買い切りOffice 2019 (VL版)を使ってみた。

Office Professional Plus 2019をさっそく使ってみた。まだ日本では※個人向け(FPP版)が出ていないのでボリュームライセンス版の話。SAのアップグレード権で即日入手。この日のためにただでさえお高いOffice Pro Plusに3万円オンしてSAを契約したのだ。

※1【朗報】一般向けの永続版Office2019が2019年1月22日に日本で発売開始!!

※2【注意】Office 2019のVL版やProPlusを格安で手に入れる方法とか、不正に無料で使う方法とか、そういう情報ではございません。

※3【悲報】我が国の自宅使用プログラム(HUP)は1月22日現在2016のまま。Office大好き日本はこのまま見捨てられるのか?! → HUPにも2019登場! だがしかし… 

VLSCからダウンロードして…と言いたいところだが、Office 2019ではその必要がない。VLSCで必要なのはキーを確認することだけ。

1.Office展開ツールをダウンロード。

Office Deployment Tool (ODT)
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

VLSCでもODTは配布されている。インストーラのファイル名は異なるが中身は同じもの。

2.ODTインストーラを実行して適当なフォルダを指定し、setup.exe(ODT本体)と設定ファイルの雛形(.xml)をそこに展開する。

ODT自体の使い方は次を参照。
導入 Office 2019 (IT プロフェッショナル向け)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/DeployOffice/office2019/deploy

3.コマンドプロンプト(可能なら管理者で実行)を開き、ODTを展開したフォルダにchdir(移動)して、設定ファイル(configuration-Office365-x64.xml)を編集する。ファイル名は何でも良いが雛形を直接編集した。

configuration-Office365-x64.xmlの内容

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="PerpetualVL2019">
    <Product ID="ProPlus2019Volume">
      <Language ID="ja-jp" />
    </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI All="True" />
</Configuration>

※編集時に消えてしまうので半角のは全角の<>に置換。

リンク先の説明がそもそもよく分からないが、Product ID=”ProPlus2019Volume”とChannel=”PerpetualVL2019″ を指定するところがポイント。RemoveMSIは指定しなくても良いが、その場合は先に手動で旧バージョンを削除すること。OfficeClientEdition=”64″を32にすると32ビット版になるかも。未確認。

4.ダウンロードする。次のスイッチと設定ファイルを指定してsetup.exeを実行。寡黙にダウンロードが始まる。20分程度で終わった。

setup.exe /download configuration-Office365-x64.xml

5.セットアップする。次のスイッチと設定ファイルを指定してsetupを実行。

setup.exe /configure configuration-Office365-x64.xml

officeDeploy1

6.セットアップが無事完了するまで見届ける。

思ったより時間がかかった。

officeDeploy2

設定ファイルでRemoveMSI All=”True”を指定せず実行したときにMSI版の旧バージョンが存在するとエラーで進まない。逆にRemoveMSI All=”True”を指定して実行したときにMSI版の旧バージョンが存在するといつまで経ってもセットアップが途中から進まなかったので途中でPCを再起動してやりなおすハメに。(再起動後、セットアップ前に確認すると旧MSI版が削除されていたのでセットアップが途中でおかしくなったと思われる。)

7.ライセンス認証を行う。

設定ファイルのPIDKEYでMAKキーを指定しなかったので手動でライセンス認証を行う。

ExcelでもWordでも適当に開いて、ファイル→アカウント→プロダクトキーの変更 で最初に控えたMAKキーを入力し、指示に従う。

officeDeploy4 officeDeploy5

※勘のいい人は気づくが、ライセンス認証を行わなくても数日は使えるのでOffice2019のVL版がどういうものか試したいだけなら7以外の手順を行えばお試しできる。(Office2019のVL版をなんとかして使いたい人がいるようなので追記。)

