人間の腕は逆にも曲がるのが普通

もう暑いから半袖。この時期になると結構すごい猿腕で腕を逆に曲げて遊んでるのを目撃されると気持ち悪っ、ていわれる。次のような方々と同じで猿腕。専門用語だと過伸展、反張肘、後屈とか。

長濱ねる
城恵理子
KARAヨンスン

こういうのってずっと前の小泉今日子が現役のころからあったし。でもねー、人間の肘って逆に曲がるのが普通なんですよ。曲がらん方がおかしい、とまでは言わないけど。

人間特性計測データベース
http://www.tech.nite.go.jp/human/index.html

ここから肘関節の伸展を取り出してExcelでちょいちょい加工。

elbowrom.png

0度を超えて伸展する(逆に曲がる)角度を見てみるとこんな感じ。グラフの0のところより右側の(逆に曲がる側)が明らかに多い。

  • 最頻値は男性も女性も6度。頻度2位は8度、3位は男性13度・女性12度。
  • 平均値は男性6.7度、女性8.9度。標準偏差は男性11.0度、女性10.6度。
  • 最大値は男性32度、女性37度。

解剖学的には肘関節の可動域(ROM)は伸展0~5度が正常、女性・子供では~10度は普通。15度以上が過伸展と言われるが、実際の測定値ではもっと大きくてボリュームゾーンは5~15度くらい、この範囲だと性差もあまり無い感じ。統計は20歳以上の男女の自動可動域(自分で動かせる範囲)しかないので20歳未満や他動可動域(外からの力で動かす)のデータが入るともっと過伸展側に振れるだろう。同学年の高校男子で60度以上反対に曲がる人も見たことあるし。

まっすぐよりも伸びない側を見ると、グラフで青い部分が多少目立つ通り男性のが多い。これはムキマッチョで伸展制限があるとかそういうのではないかな。ただ、あくまで多少多い程度で過半数の男性に伸展制限は無いか過伸展するわけだから、「女性・子供は肘が過伸展する」(=過伸展しないのは成人男性のみ) なんていうより「成人男性には肘が伸び切らない人も目立つ」くらいに言い替えた方がジェンダーがフリーだと思う。

元データから数値で過伸展する人の割合を出すとこんな感じ。カッコ内は正規分布に当てはめた場合の確率。反る反らないだけなら8割近くが反るし、過半数が5度を超える。4割以上の10~15度だと結構逆に曲がってる感は出るはずで、20度以上曲がる人はたぶん両肘の内側どうしをくっつけられる。

  • 0度以下 ・・・ 23.7% (23.5%)
  • 0度を超える ・・・ 76.3% (73.5%)
  • 5度を超える ・・・ 61.3% (60.3%)
  • 10度を超える ・・・ 41.3% (42.0%)
  • 15度を超える ・・・ 23.5% (25.4%)
  • 20度以上 ・・・ 13.2% (13.0%)
  • 30度以上 ・・・ 1.35% (2.00%)

はっきりいって肘が逆に曲がらない人は2割、5人に1人しかいない少数派15度以上反るようなすごい猿腕の持ち主も25%、4人に1人くらい居るし、程度の差はあっても8割の人は腕が逆に曲がる。

腕逆に曲がってるキモい、そんなに曲がるわけ無いとか言う人は自分の体が少数派だってことを思い知るがよい。

これにキャリーアングル(外反角)と肩の回転、上腕三頭筋まわりの弛み(二の腕振り袖)が組み合わさると「曲がりすぎー」に見える場合があるっていうのが自分的な結論。キャリーアングルは女性のが大きい(生理的外反の程度が大きい)から猿腕が女性に多いというのは間違ってないと思うが、ヤセとか筋力が無いは関係無い気がする。※外反肘の程度が大きい女性だと、逆にはほとんど曲がらなくても手首が離れるほどの「猿腕」な人もいる。

細身の女子に多い!スラリとした腕の敵「猿腕」って何?
https://moteco-web.jp/diet/20139

そもそも「猿腕」ていう言葉があいまいで、いろいろな状態の人がいる。猿腕で画像検索すると、肘が逆に曲がる人(過伸展、肘の内側がくっつく)と、逆には曲がらず横にずれてる人(外反肘、肘の内側が正面を向く)、その組み合わせになってる人、前腕を捻じっているだけの人などいろいろ。自分の場合は外反は普通程度でも過伸展が70度以上なので肘の内側どうしがくっついた状態で手首は肩幅まで離れる。「猿腕」の状態を「猿手」と表現していることもよく見かけるが、医学用語としての猿手ではない。いずれにしても人間の腕は5~10度外反してるのが正常だし、伸展も5~10度は普通だから、やっぱり腕が曲がってない、まっすぐにしかならない方が少数派。

