米国ではOffice 2019永続版がすでに発売中。

参考:
Office 2019 の発売日を推測してみる。

買い切りOffice 2019 (VL版)を使ってみた。

Office 2019の記事を確認しているとOffice 2019永続版のパッケージ版を買いたい人が一定数居るのだろうと推測できる。日本ではまだ2016しか売られていないが、すでに米国ではOffice 2019永続ライセンス版を買えるようだ。マイクロソフトが誇る最新のクラウド技術Azureで米西部に仮想マシンをデプロイしてウィンドウショッピングしてみた。

▼日本のMS Storeでは永続版Officeは2016HomeとPro。
office2019azureJP

▼米国のMS StoreではOffice 2019が売られている。画面外にはHome&Studentの選択肢がある。
office2019azureUS1

▼カートに入れてみた。このまま決済できそう。
office2019azureUS2

ただし米国でもProfessional版は売られていない様子。

▼MS Storeでは選択肢に無かったProfessionalはAmazonアメリカでもUnabailableになっている。
office2019azureAmazon

Home&Businessだったら買えそうだけど、もうVL版使い始めてるし、リージョンチェックで認証が面倒かもしれんとか、それ試すために買うにはちょっと無駄やわーと思って買わなかった。

広告

Office 2019を買いに西海岸へ行ってみる。(本当は行かないし買わない)” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中