以上。

正直、めんどい。2016までのVLSCでISOダウンロード→MSI版インストール→ライセンス認証 のが分かりやすい。

その後まもなく、VLSCからOffice 2007がダウンロードできなくなりました。Office 2007はなんとか確保済みなので1ライセンスのL+SAでN-4まで確保できた。もうオンプレのOfficeは要らないかな。

広告

UbuntuのミニマルなスティックPCでWindowsが動くか。

最小構成のスティックPCでWindowsが動くか。

eMMCのPCは二度と買わないと心に誓ったのに、再び手を出してしまった。しかも二台も。断捨離のリバウンド。いわゆるゴミ。

同じに見えるがUbuntu版STCK1A8LFCとWindows8.1版STCK1A32WFC。
stck

裏のラベルがなぜか結構違う。
stck1809-2

Windows10でときどきある大型アップデートが面倒なので大型アップデートがかからずに当分使えるWin8.1でそれ以外は使わないセキュアな独立環境が欲しかったのが動機。Ubuntu版はプレインのUbuntuがどういうものか知りたいのと、くだらない理由でLinuxの環境を使いたいときがたまにあるし、障壁を超えてどこでもインターネット(≠IoT)するための「秘密のメディコンサーバ」を構築したいという不純な動機もある。

少し古めのスティックPC、インテルのSTCK1A32WFCをWin8.1/UbuntuのデュアルブートにするためのUbuntu元になった同じシリーズのUbuntu版STCK1A8LFC。一応x86のIAアーキのストレージ8GBメモリ1GBというミニマル構成でWindowsの要件を満たさずにUbuntuが入っているが、これでWindowsが動かないか試してみた。

・Windows 10 64bit版(64ビットUEFI)
ブートするがACPI_BIOS_ERRORでBSOD。
https://communities.intel.com/thread/104199 →スレ主や私がインストールしようとしているのはSTK2MV64CCみたいなパワフルなマシンではないんだよ、Dtaibi。

・Windows 10 32bit版(32ビットUEFI)
ブートするがメモリ不足でラムディスクが作れないと出てBSOD。

UEFIブートはできるがWindows 10は64/32bitともPE環境が起動できずにインストール不可。

Win10は諦めてWindwos8で試す。Windows8.1はインストーラを用意するのが面倒だったから試してないが基本的には同じと思われる。

stck8win8-1.png

この通り空き容量が非常にきびしいが動かなくもない。ページングファイルを100~50MBくらいにすると多少空き容量を確保できた。

インストール手順

1.USBメモリをFAT32で初期化。
2.Windows8 32ビット版DVD-ROMの中身をまるごとUSBメモリにコピー。
3.Compute StickのBIOS設定でOSをUbuntuからWindows8.1/10に変更。(32ビットUEFIにする)
4.起動時F10押下でUSBメモリを選択。(UEFIの起動ファイル/EFI/BOOT/BOOTIA32.EFIがあるとメニューに出てくる。)
5.インストール開始。30分くらいでインストールできる。

DVDの中身をUSBメモリにコピーするのは、DVDのUEFI起動ができなかったから。ドライバ類設定はとにかく、Windows Updateは地獄になるのが目に見えているからやらなかった。とりあえずComputeStick STCK1A8LFCでWindowsは動く!!

microSDにインストールできると良いのだがインストーラではリムーバブルドライブは選択できないようで残念。やっぱりこの機種はmicroSDにLinuxを入れて使うのが良いのだろう。→ちなみにプレインのUbuntu LTS 14.04で何も変更せずに更新だけをかけるとストレージの容量不足で失敗するし、Ubuntu LTS 16.04だとWin8以上にカックカクでデスクトップが出ても即フリーズだからディストリ探しの長い旅が必要。

結局両方ともドナドナ済み。やっぱりほとんど使わないし、更新の管理が面倒だし、Ubuntuもストレージ不足でまともに更新できないし、ひとつ前の16.04LTSだとコンソールモードですらカックカクでまともに動かないし。安定稼働のために苦労する未来しか見えない。メモリもストレージも十分なi5/i7で動かす仮想環境のがいろいろと都合がいい。

新品のSDカードには何が記録されているのか?

