我こそはパソコン上級者という人の意見を見ているとパソコンの液晶画面はノングレアに限るという主張が多い気がする。

自分もツウ気取りで「家電メーカのプレイン満載で液晶テカテカでチャラいノートPCなんて使ってられんし、PCはビジネスモデルで液晶はやっぱりノングレアだよねー」なんて思いこんで、最近ノングレア仕様のビジネスPCのHPの430を買ってみたら、何かちがう。自宅で楽しくネットサーフィンがしたいのに何となく職場のPCで仕事をしている雰囲気。いまいち楽しくない。

何が違うかよく考えたらビジネスモデルPCの持つ無難な雰囲気と、モニタの見た感じ。これが多分に影響している。気がした。メーカーも異なるしCPUの世代も性能もだいぶ自宅のノートのが盛ってるし、Windowsのバージョンも職場は古い7と自宅は最新の10でいろいろ異なるのに、職場のPCはHD解像度普及前のWXGA 1366×768で、今回買ったノートも同じ解像度。当然ノングレア仕様。ここの雰囲気が何となく近いために自宅でも職場でも同じような雰囲気になってるのではないかと。

だいたいノングレア液晶なんて職場なんかの無機質に並んだ蛍光灯が映り込むのを避けるためのものであって、一般的に照度の低い一般家庭の部屋に1個しかついてないシーリングライト相手にノートPCならちょっと向きを変えれば映り込むこともない。豪華シャンデリアやダウンライトがたくさんついてるようなゴージャス部屋ならともかくね。

で、以前に試したノングレアな単体モニタを一瞬でグレア液晶に変える方法と同じようにノートPCにもテカテカなグレア仕様の画面保護フィルムを貼ってグレア液晶に一瞬で変身させた。一瞬といっても貼り付けタイプなのでかなりの慎重を要する。特にホコリを噛んで気泡が入ると最悪。見るたびに幻滅するから、ここは完全を要求する。surfaceやmacbookみたいに意識が高い人が使ってて知名度と単一モデルの出荷数が多いものはともかく、ラフに使われるビジネスPCにはガラスフィルムなどというものは出回っていないので高硬度をうたうテカテカフィルムをチョイス。割れないのはある意味メリットではある。ガラスフィルムは割れて液晶パネルに傷が入るようなことがあっては本末転倒だし。がんばって貼ったらホコリ、気泡、傾きは申し分ないが下部1ドットだけがはみ出した。はり直しもめんどうなのでこの辺で妥協する。

見事にテカテカグレア液晶に変身した。雰囲気はガラっと変わってなんとなくプレミアム感も出た。自宅ではあまり使う気にならなかったWindowsノートもなんとなくテンションが上がって楽しく使えるようになったよ。家庭用PCに職場の事務機器と同じ雰囲気を感じるのはダメだなって思った。

余談だけど、たまに見かけるマカーの主張で、ドザーはだめだな職場でも自宅でもやっぱmacに限るよ、ってな人って自宅で仕事してる気分にならないのかな。もしくは仕事めっちゃ好きなんだろうなって思った。自分が自宅では一瞬たりとも仕事のことを思い出したくは無いものだから。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中