調べていくと日本人を含むアジア系の人種は肘の過伸展の程度が大きい人が多い様子。”elbow hyperextension” とか “double jointed arms” で調べてみた。

CDC アメリカ疾病予防管理センター
https://www.cdc.gov/ncbddd/jointrom/documents/normal-rom-data-description-and-sample-tables.pdf
PUBLIC USE DATASET FOR NORMAL JOINT RANGE OF MOTION Data Description and Sample Data Tables

Label                      N   Mean StdDev Median Minimum Maximum
Left elbow hyperextension  674 3.86 4.71   2.00   0.00    22.00
Right elbow hyperextension 674 3.85 4.85   2.00   0.00    22.00

アメリカではこういう状態らしい。アメリカ人でも程度の差はあってもやっぱり肘は逆に曲がるのが普通っぽい。サンプル数674、平均3.86度、標準偏差4.7度、最大22度。最小0なのと標準偏差が小さいのはマイナス側(伸びない人)を切り捨てて0としているから。男女別、世代別の平均と95%範囲は次のページで詳細に掲載されている。niteと同じような元データもある。

https://www.cdc.gov/ncbddd/jointrom/

他動可動域(Passive)なのでniteの日本人の自動可動域(Active)とは測定方法が異なるが、これだけで判断してもやっぱり日本人のほうが過伸展度合いは大きい。

 

広告

コミケでNHKが宣伝やってる。無駄遣いじゃないの。

NHK“薄い本”2度目も変わらぬ人気ぶり 3時間で配布数量残り半分に
http://news.livedoor.com/article/detail/11010012/

無償で配布ってことは、皆様からの受信料を使ったってことでしょ。コミケなんて興味ないし、NHKの受信料は家族で払ってるし、関係ないところに金つぎ込んでるとかむかつくわー。NHKなんてニュースと速報はインフラなので基本無料にして、特定層向けの教育番組とかNHK出版連動の教養番組とか、ガキ・オタク向けアニメとかジジババ向け娯楽番組とか海外向けは月額有料かペイパービューで提供すべきだと強く思う。スカパーもアクトビラもやってるし、つぶれそうだったWOWOWですらNHKが開発に携わってるはずのB-CAS使ってやってるのに、NHKにできないわけがない。怠慢このうえない。

ニュースも通信社から仕入れて読んでるだけでいいし、FMとかBSとかそもそも要らんし。TVも一波にしてB-CASでガチガチに視聴制御、それとラジオもAM一波にして、短波のラジオジャパンはNHKから切り離して総務省か外務省直営の国営にしろって感じ。

bchunkをWindowsで使えるようにする (bin+cue→wav変換)

先日から音楽CDをbin+cueファイルにイメージ化して現物を捨てる整理法を実行しているわけですが、bin+cue形式って割と扱いにくいんですよね。理想的にはbin+cueを複数曲が入ったデータとして直接再生できるプレーヤーとか無いし、ほかのソフトでも使いたいのでbin+cueから直接トラックごとのwavファイルが抽出できればそれでいい。

結構前からDAEMON Toolsという仮想ドライブソフトを使えばBIN+CUEを直接マウントして使えることは分かってるんだけど、いつの間にかアドウェア付きになってたり、そもそもいつまでサポートがあるか分からないしLinuxでは使えないしOSSでも無いのでこれだけに頼りたくない。Daemon Tools自体は使い勝手も良いし、プロテクト付きディスクのエミュレーションとかあって何かと有用なのは間違いないのだが。

ドライバを入れたりせず、もっとシンプルにbin+cueをwavなりisoに分解するには、Linuxだとbchunkというソフトがあって、Debianだとapt-getですぐ使える。で、Windowsでも使えないかと思って探したらokwaveでまさに同じようなことを考える先人を見つけた。

http://okwave.jp/qa/q3629100/a11028949.html

Q:bin+cueをbchunkでISOに変換したいのですが、bchunkのダウンロードの仕方がわかりません。

A:ちゃんと対応 OS とか書いてあるんだから読もうよ. それはあなたのシステムでは使えません. 別のものを探してください.Img Burn とかあるみたいね. シェアウェアかもしれんけど.

