Macbook ProにBootcampでWindowsを入れたらイケてるハードがさらに200%大活躍やで! て主張してるブログを多数読んだ結果、真のディベロッパはMBPでWinすべきと洗脳。速攻Windows 10 Proを買ってセットアップ、チョー簡単にMacでWinができてハッピーかと思ったら、現実はそんなに甘くはなかった。

・BootcampはそのMac本体リリース時点のWindows最新版からしかサポートせず、Win8.1以降は64ビットのみをサポート。例えばMBP 2016LateならWindows 10の64ビット版だけ。いまも32ビットWindows 7さいこーな人も居るわけで、そういうのを使いたい人はそれに合わせて古いMacを入手することに。PCでも第七世代(Kaby Lake)以降はWin10 64ビット版しかサポートしないが、最新のMBP 2016 Lateはリリース時点ですでに古い第六世代のCPUなんだなこれ。

・Windowsの回復環境(WinPE)がまともに使えない。Windows環境がひとたび壊れたら自動修復はほぼ不可。BootcampでWinしたくない理由はこれ、これに尽きる。BootcampでセットアップしたWindowsの回復環境で修復プロセスが成功したためしがない。インストールの簡単さとは裏腹に後のことは知らんと言わんばかり。このあたりで泣きを見た人の自慢ブログ多数。サードパーティー製ディスクユーティリティのWinPE環境もミニマルLinuxもそのままでは動かないから、起動中にVSSバックアップで作れたイメージが復旧できないよ、うわーん(AA略
システムのバックアップはあきらめるか、有料のWincloneを買う。旧バージョンは無料らしいけど現バージョンの環境には使えないのであきらめて買った。中途半端なBootcampを使うにはちょうど良い任意保険だ。

・WinPEが使えないってことで、買ったら付いてくるWindowsのインストールメディアですらも起動ができない。クリーンインストールしたいとか、起動しなくてまずいからデータファイルだけでも救いたいとかの理由でインストールメディアや回復ドライブで起動したかったりするわけだけど、それが素直にできない鬼畜仕様。古いMacbookならうまく動いたらしいが今はダメ。壊れたBootcamp環境の正攻法な復旧は削除してから新規に再インストール。

・macosとWindowsの切り替えに時間がかかる。OS/2でいうところの二重ブートだが、macosの起動がすごく遅いから特にmacosの起動時間の遅さにうんざりする。macの起動が早いというのはスリープからの復帰が早いだけで、bootcampでmacos/win切り替え時に必要なmacosのシステム起動はWindows8.x/10と比べ物にならないくらい遅い。

・macosが稼働してないとWindowsのセットアップは困難。最新のMBPはそれ用のドライバとかわんさか入れないとキーボードもトラックパッドも使えないのでWindowsをブートできたところでハマる。以前はできたっぽいが、まっさらな2016LateのMBPにWindowsをクリーンインストールするのは結構な困難を伴う。やってないけど。

・Upgradeの対象OSにmacosが入っているのにmacos無しではWindowsをインストールできないから、Upgrade版のWindowsはSA必須(macosを消し去らないとUpgradeインストール不可、SA有りならmacosを残してUpgradeインストール可。詳細はMSのガイド(PDF)参照。)。Bootcampでデュアルブートな状態にするのにUpgradeのWin8やWindows10 Enterprise Upgradeで安く上げようというのはNG。←C:\Windows作ってとか、2回インストールせよとか自慢のブログでドヤってる人いますよね。生粋のまかーはMSのライセンスなんてものは気にしないのか。なので、製品版の(フルライセンスの)Win10ProかHomeを買うことに。(Bootcampや仮想PCソフトで調べてると胡散臭いキー販売業者から買うとこブログに載せて「クソ高いWinを超格安でゲッツできて人生ハッピー。これで今日からMacでWinだぜ!情強はコレ。バカ高いバカOSがプレインのダサいPC使うなんてバカ。Mac最高。(超意訳)」なんて言っちゃってるリテラシー低い系マカーがいっぱい居るってことが分かった。)

・Bootcampでのインストールが簡単(単純)すぎて笑う。スクリーンショット貼り付けるだけで全く中身のないブログネタにしかならない簡単さ。BootcampがWindowsの自動インストール機能をハックしてくれるから、インストール途中はほとんど介入できないし、ドライバ類も勝手に入ってしまうし、インストールプロセスのカスタマイズもできない。Bootcamp一発、簡単、Apple最高。とか言ってられるくらいならまだいいね。

・パーティションの切り直しができない。ちょっと空き領域足りないなとか感じたらパーティションのサイズを変更したくなるのにそれが簡単ではない。消して最初から環境構築やり直しか、有料ソフトのCamptuneを使うか、同じく有料のWinCloneでバックアップしてパーティション消して、再度作成して、リストアを行うか。

