イタリア製カミソリスタンド

シック クラシック ダブル エッジ メタル ホルダー(両刃カミソリ)の紹介写真に出ているスタンド、なんかいい感じだったので探したところ、同じくアマゾンで「万能型イタリア製カミソリスタンド」として売られていてポチッた。

関連:bailiの両刃ホルダー

スタンドは株式会社カミソリ倶楽部という商社が扱っているもので、この会社はプロモーションでシックと組んでいるらしい。だから紹介写真の小物もここで扱っているもの。

アマゾンのレビューではコメント付きが唯一件、「高いだけ。形だけ。」と辛辣な意見で★1。確かに太い針金でできたスタンドが3,000円くらいというのは高いと思う。でもイタリア製なんですよと。

材質はよくわからないが金属製で重量感はある。

メーカーの広告サイトに「飾ると映える」て書いてあったから飾ってみた。映えるとかそういう感覚は無いが、刃物を飾るということ自体に抵抗がある。

立ててみるとガタつきが無くて安定している。底の部分が削ってあってガタが全くない。受け皿の部分も若干削れている。

支える部分の溶接が非常にきれいで滑らかな仕上がりになっている。手触りも良い。

底の部分の輪っかが微妙にずれているとか、受け皿と支えの棒の中心が出てないとかそういういい加減なところを見ると手作りなのだろう。目につく部分は奇麗に仕上げられている。

お気に入りのバイリー製カミソリもきちんと収まる。

ヘッドの部分を引っかけてぶら下げるタイプのスタンドが多いが、このように皿で支えるタイプのほうが安定感があって良い。皿の部分は板のプレスではなく、鋳物か切削か値段なりの手間はかかっているように見える。

最近、トリアを数回使ったら正直スタンドどころか、カミソリ自体何でもいい感じになってきた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中