Macってアプリ少ないっていうけど使うのは限られてるし、優秀なものだけが揃ってるからアプリの数だけ多いWindowsなんて比較の意味ないよね。っていうApple信者と、iPhoneって、Androidなんかよりアプリの数が多いからそれだけでいいよね。っていう同一のApple信者様。どっちかにしてください。

新型MacBook Proをしばらく使ってみたが、結局BootcampでWin10環境を入れた。Windowsが使えればアプリの数なんてものの数でも無いでしょ、って言いたいんだけど、Bootcampで入れられるのWin10だけだし。Linuxネイティブで使いたかったけど今のところ使えないし。しかもWindows環境のバックアップが超絶にやりにくいし。ディスク全体ならともかくバックアップとリストアで異なるパーティション構成でddイメージを戻すのは結構面倒だし、先進的なマカーならもっとクールな手順くらい書いてくれてると思ったらWinCloneかCamptune買えってくらいで、まともな技術的情報が見当たらない(←EFIパーティションを再構成しないと少なくとも起動メニューに出ないと思う)、AOMEI Backupperも使えんから、結局Wincloneを買ってしまったし。クリスマスイヴに何やってんだろ。

内蔵SSDまるごとバックアップとリストアならスティックPCと同じ要領で、macos Sierraの起動メディア(USB or 光学ディスク)から起動して、dd+gzipで外付けメディアにイメージ化してしまえば簡単にいける気がする。未確認。マックユーザーはBootcamp環境の保全なんて考えずにタイムカプセルでmacos環境だけ使ってればいいという啓示を受けた気がする。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中