無線機にメモリーしてある特小をスキャンしていたら、普段聞かない内容の交信が聞こえてきた。電池がすぐ切れたから受信機に変更する。

UHF-CBオンエアミーティングというものを松阪市の掘坂山でやっているらしい。パイルアップをキー局が捌いている。スケジュールQSOの形態とはいえ、アマチュア無線のCQ430FMではここまでのをあまり聞かない。フリラーというものを生で聞いたのは初めて。今は特小機をすべて処分しててチェックインはできず。特小は思いのほか良く飛ぶらしいが、堀坂山からここまでは20キロくらい離れたところに10mWの特小でよく入ってくるものだ。感心すると同時に仕事で使っているところにも一方的に入感するわけでこの少ないチャンネル数でやるとなると相当気を遣うだろうなとも思った。

調べている途中でCBLっていう用語を初めて見た。探しても語源が分からない。短波放送を受信することのBCLをもじってCBLってことなんだろう。たぶん。

SWL : Short Wave Listener 主にアマチュア無線の交信を受信すること。
BCL : Broadcasting Listener 主に海外の短波放送を聞くこと。
CBL : Citizen Band radio Listener ??? フリーライセンス無線の交信を受信すること ???

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中