ImgBurnはフリーソフトだよちゃんと書いてあるんだから読もうよと ツッコミたくなるナイスなベストアンサー。とりあえずbchunkのWin32バイナリは無いと理解した。ありがとうokwaveの方々。あきらめてWindowsでbchunkをビルド。手元のパソコンにはVisual Studio 2010 Expressが入っていたのでそのまま使った。mingwとかcygwinのが変更は少なくて良いと思うが入れたくなかったので。

→ここで作ったバイナリとソースは掲載しました。

以下はソース改変&コンパイルのレシピ。バイナリだけ使えればいいっていう場合は読まなくていいです。

1.http://he.fi/bchunk/ から bchunk-1.2.0.tar.gz をダウンロード。適当に展開して作業開始。

.
2.strcasecmpの定義を追加。bchunk.c の編集前26行目付近に追加する。

#ifdef _MSC_VER
//not #if defined(_WIN32) || defined(_WIN64) because we have strncasecmp in mingw
#define strncasecmp _strnicmp
#define strcasecmp _stricmp
#endif

出典 http://stackoverflow.com/questions/3694723/error-c3861-strcasecmp-identifier-not-found-in-visual-studio-2008

.
3.unistd.h を追加。出典 http://d.hatena.ne.jp/deraw/20070517/1179334643 から unistd.h をもらってきて105行目を変更。

ft.dwHighDateTime = (DWORD)ll >>32;

ft.dwHighDateTime = ((__int64)(DWORD)ll) >>32;

そしてbchunk.c の編集前25行目付近のunistd.hのインクルードパスを変更。

#include <unistd.h>

#include “unistd.h”

→このunistd.hはライセンス不明なので使わないようにしました。必要なのはhtonsとhtonlだけなので次の二行を追加するだけです。

#pragma comment( lib, “ws2_32” )
#include <winsock2.h>

.
4.getoptを追加。出典 http://takamints.hatenablog.jp/entry/2015/04/27/231454 から getopt.h、getopt.c をもらってきて、bchunk.c の編集前26行目付近に追加する。

#include “getopt.h”

.
5.inttypeを削除。bchunk.c の編集前60、61行目付近を削除(コメントアウト)する。

//#include <inttypes.h>
//#include <netinet/in.h>

.
6.stdint.hを追加。出典 http://stackoverflow.com/questions/5657825/whats-the-equivalent-of-int32-t-in-visual-c

bchunk.c の編集前25行目付近をに追加。

#include <stdint.h>
.
7.BINファイルのオープンモードを変更。bchunk.c の編集前402行目付近を変更。

if (!((binf = fopen(binfile, “r”)))) {

if (!((binf = fopen(binfile, “rb”)))) {

.
8.出力ファイルのオープンモードを変更。bchunk.c の編集前282行目付近を変更。

if (!(f = fopen(fname, “w”))) {

if (!(f = fopen(fname, “wb”))) {

.
9.コンパイル。メイクファイルの変更は面倒なのでコンパイラドライバCLで直接ビルド。bchunk.exe が出来上がったら成功。

cl bchunk.c getopt.c

.
10.試してみる。

chunk -w image.bin image.cue track

でtrack*.wav がたくさん出てきたら再生してみる。

.
できたwavをNeroでリッピングしたwavと比較すると先頭に1ワードの余分(0000H)が出るのと、末尾付近にNeroが付けた変なチャンク部分が異なるけど、それ以外のデータはバイナリ一致したのでたぶん大丈夫だと思う。これでbin+cueもさくっとwavに変換して聞くことができる。知恵を貸してくださったインターネッツの先人の方々に感謝ですね。 めでたしめでたし。

wavとisoができることは確認したけどそれ以外の検証はちゃんとしてないので試すときは自己責任で。

オリジナルの作者ではないですが、bchunk v1.2.1がリリースされました。待望のWindowsサポートが! … て一部取り込まれとるやないかい!! ええのんか。getoptはMITライセンスやからともかく、strcasecmpとかunistd.hはライセンス不明やし。。

https://github.com/extramaster/bchunk

→自分のエントリに起因がないわけでもないんでOSSライセンスのみで再構成したものにMIMEエンコードしたアーカイブ公開の中身を差し替えました。

MD、HiMDの資産を引き継ぐにはFLAC? WAV?

