ATUのエレメント長を再検討する。

送信で効果的に使えるロングワイヤーアンテナとして、ATUにつなぐエレメントとラジアルの考証から得られた推定をもとに、実際に使える長さを求めてみる。

エクセルで求めた各型式のワイヤー長さ。波長短縮率0.95で計算したもの。右半分は1/2λの禁忌系列。左半分のうち1/4λ、3/4λはラジアル必要、5/8λ、9/8λはラジアル不要(補助的に共振しない、あるいは短いラジアルは要るかも)

値の色分けは20m以下の長さによる

ここから使えそうな組み合わせを拾い出す。色が似たものを組み合わせていくと見えてくる。次のような組み合わせが見つかった。

28MHz(5/8λ)+50MHz(9/8λ) 6.36~6.00m ※2.5m、1.4mラジアルは使用不可
10MHz(1/4λ)+28MHz(1/4λ)+24MHz(5/8λ) 7.1m ※7m+7.5mラジアル必要、2.8mラジアルは使用不可、18MHz不可の可能性
_7MHz(1/4λ)+21MHz(3/4λ) 10.18~9.90m ※10mラジアル必要、14MHz+28MHz不可
14MHz(3/4λ)+21MHz(9/8λ) 15.27~14.90m ※15mラジアル必要、3.3m、10mラジアルは使用不可、28MHz(3/2λ)不可
14MHz(5/8λ)+24MHz(9/8λ) 12.8m ※5m、2.8mラジアルは使用不可
10MHz(5/8λ)+18MHz(9/8λ) 17.6m ※7m、3.9mラジアルは使用不可、24MHz(3/2λ)不可の可能性

※5/8λ、9/8λ動作の場合、1/4λ、3/4λ…に対応する長さのラジアルは使用不可。
※サブで出るバンドは1/4λ系列のラジアルを接続して対応させる。
※細かく検証したわけではないのと、10cmオーダーの差はあまり考えてない。見落としはあると思う。
※波長短縮率を0.95で出しているが0.93~0.97くらいで環境により差があるし、ATU内部の配線長も加味すると実際のエレメントワイヤーの長さは表とは異なってくる。ATUがなんとかするので細かい調整はあまり要らないが、禁忌の長さになる周波数は把握しておく。

欲張って全部のバンドで使えるようにしないで、使いたいバンドで効率よく使えるかと、1/2λ×Nで使えないところを見る。最も手ごろなのは6.3mと12.8mか。6mや12mっていうのはATUを使うときの割とよく使われる(どのバンドも出られる)長さとして知られているけど、電圧給電になる動作で繋いではいけない長さのラジアルがあることが分かった。

6mのワイヤーに2.5m+1.5mのラジアルを組み合わせたとき、28MHz帯でマッチングがとれないところが部分的にあったが、電圧給電になっていたのが原因なのかも。ネットの書き込みでも6mワイヤーで28/50MHzのマッチングがとれなくてアースを外したら改善したとかいうのを見かけた。やみくもにATUは出たい周波数の1/4λラジアルでアース、というのは思い込みかもしれない。

ATUのエレメント長を再検討する。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: の回想録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中