iPhoneには心底がっかりしたが、そうも言ってられない事情がある。MacBook Proも発表とほぼ同時に注文したらもう到着した。こんなに早く届くとは、きっと人気が無いのだろう。※ちなみにAppleは今も根にもって嫌いだ。参照→Power Mac嫌い。Apple嫌い。



mbp1

ウヒョーーwww テンションMAX! 最新のマックブックプロ!!

iPhoneではきれいに撮れないの分かってるからキヤノンのPowerShotで撮影してやった。Mac初心者なのに最初に買ったソフトはVMWare Fusion 8.5 しかもPro! (すでにMac on Macになってる)

mbp2

意識を高めるために当然USキーボード!! カッコイイ。見た目が第一。
カナ入力派なのにカスタマイズしてわざわざ使いにくいUSキーボードを選んでやった。ヴァカじゃないのwww もちろんカナ入力で初期設定!!!

さらに英字はDvorak配列に変更したった。キーボードの表示なんて完全にカザリwww

で、iPhoneが自分的にさんざんだったのでMacBookもこき下ろしてBoot Campでめいいっぱいディスク領域を使ってWindows機にしてやろうかと思ったら、意外とそうでもなかったので文句を言わずにこのまま使うことにした。さすがはGUIの老舗だけのことはある。とりあえず2、3日使ったニワカマカーの正直な感想を挙げてみる。

関心したところ

  • これはMacBook Proの後継ではなくMacBook Airの正当な後継かと思わせるデザイン、重量感。薄い、軽い。そしてI/F少ない。→個人的には前のMBPは重すぎて買う気がしなかったのでOK。I/F数は不満。
  • タブレットにキーボードがついたような性能のmacbook無印とは違ってスペックもパソコンっぽい。
  • コンソールが便利。VPSのsshセッションでもうまく表示が崩れたりせずに使える。
  • zipとかsshとかtarとかUnixツールがひととおり使える。
  • rootが解放されている。つまり、ユーザが管理者となるパソコンである。
  • 開発環境のXcodeが無償。swiftはなんとなくおもしろそう。
  • 追加ソフトのmacOS Serverが便利。sambaサーバが割とお手軽に使えるのでPCとのデータ交換が捗る。無償か標準装備だったらもっといいのに。
  • USB-FDDでDOSの2HD 1.44MBがそのまま使えた。
  • 仮想化ライセンスが標準でついている。ただしMac on Macのみで。
  • VMware Fusionは一個買えば非商用でなら複数台に入れても良いらしい。Mac 1台しかないけど。
  • スタバでドヤれる。しかもUSキーボード。
  • USキーボードだからcontrolキーが左下。Aの右がいいとか入れ替えしないととかそれってPC9801っすか? ブログネタにして慣れるのに◯週間とか◯ヶ月とか公表するのダサいから。設定画面で確認して2分復習でじゅうぶん。
  • 一応純正のX11サーバが用意されている。
  • MSのRDPクライアントがなかなか良い。
  • (気づいたら追加する)

