マルチバンドGPアンテナを分解してみた

もう何年も使っていなかったコメット GP-93 を捨てるので分解。

144/430/1200MHzトライバンドのGPアンテナでN接栓。1.8mくらいで継ぎ手が無くて、ラジアルも短いくて、取り回しが良い。根元のコネクタ付近にあるイモネジ1本を外すとスポッと抜けた。破壊するしかなかったHA-750Bとは大違い。

▼全体像。フェーズシフタがたくさんある。頂部の2割くらいは何も入らない。
GP93 (1)

▼ベースロード部分。3バンドの構成になっていることがなんとなく分かる。L字型のヒゲが出てて、これは1200MHzのコイルかな。
GP93 (2)

▼一番下の位相器。1200MHz用と430MHz用だと大きさでだいたい分かる。
GP93 (3)

▼中央付近の位相器。144MHzのための「Cフェーズ(取説の表記)」がある。位相器と違って2段にはならないから、動作としては試験にも出る短縮コンデンサと思われる。
GP93 (4)

▼ラジアル。17cm弱と短い。ちょうど430MHzの1/4λなので144MHzでは動作してないことになる。取り付けるマストに細かい指定は無いから、144MHzはノンラジアル動作。
GP93 (5)

1本もので継ぎ手が無いからそもそも分解する必要も無くて中を見たのは今回が初めて。だいたい予想できる構造で手堅くできてる。ただしエレメント全体がほとんどフェーズシフタでできてるようなもので、対象バンド以外は他バンドの折り返しで攪乱されるだろう。1200MHzは同軸ケーブルで作ったコーリニアのが高性能かも。144MHzはラジアル無し、延長型で実効長が長いとはいえ一段動作なので多段GPよりも水平面の利得はそれほど良くもないはず。

シングルやデュアルバンドのGPより性能がいまひとつな気がするのはこの構造のせいだろうなっていうのが見てよく分かった。やっぱりマルチバンドアンテナはお手軽だけど複雑だしシングルバンドに比べて性能はそれなりだってわかった。

 

人間の腕は逆にも曲がるのが普通

もう暑いから半袖だ。この時期になるとたまに腕が変、逆に曲がってて気持ち悪いとかいわれる。次のような方々と同じでいわゆる猿腕。専門用語だと過伸展、反張肘、後屈とか。

長濱ねる
城恵理子
KARAヨンスン

こういうのってずっと前の小泉今日子が現役のころからあったし。でもねー、人間の肘って逆に曲がるのが普通なんですよ。曲がらん方がおかしい、とまでは言わないけど。

人間特性計測データベース
http://www.tech.nite.go.jp/human/index.html

ここから肘関節の伸展を取り出してExcelでちょいちょい加工。

elbowrom.png

0度を超えて伸展する(逆に曲がる)角度を見てみるとこんな感じ。グラフの0のところより左側の方(逆に曲がる)が明らかに多い。

  • 最頻値は男性も女性も6度。頻度2位は8度、3位は男性13度・女性12度。
  • 平均値は男性6.7度、女性8.9度。標準偏差は男性11.0度、女性10.6度。
  • 最大値は男性32度、女性37度。

解剖学的には肘関節の可動域(ROM)は伸展0~5度が正常、女性・子供では~10度は普通。15度以上が過伸展と言われるが、実際の測定値ではもっと大きくてボリュームゾーンは5~15度くらい、この範囲だと性差もあまり無い感じ。統計は20歳以上の男女の自動可動域(自分で動かせる範囲)しかないので20歳未満や他動可動域(外からの力で動かす)のデータが入るともっと過伸展側に振れるだろう。同学年の高校男子で60度以上反対に曲がる人も見たことあるし。

まっすぐよりも伸びない側を見ると、グラフで青い部分が多少目立つ通り男性のが多い。これはムキマッチョで伸展制限があるとかそういうのではないかな。ただ、あくまで多少多い程度で過半数の男性に伸展制限は無いか過伸展するわけだから、「女性・子供は肘が過伸展する」(=過伸展しないのは成人男性のみ) なんていうより「成人男性には肘が伸び切らない人も目立つ」くらいに言い替えた方がジェンダーがフリーだと思う。

元データから数値で過伸展する人の割合を出すとこんな感じ。カッコ内は正規分布に当てはめた場合の確率。反る反らないだけなら8割近くが反るし、過半数が5度を超える。4割以上の10~15度だと結構逆に曲がってる感は出るはずで、20度以上曲がる人はたぶん両肘の内側どうしをくっつけられる。

  • 0度以下 ・・・ 23.7% (23.5%)
  • 0度を超える ・・・ 76.3% (73.5%)
  • 5度を超える ・・・ 61.3% (60.3%)
  • 10度を超える ・・・ 41.3% (42.0%)
  • 15度を超える ・・・ 23.5% (25.4%)
  • 20度以上 ・・・ 13.2% (13.0%)
  • 30度以上 ・・・ 1.35% (2.00%)

はっきりいって肘が逆に曲がらない人は2割の少数派

腕逆に曲がってるキモい、そんなに曲がるわけ無いとか言う人は自分の体が少数派だってことを思い知るがよい。

これにキャリーアングル(外反角)と肩の回転、上腕三頭筋まわりの弛み(二の腕振り袖)が組み合わさると「曲がりすぎー」に見える場合があるっていうのが自分的な結論。キャリーアングルは女性のが大きい(生理的外反の程度が大きい)から猿腕が女性に多いというのは間違ってないと思うが、ヤセとか筋力が無いは関係無い気がする。※外反肘の程度が大きい女性だと、逆にはほとんど曲がらなくても手首が離れるほどの「猿腕」な人もいる。

