ソニーのラジオをまた買った。泣く子も黙る十和田オーディオ製ICF-801。

icf801.jpg

定価の倍近いア●ゾンのぼったくり価格だったが仕方ない。去年買っておくべきだった。回路的にはごく普通のAM/FMアナログICラジオ。チューニングも含めてデジタル要素無し。IC化されてはいるがアナログスペシャルファンクションなので実質シリコントランジスタスーパーラジオ。

辛口レビューをするとAMの9kHzビートがうるさい。夜間はひどくて本体を回してヌル方向への調整が面倒。スケールがICF-EX5MK2みたいにリニアじゃないからどこに合っているのかわかりにくい。感度が良い分夜間は特に良くわからない状態になる。FMもスケールがリニアじゃなくて合わせにくい。高い周波数でイメージ受信が発生する。双峰特性がおかしいのかAFCがおかしいのかジャストチューニングの位置から少し上側にも微妙に同調する山があって変。下側にも弱めに同調の山がある。AMでもFMでもボリューム最小でも同じレベルで熱雑音起因のサーという音のノイズがある。これはバブル期の単体オーディオのアナログチューナーとは比較にならない(ほど悪い)し、今どきのDSPラジオICF-M780Nと比べて感度、選択度、S/N、隣接ビート、イメージ受信いずれも負けてるし、いくら良いとはいっても音質はポータブルラジオの域を出ない。細かいところでは電池3本というのがいただけないし、ACケーブルのコネクタも特殊で使まわしがしにくいし、照明は役に立たないくらい見にくい。正直なところICF-801に対するネットの評価は過大だと思った。

それでもホームラジオとしてのまとまりは良い。シングルスピーカーから出るAMのアナウンサーやFMのDJの声は聴きやすく、音楽はその場で鳴っているような感じ。ステレオ装置から出てくる音の作り物感やゴージャスな装飾感とはまた違う良さ。アナログ機の高品質ポータブル兼ホームラジオとしては最後の製品になるだろう。

 しばらく使ってみた感想。確かに昼間に聞くAMラジオは高域が伸びててAM放送なのにすっきりしてて透明感がある。対して夜間は隣接局のビートがひどくて耳障り。率直に申し上げて、聞くに耐えない。IFフィルターのブロードな特性からだろう。ワイドなフィルタだから妨害局を同調ずらしで逃げるのができなくて(ずらすと別の局が入る、ビートがひどくなる)、本体をヌル方向に向けて低減することになるのだが、マニア自慢の長い高感度バーアンテナと、自慢の高音質ワイドIFフィルタのせいで向きの調整がかなりシビア。AC電源使用時は盛大にノイズが侵入するのでACコードはローカル局を固定で聴く専用。
 FMはというと、とにかく選局の「決まらなさ」が酷い。ジャストチューンの前後少しずれたところでも中途半端に選局された状態になるし、イメージ受信も結構あるから、この特性を把握しておかないときちんとチューニングできない。あとバックグラウンドのノイズも結構多いから近距離、小音量では耳障りで気になる。
 一般人が使うとピーピーうるさいとか、ずれた選局で入り悪いとか言い出しかねない。性能も操作性も理解できる選ばれた人が使うべきで、「シロウトにはオススメできない、逸般人向け」。あとは「9kHzが聞こえなくなった年齢の人」「小さい音が聞こえにくくなった年齢の人」にはちょうど良いかも。

ICF-801の音質は確かに良い。一生のうちに一度は聴いて損はないが、プレミア価格で買うほどのものでもなかったね。

てなことで手持ちの単体ラジオは家族共同のICF-M780N、短波のICF-7600GR、防災用のICF-T46だけになった。Elencoのキットラジオは近いうちにバラすだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中