ダメなところ

  • ポートが圧倒的に少ない。USB3.1(Thunderbolt3) ×2とヘッドホンジャック×1でProとかやりすぎ。SDカードスロットとUSB端子あといくつかくらい付けられるでしょ。→拡張ケーブルで。
  • 付属のUSB3.1ケーブルの表面がねちょねちょしてて気持ち悪い。触ると手にねちょねちょが付く。拭いてもねちょねちょがとれない。交換したくても近所で売っていないし。
  • トラックパッドでかすぎ。ホームポジション崩れるんですけど。範囲限定とかできんのこれ。
  • トラックパッドのTaptic Engine感がいまいち。Win機はタップにいちいちフィードバック無いから軽~く操作できるのにmacbookはいちいち押し込まないといけない。押し込んでいないのに。→タップで反応するように設定変更。iPhoneの3D Touchもそうだけど押し込む動作はやっぱり面倒。調べる機能とかあんまり使わない。
  • キーボードオペレーションが壊滅的。整理されてないアクセスキー全部覚えんのとか無理。メニューのキー操作はあるのに最初はリンゴマークにフォーカスするから必ず→押すことになるし、しかも↓でプルダウン操作しないと次の操作できないし、そもそも人によって設定違うし。アプリの切り替えはできるのにウィンドウの切り替えはできないとか、キーボードなんか使うなってことか。
  • キーボード操作はカスタマイズすればオッケーとか何それ?マックはデフォルトで誰でも簡単、使いやすいとか言うてたんちゃうの。
  • ログイン時のユーザーを選ぶ操作はマウスカーソル操作が必須で、その後のパスワード入力はキーボード操作が必須。マウスカーソルも左上隅にあるので真ん中付近にあるアイコンまではるばる持ってくるのが超面倒。→そこでライフハック、キーボードビューアで解決!マウスだけでログイン!! ってそれ余計に面倒だよ。。それとも完全に安全なmacosのセキュリティ自動ログオンでを皆無にするとか。あるいはApple Watchを追加購入するべきとか、Touch ID対応のMBAに買い替えるべきとかそういうのはご遠慮願いたい。
  • キーボードがちゃち。使いにくいというわけではないがHPやLenovoのビジネスノートのが打鍵感は上。高級感とかバックライトより打鍵感を重視してほしい。→macbookはキーボードの選択肢が無いので慣れるしかない。キーボードなんて最初から重視してないのかな。macを使うようなハイセンスで適応力の高い人ならさほどの問題でもなかろう。
  • せっかく英字入力ではDvorakを使ってるというのにショートカットの操作だと部分的にQWRTY配列でも動作する。全部がQWRTY対応ならともかく、混在してるので極めて使いにくい。日本語入力モードだとショートカットは一律にQWRTYなのに、「ちとしは」でF8を押すと「aoeu」とDvorak。最初のログインはQWRTYなのにロック解除はDvorak。「標準でDvorak使える!便利!!」と絶賛の割には節度無さすぎ。
  • 通常のテキスト入力ではfn+deleteで後ろの文字が削除できるのに、日本語変換入力時の未確定の時はそれができない。同じテキスト操作に属する操作なのに入力モードで統一されていない直感的ではない操作にイライラ。→通常deleteとカーソル移動キーで。
  • システムの起動とか再起動は遅い。起動もシャットダウンもWindows10が圧勝。スリープからの復帰でもWindowsノートのが早いくらい。しかもWin機なんて何年も前から指紋認証でログインできてるのに手元のMBPはTouch ID無いし。→周りが見えない本格的なマカーとは、システムの起動とシャットダウンとスリープとハイバネーションの区別も判別不能なのだ。
  • 更新が入るとすぐ再起動。そう、Macならね。
  • カメラの画質悪すぎ。ただのwebカメラ。
  • 電池の持ちはそれほど良くない。いじりまわしてたら一日はとても持たない。
  • Thunderboltの電源供給が止まらない。USBメモリが1個つながっているだけで、シャットダウン状態でも電池が減る。朝80%だったのに使わなくても夜には75%。→スリープ、シャットダウンするときは必ず接続機器は取り外す。超面倒。
  • macbook閉じてもPower NapオンでiPhoneが充電できる。超便利!!とかいうライフハック()。macbookは所詮モバイルバッテリーか。こっちはスリープ時の電源供給などオフにしたいのに。Power Napオフにしても電源供給止まらんし。
  • Thunderboltに何も繋いでなくてもPower Nap無しのスリープが一晩で5%くらいバッテリーが減る。Win機ならHybrid Sleepでスリープしたらバッテリ抜いてすらいいのに。→ACアダプタ繋ぎっぱなしでバッテリがヘタるのが早いか、残量ゼロでバッテリーがヘタるのが早いか。いずれにしてもバッテリーは1、2年だな。
  • テカテカなグレアモニタ。→フィルムでも貼る。
  • モニタのヒンジの可動範囲が思ったより狭い。もっと開くかと思った。
  • iTunesの使い勝手の悪さはWindows版と同じ。
  • TPMを搭載していない。最新で業界標準の技術でとは言っているが盛大にお漏らししたiCloudに秘密鍵を預けるのは気が引ける。
  • 標準アプリでも若干不安定さを感じるものがある。強制終了の操作もすでに何度か行った。App StoreやFinderですら変な挙動をするとか、さすがApple品質。
  • スリープからの復帰で画面がおかしくなる。結構前のモデルからスリープからの復帰で画面がおかしくなるって報告があるので鬼門なんだろう。スリープからの復帰がうまくいかないのってWindows Meノートでは良くみた症状だわ。スタ〇でさっそうと開いたら画面が不規則に点滅してるとか固まって操作できないとかダサすぎ。本当に。→10.12.2の更新で直った?様子見とする。→再発。やっぱり直ってない。