細身の女子に多い!スラリとした腕の敵「猿腕」って何?
https://moteco-web.jp/diet/20139

そもそも「猿腕」ていう言葉があいまいで、いろいろな状態の人がいる。猿腕で画像検索すると、肘が逆に曲がる人(過伸展、肘の内側がくっつく)と、逆には曲がらず横にずれてる人(外反肘、肘の内側が正面を向く)、その組み合わせになってる人、前腕を捻じっているだけの人などいろいろ。「猿腕」の状態を「猿手」と表現していることもよく見かけるが、医学用語としての猿手ではない。いずれにしても人間の腕は5~10度外反してるのが正常だし、伸展も5~10度は普通だから、やっぱり腕が曲がってない、まっすぐにしかならない方が少数派。

 

 

暇なんで動画でも見る

連休で暇すぎるのでバカ動画、事故・グロ・ドッキリ動画なんかを延々と見て無駄な時間を過ごした。

ユーチューバーはゲームのアイテム課金に100万円使ってみたとかいう動画で無駄なことしてるなとか思ったが、ここ数年で自分も100万円くらいはデジタルアイテム・デジタルガジェットに浪費してる気がした。無駄遣いだったと感じるものをあげると…

Mac18万、iPhone10万、MSDN 15万、Windows OS 10万、Office Mac 4.5万、Offce Pro Plus 10万、ATOK 1万、Android有料アプリ2万、iPhone有料アプリ2万、Windowsストア有料アプリ2万…

すぐに思い出すものだけで75万円以上浪費してて、ここのブログネタ以外では結局いらんわーてっなってるのが多い気がする。広告設定もしてないからwordpressが儲かるだけで特に見返りがあるわけでもなく。

トップなユーチューバーは広告やアフィ収入がっぽがっぽで100万円くらいすぐ回収できるんだからううらやましいのです。

自宅使用プログラム(HUP)でOfficeを使ってみる。

個人なのにMS Office Pro PlusをSA付きで買ってしまったので、SA特典の自宅使用プログラムでOffice Pro Plusを一個買ってみた。

Home Use Program
https://www.microsofthup.com/hupjp/home.aspx?culture=ja-JP

ボリュームライセンスのOfficeをSA付き契約すると自宅使用プログラムを使って格安に1,400円でOfficeを1契約ぶん使うことができる(本当は1,400円などといわずにタダで使わせてほしい)。ケチな会社だとSA無しの場合もあるので、職場がPro Plusを導入してるからといって必ず使えるわけでもないあたりは注意。

買い方は特に難しくは無くて、よくある会員登録のあるオンラインショップと同じ。

  1. VLSCで管理者がユーザ(従業員)にHUPの招待メールを送信。
  2. ユーザが招待メールを受信したら文中のリンクをクリック。(VLSCで指定したドメインに限る。)
  3. もう一度メールが送信されてユーザを確認。二回目のメールの文中にそのユーザ専用のHUPショッピングサイトの入り口がある。
  4. ショッピングカート方式で品物を購入してクレジットカードで決済。
  5. その場でプロダクトキーの提示とインストーラのダウンロードを行う。
  6. 自宅PCでインストール、ライセンス認証。

ユーザ側の操作でメールが二回送られてくるところが若干手間なのと、1~2の手順がGmailやoutlook.comのフリーメールでは完了できなかったので普段使ってないISPの.ne.jpドメインのメールを使った。

WindowsではPro Plus、MacではHome and Businessらしいが、両方いっぺんに買おうとしたらなぜかエラーになって決済が進まなかったので、今回はWindowsのPro Plusだけにした。フレコミでは「職場と自宅で同じ環境だから生産性が上がる」と在宅でのサービス残業を勧めるブラック感満載のキャッチだが、どうもVL版とは少し違うっぽい。HUPで買えるのは次のページでも分かるとおりFPP版(パッケージ版)のPro Plusてことになっている。職場で使うPro PlusはVL版。

自宅使用プログラムで Office をインストールまたはアンインストールする

「Pro Plusはボリュームライセンス専用」てさんざん書かれてるのに。HUPでインストールしたWordでライセンス情報を表示させたら、さらに意味が分からなくなった。

officehup1

クイック実行形式でインストールされたのはいいとして、いきなりライセンス認証が必要とか警告してて、初期状態では隠れている追加ライセンス情報を表示するとPro Plusのライセンスが通っていることが分かる。Proのライセンスは認証ボタンで認証ウィザードが動くのだが当然のように蹴られる始末。

officehup2

時計を進めて6月にすると「ライセンス無し」になった。この状態でもPro Plusのライセンスは保持されてるので制限モードにはならず、通常通り編集や保存の操作ができる。

どちらの画面でも「Officeの更新プログラム」ボタンがあるから、これがVL版では無くてFPP版であることが分かる。次の画面は以前も出したVL版のExcelのライセンス表示。MSIインストールのVL版はWindows Updateで更新するからここには更新ボタンが無い。つまりHUPで買うOfficeはPro PlusだけどFPP版とかいう超レアなアイテムだってことが分かった。

office2016-VL1

で、FPP版のPro Plusでここにある更新ボタンで更新をかけるとPro Plusが消えて通常のProになった?!?! 起動するたびにライセンス認証ウィザードが出て制限モードのカウントダウン始まる orz

な・ん・な・の・こ・れ!!!

いったん削除して元のHUPのPro Plusインストーラを使ったら元の状態には戻ったけど、更新すると認証が外れるとか意味分かんない。このエディションはレア過ぎて検証してないんだろうか。これ生産性が上がるどころかシス管のサポートが増大するだけじゃない?