MD、HiMDの録音データをせっせこせっせこPCに移している途中で、 今後のフォーマットについて考えていた。MP3、AACは最初から却下なので、 結論としてFLACなのだが、、

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1302521688/

PCM(WAV)最強なんていわれちゃってますねぇ。 FLAC結局半分にしかならないんだから。再生時の負荷が、ノイズが、とか言ってるけど、PCMのWAVってそもそも誤り検出・訂正機能が無いんですよねぇ。FLACならストリーミング再生も考慮されているのでエラー検出くらいはある。WAV最強な人って、LSBで1ビットのエラーが発生していても聞き分けられるんかしらん。PCMのLSBにステガノ風に任意のデータを埋め込むツール作ったけど、埋め込んでても聞く分にはまあわからんかった。wavをzip圧縮しておいて展開して聞くという手間を考えるならFLAC対応プレーヤでさくっと聞く方がよかろう。。

あ、ALACとかはAppleもiTunesも嫌いなんで。

FLACより遅く出てるのに、現時点で、
FLACより圧縮速度が遅くて、
FLACより圧縮率が低くて、
FLACより対応アプリが少なくて、
FLACより、まあいいです。

いずれにしてもWMA Lossless同様却下。
どうしても必要があればFLAC→wav逆変換の後になんとでもなる。

MD、HiMDの資産を引き継ぐ

うちにはMDの類はもともとあまり無いのだけど、それでも演奏会の録音用に使っていたMZ-RH10があるので生録HiMDが数十枚。HiMD本体も表示が激暗でだいぶキてるし、あわせて使っていたAIWAのマイクもだいぶヨレてきてるのかノイズも多いくて高域も落ちているようなのでMD、HiMDの資産自体を廃棄の方向で。世間的にMDはレンタルCDのコピー先という位置付けなので、「断捨離してもどうしても欲しいものはダウンロード販売できるし。」なんて気楽に言ってくれるじゃない。だがしかしマイク録音の資産はCDトラックを編集して、はいマイベストMD。って程度の気軽さでできるものじゃないんすよ。。

で、そこは壊れかけのHiMD。SonicStageなんていつの間にかディスコンになっててWin7、8では動かない。体験型・統合型アプリケーションx-アプリという(体験型って何なのか意味不明。) SonicStageの後がまを使って、せっせこせっせこ転送中。

HiMDをUSBで転送中

今やSonicStageはダウンロードもできない。http://www.sony.jp/support/pa_common/download/ss_dl_01.html

体験型・統合アプリケーション「x-アプリ」は64ビットにも対応。やったね。
http://www.sony.jp/walkman/software/music/index.html

x-アプリのインストールはSonicStageのように追加ダウンロードもしないし、変なドライバを追加で入れる必要も無く、あっさりしててなかなか良い。SCMSで保護されてそうな、CDからデジタルコピーしたMDの楽曲もあっさりwavに変換してくれた。ソニーの最後の良心かな。ただ残念だが、いくらアプリの使い勝手を向上させたところで所詮は独自規格。データの使い勝手が良くならなければこれ以上の依存は不要。手持ちのMD、HiMDの内容をFLACにコンバート完了したら、x-アプリには変換前の.omaデータとともに消えてもらうのだ。

 

「大人の科学」とがっかり感

学研から出版されている「大人の科学」という付録メインの書籍があります。
 
一度「テルミン」の号を買ったのだけど何このがっかり感。
所詮万人向けの付録とはいえ組み立てもネジを数本止めるだけ。「ものづくり」の雰囲気なんてありません。
他の号も立ち読みはしたけれど特に「望遠鏡」の号は買ったら最大級のがっかり感が味わえたことでしょう。
毎回なかなかおもしろいコンセプトで出してくるので興味はあるけれど、このがっかり感はいやだな。
 
書籍本体もあまりつっこんでは書かれておらず「○年の科学」テイスト。
「子供の科学」で育った人にはちょっと物足りないかな。
 
学研のふろくはこのひと月もつかどうかのあやうさとはかなさを楽しむためのものものだからこれでいいの
かもしれないけれど、ちょっと高望みしすぎか。