DX-SR9の改造後の送信範囲。

アルインコのDX-SR9。送信範囲を広げる改造方法が存在するが、結論を言うとCB帯ロックがかかっていて完全なゼネカバ送信にはならない。違法CB用に使おうとしないように。

アルインコDXSR8Jの送信改造(ゼネカバ)方法を教えてください。- Yahoo知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11171324786

回答ではDX-SR9にも言及してて写真もあげている。画像はYouTubeのキャプチャっぽい。YouTubeではSR9、SR8ともにCB帯送信改造の動画が上がっていて、どちらも基板のパッドA、Bをショート。

Alinco DX SR9 MARS mod TX unlock for CB operation
https://www.youtube.com/watch?v=MiD04ISVo4k

ALINCO DX-SR8、MARS MODIFICATION(GENERAL -TX)
https://www.youtube.com/watch?v=EkJzEPXXqNA

動画をよく見ると27.55482MHz、27.555MHzで送信できることを見せていて、ヤフー知恵袋の質問者が補足している「26,965~27,415MHzがどうしても[OFF]です。」という範囲の外で試している。この改造方法でも26.965MHz以上~27.415MHz未満は送信不可。ヤフー知恵袋の回答者、現物は確認してないんだろうなって思った。ヤフオクでSR9を売り飛ばそうとしている人はきちんと送信範囲を確認している。

ALINCO DX-SR9 – ヤフオク!
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o1009271584
送信出力は概ね、約90W弱を確認しました(未校正のSWR計・ダミーロード測定)/ ゼネカバ送信改造済みです…ただ残念ながらCBバンド帯(26.965~27.415MHz間)は送信しません。」オークションID q1028412222、即決価格33,000円、入札件数 1。

DX-SR9M(50W)機を買って、100W化済みのうえにゼネカバ送信改造済み。言うことないね! この値段なら追加用にもう一台欲しかった。

商品写真は27.500MHzで送信デモ


アナログな無線機を調達したい。
https://mzex.wordpress.com/2021/10/02/18800/

調べた値の再掲。
NG 0.135MHz- 1.59999MHz
TX 1.600MHz-26.69499MHz
NG 26.965MHz-27.41499MHz
TX 27.415MHz-29.99999MHz

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中