訪問営業、電話勧誘は迷惑なだけ。無くなれ。

http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/tokusho/senmon/004/shiryou/index.html

訪問営業や電話勧誘なんて軽いものから重大なものまで犯罪の温床。

普通の企業も意識するしないかかわらず詐欺まがいな迷惑行為。
犯罪組織は最初から詐欺や迷惑行為。

資金や労働力も無駄。
警察も動けば税金の無駄。

対個人は訪問、電話、ビラまき全面禁止でおK。

格安SIMと050Plusで快適スマホ生活

ようやく格安SIM(MVNO)もだいぶ浸透してきた感じ。2年ほどBICSIMのデータ専用を使ってきて、スマホ本体も替えたいしroot取るのも面倒だし、SMS対応データSIMに変更することを検討。BICSIM、イオンSIM、b-mobile、OCN、biglobe、楽天モバイル、DTI、、以下略。似たりよったりこうもまあいろいろ出てますねぇ。 月1〜3GBのものと、1〜3日間で数十〜百数十MBのものに大別できる感じ。最初からBICSIM(IIJ)かASAHI-NETに絞って比較したところ、BICSIMは付帯サービスでWi2 300の公衆WiFiが使えるのがポイントでこれに決定。たまにしか使わないものに月額いくらとか払うのもバカバカしいので、ただでさえ評判の良いIIJプロパーと同額なのにWi2 300が付いてる BICSIMを選ばない理由が無いかなと。

で、電話サービスはどうするかと。今のドコモの電話をMVNOの電話付きSIMにMNPして使うというのがありがちなのだが20円/30秒の通話料に対して無料通話分無しとか、無料通話分が無いので非常用としても高い。電話番号は変わってもいいと割りきって、NTTコミュニケーションズの050plus 324円/月を導入。これなら無料通話無しでも携帯17円/分、固定8円/分と格安。

夜、帰ったらBICSIMが到着してたので面倒な事務処理を開始。※IIJにコース変更申し込みすると安いが時間がかかるのでビックカメラで新規のSIMを購入した。

1.IIJへ開通申し込み
2.スマホへSIMを挿入してAPN設定
3.Wi2 300へ申し込み
4.050plusアプリダウンロードとサインアップ
5.ドコモ回線でしかできないファームアップを実行
6.Edy、WAON、Suica のセットアップとガラケーからの残高移行

1時間半くらいかかって寝る時間になった。でも連休に間に合ってよかった。週末ずっとスマホ使って観光のためにオンライン地図見たり、ウェブ検索したりでだいたい一日60MBくらい。この調子なら大目に見積もって1ヶ月2GBもあれば間に合うことになる。

変なキーボードたち

職場によくあるDELLのキーボードって、何か変だと思ってたら、世間的にもおかしいって思われてるんだな。

http://hamusoku.com/archives/8524656.html

買って失敗したと思わせてまた違う配列でましになったと思って買わせる作戦か?

ロジクールの左Shiftの右とZの左の間に アンダーバー(ろ) のキーがあるやつもどうしようもなく使いにくい。しかも「ろ」のキーだと思ってる場所は 「↑」 なので意味不明。買った後で気づいたので完全に負け。右の小指範囲のキーが他より小さくなってるのも、割と幅を利かせてるのでさすがに慣れてきたとはいえ、やめてほしい。人体実験か??

もしくは陰謀?

フロッピーディスクの当時物はそろそろ寿命なのか

古いFD版のソフトをいくつか入手して旧式のDOS/Vパソコンに入れて遊んでると、2HD 1.25MBであるとか1.44MBであるとかは関係なく、「新品」「未開封」でゲットしたFDですら読み取りが怪しいものがちらほら。違うFDDを使ったり、何度か試しているとなんとか読めたりとかなり危うい。

また家にあった使用済みのFDを再使用しようとフォーマットすると軒並みエラーで完了しない。10枚入るケースに入っていたマクセルのフロッピー Super RD ULTRAのなんて10枚中6枚がエラー という惨憺たる状態。ドライブ変えてもOS変えても同じ。当時は鉄板の品質だったんだけどねぇ。

オークションや一部の店で高額で売られている当時もののデッドストックはもう大半品質が保たれてないんじゃないかと思ったりする。「腐ってやがる」てレベルで。そんなの買うくらいならイメーションの並行輸入品のがまし。今のところ大半の店でまあまあ合理的な値段で売られているが、中にはすでにボッタクリ価格になってきてるところも。

当時の記録済みFDで10枚セットの うち1枚がNGでしたとか全くもってダメなので、90年代までのFD版ソフトの新規購入 はそろそろ潮時かも。

 

OSSの安全神話

オープンソースソフトウェアはプロプライエタリソフトウェアよりも安全であるというのはやっぱり神話レベルだったのか。今年はOpenSSLの問題だとか、bashの問題だとか、BIND(オープンリゾルバ)の問題だとか大きいのが出すぎ。