まっさらなメディアには何が記録されているのか?

関連: 新品のSSDには何が記録されているのか?

今回はアマゾンで買ったSundiskのmicroSDカード32GB SDSDQUL-032G-EPK UHS-Iだが30MB/sで少し遅いタイプ。ddでの表示では24MB/sくらいだった。たぶん国内版正規品。

・sgdiskの結果

***************************************************************
Found invalid GPT and valid MBR; converting MBR to GPT format
in memory. 
***************************************************************


Warning! Secondary partition table overlaps the last partition by
33 blocks!
You will need to delete this partition or resize it in another utility.
Disk /dev/mmcblk1: 62333952 sectors, 29.7 GiB
Logical sector size: 512 bytes
Disk identifier (GUID): ADDB84C9-13AE-44F1-BCAC-xxxxxxxxxxxx
Partition table holds up to 128 entries
First usable sector is 34, last usable sector is 62333918
Partitions will be aligned on 2048-sector boundaries
Total free space is 8158 sectors (4.0 MiB)

Number  Start (sector)    End (sector)  Size       Code  Name
   1            8192        62333951   29.7 GiB    0700  Microsoft basic data

なんかワーニングが出ているが、セカンダリパーティションテーブルなんて無いし何かの間違い?

・全領域ダンプ

00000000  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
000001b0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 82  |................|
000001c0  03 00 0c fe ff ff 00 20  00 00 00 04 b7 03 00 00  |....... ........|
000001d0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
000001f0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00000200  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
00400000  eb 00 90 20 20 20 20 20  20 20 20 00 02 40 92 04  |...        ..@..|
00400010  02 00 00 00 00 f8 00 00  3f 00 ff 00 00 20 00 00  |........?.... ..|
00400020  00 04 b7 03 b7 1d 00 00  00 00 00 00 02 00 00 00  |................|
00400030  01 00 06 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
00400040  80 00 29 32 36 65 39 4e  4f 20 4e 41 4d 45 20 20  |..)26e9NO NAME  |
00400050  20 20 46 41 54 33 32 20  20 20 00 00 00 00 00 00  |  FAT32   ......|
00400060  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
004001f0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00400200  52 52 61 41 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |RRaA............|
00400210  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
004003e0  00 00 00 00 72 72 41 61  ff ff ff ff 02 00 00 00  |....rrAa........|
004003f0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00400400  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
004005f0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00400600  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
00400c00  eb 00 90 20 20 20 20 20  20 20 20 00 02 40 92 04  |...        ..@..|
00400c10  02 00 00 00 00 f8 00 00  3f 00 ff 00 00 20 00 00  |........?.... ..|
00400c20  00 04 b7 03 b7 1d 00 00  00 00 00 00 02 00 00 00  |................|
00400c30  01 00 06 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
00400c40  80 00 29 32 36 65 39 4e  4f 20 4e 41 4d 45 20 20  |..)26e9NO NAME  |
00400c50  20 20 46 41 54 33 32 20  20 20 00 00 00 00 00 00  |  FAT32   ......|
00400c60  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
00400df0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00400e00  52 52 61 41 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |RRaA............|
00400e10  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
