昨日この秋に捨てたものをメモしたが、その中のアマチュア無線局の廃止についての記録。

免許状申請時に作った総務省の電波利用 電子申請・届出システムLiteのアカウントあるので廃止届も同システムを使ってみる。いつもながら最後にアカウントを入れるという変則UIが気色悪いがWindows 10 の Edgeブラウザでも問題なく完了できた。

入口サイトにある申請内容ごとに分かれたリンクの「廃止届」をクリック。新しいウィンドウが開くので、新規入力で手もとにある免許状の内容を参考にして穴を埋めていく。内容確認後、アカウントを入れるとシステムに送信される。

これが表示されて、数分後メールが届く。

haishi

終わり。

「届」なので出した時点で手続きは完了。これ以降コールサインは無効となる。電波利用料は前納しているから、おそらく何日かしたら還付の手続きが送られてくるんではないかと思われる。

4アマ試験でも「総務大臣は、免許人が正当な理由がないのに、無線局の運用を引き続き六箇月以上休止したときに、その免許を取り消すことができる」と出てくる基本的なこと。

使いもしない無線局はさっさと廃止してしまおう。

一週間ほどしたら電波利用料関係書類在中 総務省 重要 と書かれた封筒が届いた。こっちが申請する側なのに、600円やそこらに対しても定形書式と返送用封筒(送料は無し)を送ってくれるというのは親切だと思う。

月が変わって振込通知が届いた。たかだか600円のことに、ご苦労さんなことですねぇ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中