FT-818NDが届く。

去年の晩秋に注文していたFT-818NDが突然着弾した。支払いは注文時に済んでいるから今年の無駄遣いではない。

SSBのコリンズフィルターも装着済み。

オールバンドオールモードポータブル機のジャンルでは最初のFT-817の後継機で中身の構成は2000年当時とさほど変わらない。817の登場時はFT-?90mk2を含むすべてのポータブル機を過去のものにしたが、2022年現行のアマチュア無線機として818の時代遅れ感は否めない。個人的にはヤエス最後のアナログ機ってことで性能や機能は別にしても廃版になる前に手に入れておきたかった。

どこもかしこも予約受付ばかりだったのが、先月くらいからアマゾンでも在庫になってたりする。2022年4月10日午後の最安値は電化パーツで1点在庫有り69,850円。

YAESU FT-818ND (HF/50/144/430MHz帯)オールモードトランシーバー
https://amzn.to/3reAKtv

他にもアマゾン出店で見ると中部特機産業、阪奈電子でも在庫有りになってるから今ならすぐ手に入る。少し値段上がってるけど、半年たされるよりは良い。

レビューや使いこなしは山ほど出ているから敢えて書く必要も無いかな。敢えて書くとしたら、受信に限ってもIC-R8600のほうが楽にチューニングできて音も良い。操作感もアリンコのDX-SR9のほうが上。当たり前だけど、どこでもオールバンドオールモードで使えるポータブル機という枠組みでこそ生きてくる機械。コンセプトに間違いは無いから八重洲無線はヤエス最新のテクノロジーか、もしくは中国製格安SDR機のOEM/ODM調達で刷新してほしい。

ネットの前情報で分からなかったことが一つ分かった。オプションの専用ケース CSC-83はストラップの肩当ての端にマイクホルダーが有る。取説にはきちんと載ってるんだけど、アマゾンのレビューにマイク用ポケットが欲しいって書いてあって、取り付けるとこ無いんかと思ってた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中