ナムウィキ/ソニーラジオ からICF-M780N

SONY ICF-M780N は DSPラジオ。 から分離。

ソニー・ラジオ – 木の上のキーナム ウィキ
https://namu.moe/w/소니/라디오

韓国のサイトで興味深い内容の記述があった。韓国語はキムチとナムルしか知らないのでMS翻訳で引用。このページは韓国版のまとめサイトで、ものすごくよくまとめられている。

・ICF-506 (2017 年-現行)
ソニー初の本格的な DSP ダイヤルラジオ. 2017 年に初発売。受信チップは、S i 4831 人として知られている。I C F-F 10 より少し小さいサイズで、スピーカーの口径が大きい。日本では、ICF-801 のフォローアップとして、被験者に, このモデルは日本国内が機種に限定されておらず、世界で発売されている。上部にプラスチック製のハンドルが、DSP である。AA 電池3つの AC 電源を使用する。西洋では、優れたパフォーマンスでご好評をいただいていますが、日本では特に慣習的なアナログのラジオ愛好家の間では、ソニーならではの特性が消えたの批評がある。

・ICF-M780N (日本国内)、ICF-M780SL: PLL 方式の大型ラジオであり、2014年頃に発売された比較的最近のモデルである。ICF-M780N は日本国内版に短波帯のラジオ日経放送だけ受信可能である。国際版である ICF-M780SL は一般的な短波帯もサポートする。そして実際にこの機種はDSP 受信機である!

アマチュア無線もHF帯はIF段からDSP処理が全盛でアナログ固定機は廃れて久しい。ラジオはアナログに限るとかPLLやマイコンはノイズがとか絶対性能が出ないとか思いこんでるなら、そろそろ切り替えても良いと思った。

MS機械翻訳の「木の上のキー」というフレーズが全く理解できなかったのでがんばってハングルを読めるようにした。
소니 : so-ni ソニー
라디오 : ra-di-o ラジオ

これらは音がそのままハングル表記されてるようだ。

나무위키 : na-mu-wi-ki ナム ウィキ

「나무 위키」だと「木 ウィキ」だが、「나무 위 키」だと「木 上 キー」になる。「위(wi)」が「上」で、「키(ki)」は表音として「キー」なので翻訳機が分かち書きの解釈を失敗したものだと分かった。

プラスチック製のハンドルが、DSP である。
である、などと断定されても、プラスチック製のハンドルがDSPであるはずはないので、原文を見直す。

상단 플라스틱 손잡이가 달려있으며 DSP 방식이다.
上部 プラスチック(の*) 取っ手 付いていて、DSP 方式

달려있다 : tar-ryo-iss-ta 取り付けられている、~による(~次第)
~(으)며 ~ : (u-)myo ~で、~ (並列の接続詞、主に文章体)
방식 : bon-sik 方式
~(이)다. : (i-)da ~だ。~である。(文末表現の最も簡単なもの)
*助詞の「の」に対応する助詞は表記されていない。

今回は全く知らなかったハングル(한글)で書かれた韓国語(한국말)を読んでみた。위とか방식とかの漢字語の音が日本語(일본어)に似ていて親しみやすい気がするが、英語テスト1桁点をマークした身にとって外国語はやっぱりよくわからない。でも翻訳機無しで意味が分かるとちょっとおもしろいし、ハングルキーボード(한글 키보드)の入力方法も分かったので満足した。

ラジオの記事なのに韓国語の追記のほうが時間がかかった。

 

広告

ハングルキー配列をマスターできるか。

韓国語は김치(キムチ)と나믈(ナムル)と한국김(韓国のり)以外はほぼ知らないが、韓国語で書かれたガジェットの解説を読みたいのでハングル文字を半日がんばって覚えた。(『1時間でハングルが読めるようになる本』←1時間は無理。3時間。あと音読はできるが意味は理解できない。) 分からない語はggrksると出てくるし、Web翻訳もできるので韓国語を知らなくてもあまり困らないものの、調べるためにはキー入力をしないといけない。これがまたもどかしい。ハングル文字の構造は比較的簡単なので入力方法はすぐに理解できたが、キー配列を覚えていないし、日本語109キーを使っているから配列を覚えるまでハングルはどこかに掲示しておく必要がある。

