ProVCpp2010

ぜんぜんプロフェッショナルなプログラマーではないのに、絶版の『プロフェッショナル Visual C++ 2010』(矢嶋聡著)を古書で買った。定価よりは安かったが古書の割にはいい値段がした。今見たら日経BPのオンラインショップではまだ手に入るっぽい。

自分の開発環境がVisual Studio 6(Visual C++ 6.0)でほぼ止まっているので、アマゾンの評価は星5つで内容的にも「良書」となっているこの本を選んだ。結論からいうと自分にはちょうど良い「読み物」にはなった。VC6やC++/CLIの基礎で覚えたことを継承しつつ、Visual Studio 2010/2013/2015に知識をアップグレードするのに十分な内容。

ただ、ほかの人に薦められるかどうかは微妙。基本的にはVisual C++でできることのMSDNライブラリ的なチュートリアルというかウォークスルーなので、前提としてC++の基礎が身についていること、クラスライブラリやテンプレートライブラリが何物か理解してること、Visual Studioのだいたいの操作ができること、C++/CLIと他のCLRな言語との対応がなんとなく分かってること、MFCの概念がなんとなく分かっていること、COMとは何たるか、くらいが分かってないと通しで理解するのは無理な気がする。前のC++/CLIの本と同じで、インストールの次からいきなりCOMですか、ってなるし。

あとVisual Studio自体の使い方の説明はほとんど無い(本当に重要なことは丁寧に書かれている)、というか、むしろVisual Studioの機能を使わずにコーディングしましょうという趣旨なので、この本だけでVC++2010をマスターしようというのは無謀だ。

良書なれども、読み手を非常に選ぶ。理解できれば今でも通じる知識が広がること間違いなし。

Visual C++ 2012以降は解説本が急速に減っている。UIデザイナがサポートされなくなってきたのが大きいのだろう。Visual C++を学習するならVisual Studio 2010対応の本を使うのが今のところ良いのかもしれない。ただしVS2010はC++/CLIのインテリセンスが使えないという最大の欠点があるから使う環境はVS2012/2013にしよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中