逆にも曲がるのが普通

もう暑いから半袖にかえた。この時期になると結構すごい猿腕で腕を逆に曲げて遊んでるのを目撃されると気持ち悪っ、ていわれる。次のような方々と同じで猿腕。専門用語だと過伸展、反張肘、後屈とか。

長濱ねる
城恵理子
KARAヨンスン

こういうのってずっと前の小泉今日子が現役のころからあったし。でもねー、人間の肘って逆に曲がるのが普通なんですよ。曲がらん方がおかしい、とまでは言わないけど。

人間特性計測データベース
http://www.tech.nite.go.jp/human/index.html

ここから肘関節の伸展を取り出してExcelでちょいちょい加工。

elbowrom.png

0度を超えて伸展する(逆に曲がる)角度を見てみるとこんな感じ。グラフの0のところより右側の(逆に曲がる側)が明らかに多い。

  • 最頻値は男性も女性も6度。頻度2位は8度、3位は男性13度・女性12度。
  • 平均値は男性6.7度、女性8.9度。標準偏差は男性11.0度、女性10.6度。
  • 最大値は男性32度、女性37度。

解剖学的には肘関節の可動域(ROM)は伸展0~5度が正常、女性・子供では~10度は普通。15度以上が過伸展と言われるが、実際の測定値ではもっと大きくてボリュームゾーンは5~15度くらい、この範囲だと性差もあまり無い感じ。統計は20歳以上の男女の自動可動域(補助なしで動く範囲)しかないので20歳未満や他動可動域(外からの力で動かす)のデータが入るともっと過伸展すると思う。女性なら40度くらい反ってる人は複数見たし、高校男子でも60度以上反対に曲がる人がいた(彼はMarfan-Syndromeだったかもしれない)し、自然な感じで120度くらい逆に曲げられる女の子を見たこともある。

まっすぐよりも伸びない側を見ると、グラフで青い部分が多少目立つ通り男性のが多い。これはムキマッチョで伸展制限があるとかそういうのではないかな。ただ、あくまで多少多い程度で過半数の男性に伸展制限は無いか過伸展するわけだから、「女性・子供は肘が過伸展する」(=過伸展しないのは成人男性のみ) なんていうより「成人男性には肘が伸び切らない人も目立つ」くらいに言い替えた方がジェンダーがフリー。

元データから数値で過伸展する人の割合を出すとこんな感じ。カッコ内は正規分布に当てはめた場合の確率。反る反らないだけなら8割近くが反るし、過半数が5度を超える。4割以上の10~15度だと結構逆に曲がってる感は出るはずで、20度以上曲がる人はたぶん両肘の内側どうしをくっつけられる。

  • 0度以下 ・・・ 23.7% (23.5%)
  • 0度を超える ・・・ 76.3% (73.5%)
  • 5度を超える ・・・ 61.3% (60.3%)
  • 10度を超える ・・・ 41.3% (42.0%)
  • 15度を超える ・・・ 23.5% (25.4%)
  • 20度以上 ・・・ 13.2% (13.0%)
  • 30度以上 ・・・ 1.35% (2.00%)

はっきりいって肘が逆に曲がらない人は2割、5人に1人しかいない少数派15度以上反るようなすごい猿腕の持ち主も25%、4人に1人くらいで逆に曲がらない人より多いし、程度の差はあっても8割の人は腕が逆に曲がる。腕逆に曲がってるキモい、そんなに曲がるわけ無いとか言う人は自分の体が少数派だってことを思い知るがよい。

よくいう猿腕とはどういうものかは次のサイトのイラストがわかりやすい。(本文の内容は若干疑問)

細身の女子に多い!スラリとした腕の敵「猿腕」って何?
https://moteco-web.jp/diet/20139

これにキャリーアングル(外反角)と肩の回転、上腕三頭筋まわりの弛み(二の腕振り袖)が組み合わさると「曲がりすぎー」に見える場合があるっていうのが自分的な結論。キャリーアングルは女性のが大きい(生理的外反の程度が大きい)から猿腕が女性に多いというのは間違ってないが、ヤセとか筋力が無いは関係無いはず。

他の人種ではどうなのか調べてみた結果は別エントリに分離。
https://mzex.wordpress.com/2018/02/11/12344/

どこまで逆に曲がるか試してみた。
https://mzex.wordpress.com/2018/02/25/12505/