・インストール用のゴミパーティションが残る。4GBのインストール用ファイルを保持するパーティションが残ることがある。複数回、再現性無しで残ったことがある。普通は残らないが不幸にも残ってしまった場合、消しても場所の加減でWindows用には利用できないし、標準機能だけではクリーンアップできないから、邪魔な場合はcamptuneとかでパーティションを調整しなければならない。

・BootcampではLinuxはじめ他のx86、x64向けのシステムは動かない。Bootcampは最新のWindows専用。そのうちだれかがHackしてくれるとは思うけど現時点でLinuxはMBP2016Lateでは簡単には動かないし

・Hyper-Vは使えないし、そのせいでVisual Studioもいまいち。誰ですか、macならmacosもiOSもWindowsもAndroidも開発できるからディベロッパーに一番人気はmacなんて言う人は。Visual Studio Emulator for Android のシステム要件 を見るとHyper-Vが要る。Turn off Hyper-V to use Windows 10 on your Mac ってAppleが言ってるから、macのbootcampはVS2015の要件を満たさない。もしヤッちゃったらyou can reinstall Windowsなんて言ってるし。ま、VSはデスクトップのWindows機で使うし。iOSアプリ作る奴隷労働してないし。それにHyper-Vで複数の環境をスイッチすると開発に便利だと思うんだけど、macでWinな真のディベロッパはそういう使い方はしないのか。

・Delキー無しの不自由さ。

てなわけで、BootcampはWindowsの自動インストール機能をフル活用して俺ハードなmac用にWindowsをなんとなくセットアップするだけの機能であって、MacをPCに変身させるような魔法ではないし、PCの自由さをMacにもたらすようなものでもない。少なくとも他のPCが無いといろいろやりにくいし、それだったら最初から自由なPCを使うよってなる。Linuxも使えないし。表向きはWindowsが使える「普通のPC」のように見えるところがイヤラシイ。トラブったら結構大変やこれ。

カッコイイMacBookでWindowsが使える「だけ」で満足ならそれでいいのだが。この生かさず殺さずのコバンザメ商法、さすがAppleのエコシステムは一味違う。macosだけでは戦えないことをよくご存じで。

もう次のMacBook Pro 2017が出たというのにMacBook Pro 2016 LateのLinux化Hackは進んでないっぽい。サスペンドができないくらいは予想済みで、いまだにオーディオは鳴らず、キーボードも、タッチパッドも、WiFiも、SSDも不完全、15型モデルに至ってはLCDバックライトが調整できないとか、Touch Barをファンクションキーとして使うことすらできない惨状。今どきのMBPはLinuxなノートPCとしては使う状態ではないね→さらに時間が経ってもいまだにhackできず。さすが世界標準のテクノロジー。Phoronixの写真、完全に開発中のデスク。やっぱり真のディベロッパはMBPやね。(disり

「macosは真正な認証のUnixだからLinuxなんか必要ない」なんてご冗談を。Unixの認証があっても不安定でしょっちゅう再起動を要求して、よくハングするシステムだったら、Unixの認証が無くても安定して動くLinuxのが良いし。VMwareを使うのも悪くはないが、不安定なmacosの上で動かすのだと安定なLinuxディストリも不安定に大変身しかねないし、パフォーマンスはとにかく、ストレージが256GBしか無いから2インスタンスも入れたらいっぱいいっぱい。MacでWinするなら仮想PCでもBootCampでも512GBか1TBは欲しい。

どこまで行っても逃れられないAppleワールド。自由なPC互換機やWindowsなど「ダサい」と一蹴し、macosのコンソールでlsやって「Appleサイコー!!!」って思いこむこと。それがApple好きへ最高の幸せをもたらすだろう。

Apple、Macのプロセッサも2020年までにIntelから内製に切り替えか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/03/news060.html

2020年にはなんだかんだで中途半端なbootcampは切り捨てかな。仮想PCソフトもqemuとかdosboxなんかの完全ソフトウェアエミュレーションじゃないと動かないから、x86仮想化支援を使うVMware、Paralls、VirtualBoxはどうなるのか。独自チップと称するARM派生チップがx86仮想化支援を実装するとかなら面白い。ほかにもMSがARM版のWindows汎用品を出すとか。それはありえんか。ARM版Windows使うくらいならARM版Linuxのがいい気もするし、今のbootcampのgdgdさ加減を見る限りWindowsサポートすら終了しそうだし。dgdgはmacos自体で下手したらiOS一本化でmacosが終わりかねんし。妄想ひろがりんぐ。さっさとiOSとmacos統合してCPUもさっさとσ(゚∀゚メ ワレチップARM派生な独自チップに統一して、まかーらを自由なPCから解放、アポーワールドに幽閉してあげて。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中