Windows 10をボリュームライセンスで買ってみる – 玉砕編
からの続き。

Windows Enterpriseを買ってやろうと思ったら、あまりの高額さにビビッていったん引き下がったが、一生に一度くらいは最も高価なWindowsを使ってやるのも悪くないと思いなおして再度挑戦してみることに。

現時点ではFPP版(通常パッケージ)のWindows 10 Pro(L)が1本あるので、これをもとにしてどのPCに入れても良い状態のWindows Enterprise Upgradeを注文することができる(L+U)。ただ、Uのみでは買えないので、強制的にSAも追加されて L+U+SAで完全無欠Windows10 Enterpriseが1本完成する。Lが22,000円くらい、U+SAが36,000円くらいで合計58,000円と、考えられる最も高額なWindowsとなってしまった。

だがU+SAだけでは注文が完結しない。Open Businessでは3ライセンス以上が条件なのでU+SAで2ライセンス、もう一つ以上何かが必要。通常だと最低額の何かのCAL(2,000円くらい)とかで無駄に何か買うことになるが、魔が差してOffice Pro Plusのライセンスを追加してしまった。あのヤフオクだと中国人と国際取引して2,000円程度で買えるアレです(爆。

以前Office MacをLのみで買ったとき、Office 2013のLanguage Packが使えなくてショボーン(´・ω・`だったので、今回はSAも追加してみることに。今SAつけておけば期間中にOffce 2019(予想)をゲットできるから無駄ではないと思ってみる。Lがパッケージ品とほぼ同じ60,000万円くらい、SAがその半分の30,000円くらいで、L+SAだと90,000円くらい。なかなかお高い。ただしパッケージ版はもうアップグレードが無くなってるから2016と2019を買うなら120,000円になるし、それならL+SAのが30,000円もオトク!なんて調子のいいことを考えるが、お高いことには変わりない。

Windows + Officeで140,000円ほど。チビるほど高い。エグゼクティブクラスなノートPCが買えてしまうよ。

Windows 10 Enterpriseはなぜかヤフオクで1つも売ってないから評価版でがまんするとして、OfficeはOffice365 Pro Plusで妥協するか、もしくは国際犯罪に手を染めることになるのか。。

Office Pro Plusの非正規品が出回ってるって知識があるのは結構だけど「個人では買えません」なんて嘘を言っちゃうのはMSへの営業妨害じゃないの?

「質問です!」『Office Professional Plus 2013』と『Office Home & Business 2013』との違いについて
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113656109

Office Professional Plus 2013 ですが、Plusがつくとどう変わるんですか?
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11100222641

 

広告

Windows 10をボリュームライセンスで買ってみる – 再計画編” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中