ここ数日、太陽フレアでホットな太陽を望遠鏡で観てみた。※望遠鏡で太陽を直接見るなんてことはしてはいけない。ここでは安いが専用の機材を使っている。

フレアを発生させた付近の黒点は数日前にウェブで見た写真よりも端に移動しているように見える。

sun170909-0950-1

写真では分かりにくいが、端にあるおかげで白斑構造がよくわかる。

sun170909-0950

2010年ごろは太陽活動が休止ともいわれるほど黒点数も少なくなって、「太陽終了で氷河期!?」とバカな予測立ってたけれど、11年周期の脈動は今日も正常。

太陽を観ていると時おり小さな黒い影が横切る。これは何なんだろう。ピントが良く合ってるから遠いのだろう。筒内や付近の虫でもないし、近くの鳥でもない。太陽の高度から考えてそこを飛ぶ飛行機よりはだいぶ小さい。小さいが点ではなくて面積はあるが真円形でもない。とにかく、よくわからない何かが頻繁に飛んでいる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中