今のMSDNライセンスでもらえるプロダクトキーは認証回数が有限になっている。ずっと前はオンラインの認証回数上限はあったものの、認証回数自体に制限は無くて電話認証なら何度でも通してくれたのに。実際2004年ごろに終了したキーでWindows XPやOffice 2003を何度も認証してもらってて、今年に入ってからも同じキーで電話認証を通したし。

現在のMSDNライセンスキーは1キーあたり10回の上限があるうえにXPやVistaなんかは3キーしかもらえない。合計30回くらいなんて現実的に使い切ってしまう数字だし、これは由々しき問題。そこで思い出したこと、Open Licenseで契約したMSDNではVL版のWinXPも入手可能。WinXP登場時からさんざん言われている通りWinXPのVL版はライセンス認証が無い。これをゲットしてしまえば未来永劫WinXPの認証に関しては心配がなくなるというわけ。

でも、MSDNサブスクライバーのプロダクトキーの中にはVL Keyの表示が無くて「管理者からゲッツせよ」などと書かれている。個人で契約したものだから管理者も何も自分自身なので、権利を行使すべくボリュームライセンスの認証専用窓口をコール。3番でWindows XP ProのVLキーが欲しいと伝えてライセンスIDとか契約番号とか氏名を伝えて発行完了。何度も通ったがここは割と事務的。念願のWinXPのVLキーをゲッツ。今となってはゴミ程度だけど、これ当時はWarezでもいいから欲しかったものだよ。WinXPのVL版はMSDNサブスクライバーからISOでダウンロードできるのでダウンロードする。これで晴れてWinXP使い放題。やったね。

一度もオンラインにしていない仮想環境でVL版WinXPをセットアップしてみた。認証済み。

XPVlKeyOobe

WinXPより後の製品はVLキーでも認証が必要だし、MSDNのプロダクトキーの認証回数には制限があるから、同一製品にVL版がある場合は面倒だけどできるだけVL Keyも取得しておくと認証回数制限に対する不満を緩和できる。ちなみにWin10にはVLキーの用意が無いのが残念。Win 7やWin8.1のVLキーはまた取得しておこう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中