00400fe0  00 00 00 00 72 72 41 61  ff ff ff ff 02 00 00 00  |....rrAa........|
00400ff0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00401000  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
004011f0  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 55 aa  |..............U.|
00401200  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
00492400  f8 ff ff 0f ff ff ff 0f  ff ff ff 0f 00 00 00 00  |................|
00492410  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
00849200  f8 ff ff 0f ff ff ff 0f  ff ff ff 0f 00 00 00 00  |................|
00849210  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  |................|
*
76e47fe00  b0 42 15 cb 40 43 62 91  bf 70 33 35 96 b7 d2 73  |.B..@Cb..p35...s|
76e47fe10  0c 95 0a 17 1e 7b a9 d8  5a 09 6c d1 e3 e5 71 6f  |.....{..Z.l...qo|
76e47fe20  c7 67 97 fa 14 a2 ac 89  3b 1d 66 5d f2 8d 39 99  |.g......;.f]..9.|
76e47fe30  a9 22 87 b2 e4 7c da 93  83 a5 e1 43 e7 dd 23 f7  |."...|.....C..#.|
76e47fe40  79 5a 5a e0 e3 47 d0 4f  8e 3b 7b 4d 46 b3 ca 21  |yZZ..G.O.;{MF..!|
76e47fe50  21 f8 98 ac 79 36 27 91  ab 6b 64 1d c1 83 57 5f  |!...y6'..kd...W_|
76e47fe60  df 14 70 8c 1e 20 da 86  17 c6 08 8e dd f5 9d f2  |..p.. ..........|
76e47fe70  f7 50 8d 40 27 34 cf c9  0d 51 8c 31 78 58 7d 66  |.P.@'4...Q.1xX}f|
76e47fe80  4a 99 13 aa 21 e7 6a af  58 26 34 85 2e 55 66 af  |J...!.j.X&4..Uf.|
76e47fe90  21 f2 69 e7 d3 d7 27 1e  2f d6 86 0c 37 7f 1e 05  |!.i...'./...7...|
76e47fea0  0d 16 83 18 6c 76 37 71  d9 27 78 8b 9e 55 31 99  |....lv7q.'x..U1.|
76e47feb0  63 fa 44 44 82 8c 92 01  0b b1 4e 9c 1e b0 16 47  |c.DD......N....G|
76e47fec0  bd 90 2f dd 55 1c 5e 96  47 1e 64 45 1b 6a 14 c2  |../.U.^.G.dE.j..|
76e47fed0  f1 81 1b 10 4b fe b0 fa  55 aa 44 7a 31 af ee 0a  |....K...U.Dz1...|
76e47fee0  c6 c2 2a b6 ed 24 65 0c  e5 4d 30 64 38 80 cd 14  |..*..$e..M0d8...|
76e47fef0  86 0a 21 e6 6d 94 89 83  52 94 d0 14 06 52 1e 50  |..!.m...R....R.P|
76e47ff00  c7 28 90 68 a9 3f d5 00  d1 bf 81 55 e2 2a a2 75  |.(.h.?.....U.*.u|
76e47ff10  7c 68 59 14 37 c6 0d 93  83 5c 8f 83 c1 34 80 55  ||hY.7....\...4.U|
76e47ff20  fa 30 b0 35 72 82 35 1b  fb 90 a9 e1 fb 04 c1 c4  |.0.5r.5.........|
76e47ff30  c8 22 94 d2 c9 64 1c 7d  11 e3 ae 2b 0e 3f a1 e6  |."...d.}...+.?..|
76e47ff40  bd da 24 8c 47 12 fd 80  2d a2 4a a3 2d 00 87 f1  |..$.G...-.J.-...|
76e47ff50  cf 27 7d f8 b8 d0 9f 92  87 53 2a ff a1 71 d1 f2  |.'}......S*..q..|
76e47ff60  c7 21 9b 91 2e cc 15 53  c5 b5 54 4b 36 43 64 f1  |.!.....S..TK6Cd.|
76e47ff70  61 90 45 63 b3 b0 24 a4  1a 63 7e aa 78 3f 97 82  |a.Ec..$..c~.x?..|
76e47ff80  25 cc 80 aa 50 b6 61 2a  80 1b c8 03 ed 5a 19 6b  |%...P.a*.....Z.k|
76e47ff90  0a b7 05 a2 88 ef 8f 84  dd 68 06 df 52 5d 7a ae  |.........h..R]z.|
76e47ffa0  31 c4 cf f8 24 a6 73 4a  f6 62 ab 0b 4c 84 aa 0b  |1...$.sJ.b..L...|
76e47ffb0  b7 0d df 29 72 a4 ce 86  c1 60 7b 4b d5 c3 ca a5  |...)r....`{K....|
76e47ffc0  ec 01 29 12 dc 63 8a 5a  7b 0e 40 25 7d 8a ff 51  |..)..c.Z{.@%}..Q|
76e47ffd0  c8 27 ae b5 b5 17 3b f1  04 74 3c cd eb bd e5 d4  |.'....;..t<.....|
76e47ffe0  ca 88 40 2e a0 38 44 a3  f1 0c 00 85 0d da a7 17  |..@..8D.........|
76e47fff0  f1 56 28 97 02 83 97 00  3a 72 a1 9b ff fc 3b dd  |.V(.....:r....;.|
76e480000

