PCに必要なメモリ量はディスクキャッシュ分も加味する。

PCに搭載する必要なメモリ(RAM)の量がよくわからない。後悔しないのは全スロット使用して搭載可能容量最大にすること。メインマシンは古いがとりあえずそうしてあって、32GBフル実装。

メモリ 必要量 なんかでこの1年くらいを検索すると、4GBは少ない、8GBでとりあえず十分、16GBまでは比例して快適、32GBは無駄。ってのがおおかたの意見っぽい。

mem32gb

Windowsの場合はプログラム実行用にメモリを使用しても容量に空きがある場合はディスクキャッシュとして使われる。上の画像はディスクのデータを大量に処理した状態。この後キャッシュされたデータは29GBまで増えた。大量のデータを扱うときだけでなく、プログラム自体もキャッシュされていくので、メモリが十分にあると連続稼働が長くなるほど全体的な動作だんだん早くなっていく。この加速感がメモリ最大搭載したくなる最大の理由だったりする。8GBで十分、16GBなんかに増やしても体感なんてできないとか言っちゃってる人はこのキャッシュの恩恵がどれほど効果的か分かってない。各種ベンチマークもディスクキャッシュまわりは透過的すぎてあまり考慮してないか結果に大きく影響を与えていないものが多い気がする。

タスクマネージャのメモリのメモリ構成で「スタンバイ」になっているところは、ディスクキャッシュや破棄されていない読み込み済みのプログラムやデータが入っていてOSの管理下に置かれている。必要になればHDDやSSDに取りに行かなくてもメインメモリの中から取り出して使われるので、この部分に余裕があれば非常に高速に処理が進む。未使用の「空き」ではないから、この部分が多いからといってメモリが「多すぎて”使われず”無駄になってる」なんていうことではない。

メモリの必要量はプログラム+データだけでなくディスクキャッシュを十分確保できる容量も見込んでおくと不満が出ないはず。

 

広告

一太郎2018のATOK

次のATOK2018は月額版のみになると聞いて、現バージョンのATOK2017がついている一太郎2017を買った。

一太郎2018に付いてくる「ATOK for Windows 一太郎2018 Limited」は一年限定版。月額版の12か月お試し版というか、月額版の別形態な使用権というのか微妙。

http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/feature5.html
利用開始後12ヶ月無料でご利用いただけます。(ATOK Passportにご契約の場合は契約期間中無料でご利用いただけます。)

何この「〇〇円払えば無料で△△できる!」的な注釈。さすが、かしこい日本語ATOK。製品版の一太郎についているのはATOK月額版のお試し版ってこと?それとも一太郎買ったら要りもしないのについてくる高機能ATOK2018Limitedはなんと1年間も無料で使えるオモテナシニッポンすごい!ってやつ?? 意味不明すぎ。

とりあえず一太郎付属でも単体でもATOK2017を確保しておけば2~3年かそれ以上は使えるはずなので一太郎2017を買うことに。ATOKが本体で一太郎が付属品だなんてATOKファンならDOS時代から暗黙の(ry

AndroidのATOKは買い切り版をAndroid 2.3のころに買ってそのまま4年くらい使ってて、サブスクリプションへ切り替える必要性を感じない。WindowsのATOKは一太郎2010くらいについてたATOK2010はWindows 10で動かないのでしばらく使ってないが、Windows10に対応してるATOK2017ならしばらくがんばれそう。

『30日でできる! OS自作入門』を読んだ。

IMG_5021.JPG

『30日でできる! OS自作入門』をようやく読み終えた。10年近く前に買ったがずいぶん放置していたのを先月くらいから読み始めたもの。今は時間が無いので写経は無しで読み物として。

30日で読み終えるのはできると思うし、詳細はできたつもりで読むだけならもっと早くもできると思う。実際に作るのなら、1日6~8時間くらい自由に使えれば30日で完成できるかもしれない。でもその前にC言語やコンパイラの何たるかとか、486CPUの動作とか、x86系アセンブラとか、PC/ATのBIOSとかそのコールの仕方とかは、以前に読んだ『はじめて読む486』と『はじめて読むMASM』とかなんかのアセンブラ入門書で知っておく必要はあると思った。

作る作らないは別にして、パソコンオタクの教養として知っていて損は無い。

今は低レベルにそれほど興味が無くなってしまったが、いつか時間ができたらPC/AT互換機用のOSと呼べるものを作ってみたい。

 

SB-MIDIケーブル

今日の断捨離物。

sb-midi

SoundBlasterのジョイスティックコネクタに接続してMIDI-IN・OUTを追加するケーブル。RolandのSC-88ProPC-180なんかを接続してDTMごっこで遊んだ。レガシーISAでバカ長くてトラブルメーカーのSound Blaster 16に載っけていたWave Blasterに付属していた純正品なのでなんとなく今まで持ってたが、もう長い間使ってもいないので断捨離。(←ここで書いている製品名とキーワードで年代がバレる。)

ただの配線だけではなくて、フォトカプラが入っているらしいので、分解してみたい。でもネジ止めではなくて融着か接着されてるからカッターで切ってみた。

IMG_4942

必殺モールド固め。Optcoupler(日本ではフォトカプラて言う)のHP 1N638とセラコン221とか、トランジスタの後頭部が見える。ネットを探すと回路はいくらでも上がってるし、これ以上分解する気にならず廃棄処分。

他にも第一電波DIAMOND RH-777というこれも25年以上前の古いBNCハンディ機用144/430MHzアンテナも捨てた。現行の430MHz 1/2λのRH-771に長さや構造は近いが430MHz 1/4λ型のRH-707と同じ可倒部を持っていて結構便利だった。なぜ姉妹機種が現行なのにRH-777だけが廃番なのかがよくわからない。

マッチング部の中を見たくていろいろやったが分解できず、ヤスリで削り始めたらものすごくくさい臭いがしてきて耐え切れずあきらめた。もう製造後何十年もしてるし加熱もせずに削るだけでものすごい臭いがするプラスチックってどういう素材なんだろう。