旧JISキー配列を除いて、これまで配列を覚える方法として画面にキーボードの絵が常に見えるようにしておいて、それを見てキーボードは絶対に見ない方法が効果的だったのでハングルキーボードも同様の方法で試してみる。C#で1行コードの小物アプリを作った。

フォームの背景に拾ってきた配列の絵を指定し、フォームを半透明にしてTopMostプロパティをTrueにしただけ。これさえあればハングルキーボードをマスターしたも同然。

Panasonic RF-P155を改造して短波放送を聴いてみる。

Panasonicの普通のラジオがDSPベースに移行して久しい。

最安クラスのRF-P155R-P145がSi4836-A10を使っているらしく、素性が判っているなら改造も簡単なはずだと、さっそくケーズデンキで買ってきた。2000円。

RF-P155_1

最新のDSPラジオがどういったものなのか、気にはなってたので5分ほど普通に使ってみる。チューニングはアナログとは違うが、びっくりするほど普通の安物ラジオの音だ。(ICF-SW7600GRは間接自慢)

RF-P155_5

即日分解。中央の表面実装チップがSi4836。

RF-P155_2

改造ポイント付近。R8の下側、R14の下側を500kΩ(Bカーブ)の可変抵抗器の両端につなぎ、バンド切り替えスイッチの中点を可変抵抗器のタップにつなぐ。バンド切り替えスイッチは真ん中にして接点を浮かす。

RF-P155_3

筐体を削ったり穴を開けるのもめんどくさいから、バンド切り替えスイッチのツマミを外してそこから線を引き出す。

RF-P155_6

両面テープでネチョっと固定したら、できあがり。ボリュームツマミを取り付けると尚良し。オリジナルの音量、同調ダイヤルはそのままにアンテナも干渉しない完璧なパッケージング。

見てくれはいまいちだがオールバンドのMW/SW/FMラジオになった。バンド切り替えはボリュームを回して少し静止するとバンドが切り替わる動作をするっぽい。FMアンテナにリード線をつけて延長すると、ラジオNIKKEI、CRI、KBSをはじめ朝鮮の声放送とか知らん国の短波放送がいろいろ聞こえてくる。ほかにもアンテナ回り(データシートではSWアンテナは外付けで1石プリアンプ付きが標準)をいじるとか、ステレオ化とか、トーンコントロール(Si4836に搭載の機能)とか、高音質化(スピーカ交換とかアナログ手法で)とか手軽に改造できそう。

参考にしたデータシート。

SILICON LABS Si4836-A10 – BROADCAST MECHANICAL TUNING AM/FM/SW RADIO RECEIVER
https://www.silabs.com/documents/public/data-sheets/Si4836-A10.pdf

Si4825/36-A ANTENNA, SCHEMATIC, LAYOUT, AND DESIGN GUIDELINES
https://www.silabs.com/documents/public/application-notes/AN738.pdf

TUNE2とGND間の抵抗値でバンドを切り替える仕組みになっており、リファレンスでは固定抵抗になっているが、はんだ付けはできるだけしたくないし計算も面倒だから可変抵抗器で実装した。目盛りをつけないとどこに合っているのかよく分からない。このスプレッド同調っぽいチューニングは案外悪くなく、バンドの状態をざっと知りたいときはICF-SW7600GRより軽快だ。短波は18バンドに分かれており、FM/AMも各国対応のバンドがあったりする。すべてのバンドが使えるかは試していないので不明だが、本来想定されてる固定抵抗で実装するほうが使い勝手は良いかも。

aitendoなんかのDSPチップ使用の電子キットラジオやモジュールを改造する記事は探すと結構出てるのに市販DSPラジオの短波対応改造はあまり見かけない。RF-P155の改造記事としては本邦初かも。本当はAM専用のR-P145で試したかったがケーズデンキの在庫が無かった。1,500円とか2,000円出せば同じようなDSPチップを搭載した中国製短波ラジオは買えるけれど、そのへんの電気屋で売ってる最安値ラジオに100円そこそこの部品をつけるだけで短波ラジオになるのがおもしろい。スーパーラジオの調整よりも簡単。

今のDSPラジオには短波コンバータなんて要らないな。