鍵が無い。

棚とロッカーの鍵が見つからなかったので代用品で開けることにした。

小学生の4年か5年くらいの時に同じクラスの人が「鍵なんか粘土かテープで型とって、それに合わせてアルミ缶切ったもので開く」って言ってて、実際に大学の時の下宿部屋の合鍵をプラの下敷きで作ったことがあるけど、今回は元になる鍵が無い。

どちらもよくあるシリンダー錠で、片方は同型の番号違いがあったから簡単だった(手段1)。もうひとつは同型の番号違いが無いので、どろぼうプロっぽいやり方を使う必要があった(手段2)。いずれも開錠まで30秒とかからないし、跡も残らない。

鍵が見つからないときの鍵のあけ方。

方法1.同型の番号違いがある場合。
1.番号違いの鍵を差し込む。
2.鍵が開く方向に力(テンション)を加える。
3.鍵を素早く抜き挿しする。何度も。ただし完全に抜かず 2で加えているテンションが途切れないように。
4.そのうち鍵が回る。(3の動作で鍵が抜けるところで回る)

方法2.同型の鍵も無い場合。
1.精密ドライバーを二本用意する。1本は鍵穴の幅より細いもの、もう1本は鍵穴の幅より太いもの。
2.太いドライバーで鍵穴を開く方向に力(テンション)を加える。斜めに挿してテコが働くようにすると良い。
3.そのまま細いドライバーで鍵の山があるほうの金具(押すとバネで動く)を奥から順に弾いていく。ジャッ、ジャッという感じで素早く、差し込んで引く、を何度も。
4.そのうち鍵が回る。


方法2は正統なピッキングで、シリンダー錠を壊したことがあればそんなのは教えられなくても分かるだろ、って床屋のおっさんが言っていたのを覚えているが、今では鍵屋のサイトにも紹介されてる。

緊急時にピッキングで鍵を開ける方法 – 鍵のかけつけ本舗
https://kagi-lt.jp/recommend/detail/4629/

上のサイトは道具の加工のしかたまで説明されてる。他にも動画もいくらでも出てくる。時代だなって思った。こんなんで開けられるような鍵は日記帳の鍵と同じくらいのセキュリティだと思っておくほうが良い。

方法1はバンピングに近いが、たぶん一般的ではない。会社なんかにある雑な感じの集合ロッカーはこの方法で数分とかからずに開けられる可能性が高い。まあ会社のロッカーの鍵は総務で合鍵が管理されてるはず(たぶん)で、鍵が無くなって破壊する以外にアクセス方法が失われるなんてことは普通はない。会社のロッカーに秘密を隠しておくようなことはしないほうが身のためだなって思った。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中