基本的にはMBR形式パーティションで、普通にWindowsでパーティショニング、フォーマットしたのと違ってブートコードが無し。パーティションテーブルのみでパーティション1にFAT32で全領域割り当て。

領域内は大半00で埋められているが、一部データが残っている。パーティションをFAT32でフォーマットした痕跡が二か所にある。他はaa55とか、f8ff…f0とかメモリテストパターンっぽいものが点在。

0x76e47fe00以降に謎のデータが。

REALFORCEふたたび。

東プレのREALFORCEを買った。旧モデルのSA010S。いぜんは変荷重のPS/2タイプを使ったことがあるが、今回はAll 30gのUSB。LEDの青がまぶしい。

REALFORCEは最下段が通常の109キーと違い、右Winキーが削られているためIBM 5576A01とほぼ同じ+ショートカットキーになっているところが秀逸だったのに新モデルではどうでもいいスペースキーを長くするとは。

key2

じゃあREALFORCE旧モデルが最高のキーボードかというと実際はそうでもなくて、最下段が凹型になっているのはダメポイント。これが凸型になっていないと左Ctrlや右Altを手のひらの小指付け根付近で押しにくい。5576A01をはじめIBMの旧いキーボードはここが凸型なので使いやすかった。これらのキーはホームポジションから離れた指で押すものではなく掌で押す。ここが分かってないと「CtrlはAの隣じゃないとダメ。スペースバーは長いほうがいい。ダサい変換キーなど不要。PC98キー配列が最高だ!」などと分かったようなことを言い始めてカスタマイズツールでCtrlとCapsLockを変更したあげく、よく使うCtrl+Z、X、Cあたりで超絶技巧を使いこなすハメになる。JISキーは4段で遠いし小指の負担が大きいからだめといいながらA横のCapsLockをCtrlにして小指を酷使するとか支離滅裂意味不明。

個人的に考えた長いスペース派のユーザ
・初心者 → 変換はスペースでできると習う。
・中級者 → 変換はF7、F8を使う。
・自称上級者 → Ctrl+I、Ctrl+Oを使うわと言ってCapsLockをCtrlに。(わざわざ両手操作にする)
・MACer → JISキーボードはダサい。
・旧いATOKユーザ → とにかくスペースで変換する。
・旧八あがり(Over40) → XFERは押しにくいCtrl-XFER以外の使い方を知らないし、NFERの存在意義をそもそも知らない。だからスペースバーしか使わなくなった。
・ゲーミング → ゲームはeスポーツ。
한글 키보드 → 右Altが押せれば良い。

個人的に考えた短いスペース派のユーザ
・変換、無変換、カナキーの役割を正しく知って使える日本語入力者。ローマ字、カナ入力問わず。
・旧いDOS/Vユーザー → IBMMKKVの変換開始は変換キー。スペースはあくまで全角スペース。
親指シフター → 変換、無変換キーは死活問題。
・俺配列マニア → 変換、無変換キーは死活問題。
・廃カスタマイザー → 変換、無変換には別の機能を割り当てたい。

まあ、変換・無変換キーがもっと使われていればREALFORCEがこんな変なことにならなかっただろう思った。とりあえず旧モデルのREALFORCE108UH-Sにもダメポイントはあるが悪くはないし耐久性もあるっぽいのでこの先10年くらいはこれでいいだろう。