これらは、仕事にも影響が出たぞ。新聞にはあまり出てないけど社会的に大きな問題だな。

MEMO PAD HD7

世間の一部はiPhone6で浮かれてるけど、
あえてAsusのMeMO Pad HD7 を買ったった。

形落ちだが安くてそこそこの性能、装備も充実、
なかなか便利で良い。

何が良いかというとARM CPUでroot 化簡単。

Screenshot_2014-09-23-19-46-34

PC DOS技術解説書

久しぶりにPCDOS(MS-DOS)のテクニカルリファレンスを見たいなー、と思って、確かPC DOS J7.0/VのCD-ROMの中にヘンテコリンな形式のやつ(OS/2のヘルプ形式だったか)があったなと思って、なんとかCD-ROMのバックアップを見つけてアーカイブを取り出してVIEWコマンドをUNPACK2コマンドプロンプトでview dos7tref とかやったら、文字化け。Windows8は日本語のDOSプログラムのサポートはしていないんだった。

どうしても見たいー、のでVirtual PC 2007をセットアップして、それもサポートしてないとか言ってきて動かないので、実行ファイルを適当にリネームしたらやっと起動して、PCDOS7をセットアップして、ようやく技術解説書が見られるようになりました。

画像

めでたしめでたし。

TurboWinで動くヘルプもなかなかオツなのですのが、、、ただでさえ遅いDuronマシンがさらに遅くなるし、いろいろと超面倒なので、OADG協議会だか何だかで配布していたはずなのを思い出して久しぶりに行ってみたら、
http://www.oadg.or.jp/tech.html

「OADGテクニカルリファレンスは有料でダウンロードできます」

え、有料になったの?? 聞いてないよー。

http://n.shop.vector.co.jp/service/servlet/Catalogue.Detail.Top?ITEM_NO=SR236180

しかも結構お高い。21,000円なり。以前は無料だったのにー。
http://web.archive.org/web/20090304132300/http://www.oadg.or.jp/tosho/index.htm

「本書は完売となりました。ソフトコピー(PDF)を無料でダウンロードできます。本書を印刷し販売することは禁止いたします。」

私は以前にダウンロードして置いてあったので探してきて見られましたが、ウェブアーカイブには…以下お察しください。

画像

先週受けた一陸技(第一級陸上無線技術士)が自己採点で通りそうなので、何をやったか一応メモ。

アマチュア無線は全部取ったけど、プロ無線資格は今回が初めて。アマチュアならたかだか4種類だからコンプリートしてもたかが知れてるけど、技術士はかなり細かく分かれていて三陸特から順に取ってく意味も無いので、多分いけるだろうと思って最上位を狙ってみた。思い立ったのは去年の8月に交換主任の免許が降りた後の9月くらいで、勉強を開始したのは10月くらい。実際に気合が入ってきたのは11月、12月。1月21日、22日に試験があるが、1月はあまり身が入らなかった。

交換主任技術者による基礎と工学Aの免除があるので、必要なのは工学Bと法規。法規はアマチュア無線をしてたから割と自然に入ってきた。アマに必要な部分との違いとか意識すると分かりやすいかも。一番重要だと思ったのが遭難や非常通信に関する部分と、通信の秘密に関するところ。あと免許証の取り扱いや免許状(局免)に関する部分はアマのそれと基本同じなのでイメージしやすい。

工学Bは電力密度の式とフリスの公式さえ理解すれば芋づる式に必要な公式が導出できる。フリスの公式は要するに電力密度なので、もっと簡単に捉えると、球の面積の応用に他ならないから中学生レベルだね。W=P/(4πd^2) 。あとは利得と実効面積の関係式 A=(λ^2/4π)*G、空間のインピーダンス120πを知っていればフリスの公式とか伝送損失とか受信電力とかが出てくる。きちんと分かりたければビオ・サバールの法則から勉強すべし。

他にこれらから導出してもいいけど、覚えておくと楽できそう良いのが受信電界強度、E=√(30GP)/d を一つ。30Gが45Gや49G、その倍で90や98にする時の意味を理解しておく。ちなみに1アマは電波伝搬のうち電離層のところだけわかっていればよかった気がする。やっぱりこういうのはアマチュアらしいと思った。なおオームの法則、電圧と電力の関係、10log、20logの使い分け、ω=2πf、複素数、極限の扱いは電子系の常識ってことで、当然知ってるものとする。(爆

こういうのは大学1年次のときだったらもっと楽勝だったかも。続きはまた今度

いまさらIvyBridge

画像

ずっとほったらかしにしていたDZ77BH-55K。
やっとCore i7-3770K、Intel SSD 520、
それとCentrino Advanced-N 6205 for Desktopがそろったので
ひさびさにパソコンでも組んでみようか!

ついでにWindows 7 Ultimate、Office 2010 Proも調達。
完全に予算オーバー。

 

性能的には今のHaswellと比べてもそんなに見劣りしないはずだけど、
なんとなく、1年半前って感じ。