  • 普通の起動時でも無応答になって強制再起動を行ったことが数度。
  • 付属アプリの不安定さにとどまらず、再起動やスリープ機能などOSの基本的な部分ですらおかしなところが散見される品質ってことは、セキュリティホールになるバグだってけっこうあるんじゃないかな。→感覚的に狂気を感じるので、macosにセキュリティ対策ソフトは必須だわ。Windowsと違ってmacならウィルス対策不要()とか根拠レスにもほどがある。
  • 電源オン時の音もなくなったし、状態表示のLEDもファンの開口部も無いから画面がついていないと電源が入っているのか入っていないのかさっぱりわからない。Linuxをブートしたいのだが、電源の状態がわからないので無駄に電源ボタンを長押しすることに。
  • ファンの通気孔が無いからか普通にウェッブしてるだけでも底面が結構熱くなる。最新のサーマルテクノロジー = 熱風を内部で引っかき回して全面放熱って感じ。夏場はどうかな。
  • リモート操作がショボショボ。標準機能で簡単に使えて便利と書かれてても所詮VNC。画面転送でしかない。標準機能なのにVNCのパス入れてから再度ログインパス入れるとか実にイモね。WindowsのRDPなんかと比べるのがかわいそうなほど、sshdがあるとかそんなんどうでもいいくらい、ショボい。「Macって簡単に○○できるから(Windowsよりも)便利。」ってほんとうに「できるだけ」でMACerは満足できるんだね!!
  • BootCampでWindowsも動く!!って、動くのは動くけど動くだけ。動くのWin10の64ビット版だけだし、ダイアログのアスペクト比おかしいし、macosがきちんと動いてないとインストールすらできないし、Windowsインストールもバッチインストール機能でカスタマイズされたインストール環境しか使えないから、単独でのインストールやりにくいし、システムイメージとってても回復環境がそもそも使えないからWin環境がひとたび壊れたら全部消してからやり直しだし、わざとこういう妙ちくりんで微妙に信頼性が低い仕組みにしてあるんじゃないかと思えてくる。これはあれだ、Appleが「macosだけじゃなくて、(とりあえず)Windows10も動きまっせ、お得でっせ、ダンナ。」と言って売る口実だな。やっぱり「できるだけ」でMACerは満足できるんだね!!
  • HFSなどいかにもAppleなファイルシステム(とNTFS)以外でいちいち作られるリソースフォークが極めてダサい。古い技術や後方互換性は真っ先に切り捨てると評判のAppleなのに、こんな古くて面倒な仕組みこそ真っ先になんとかしてほしい。このOSの根本的な部分に手を加える体力が今のAppleには無いんだろう。
  • 現状ではLinuxが動かない変なハード構成。これではmacosも動く、Windows互換PCだと思われても仕方がない。
  • トラックパッドが使いやすいってね、たしかにタスク切替とかのジェスチャの認識と操作感は上々だと思う。でもポインティングディバイスとしてはどうひいき目に見てもマウス未満。マウスの代替デバイスとしては、少々大きいというあたりを除いて他のPC同様やっぱり使いにくい。ウィンドウを任意の場所に移動してサイズ変更、その後アイコンをドラッグアンドドロップというごく普通な一連の動作がかったるい。トラックパッド絶賛してるブログエントリなんて十中八九ジェスチャをほめちぎってるだけで、カーソルのポインティングのことなんて触れても無いし。
  • トラックパッド でスクロール のジェスチャが二本指だから ホームポジションから手を離す必要がある。Windows機のトラックパッドってたいていドライバ無しですら右端がホイール操作になっててホームポジションから動かなくても親指で一本で操作できる。ま、配置や人によって親指の可動域から難しい場合もあるかもだが、使えるとかなり楽。
  • 最初はおもしろかったけどジェスチャもアクションが大きくてかったるい気がしてきた。タスク切替はmacもWinもキー操作のが素早いし、スクロールも指を同時に二本のせてすりすりするより、PCのsynopsysみたいに端っこでちょんちょん弾いてタップで止まるような慣性のある一本指スクロールのが楽だ。
  • MS Accessがmacosネイティブで動かない。Outlook for macはほど良く動くがVBAが無い。まあ、これはM$への恨み節ではあるが。
  • この不安定なシステムがThe Open Groupの認証を受けてるとかちゃんちゃらおかしい。まあ、正式なUnixの確認なんてコマンドやAPIなんかのインターフェースがあるかどうかであってRASIS周りの信頼性評価ではないんだし仕方ないか。認証を受けた正式なUnixだからMacはすごいんだぞっていうようなところ、本当に表面上だけ感がAppleらしいね。
    このBAとか、Unixだから安定してるなんてよく言えたね。根拠にもなってないよ。さすが。
  • (イラッとしたら追加する)

たいがいdisったが、体感するイライラはiPhoneより少ない気がする。Apple嫌いなアンチマカーだけど、今回のMacbook Pro満足度は高め。※コスパなどを除く。

それと「MacはダサいWindowsみたいに重くないから、Airや無印がメモリ8GBなんだし普通の使い方ならメモリは8GBで十分。」なんていう記事を信じて8GBにしなくてよかった。4GBで十分だって記事すら見かける。本当に使って活用してるんかな。だいたいPCレビュー系記事で「〇〇くらいなら、そこそこ快適」は「○○でも決して快適とは言い難い」、「〜だから、普通なら○○で十分使える。」は「前提条件が妄想。○○は最低限であり、○○なら不満なことがよくある。」くらいに読み換えるくらいのがいい表現だと最近悟った。(スティックPCとかiPhoneとか。)

電池の持ちも同様で「Macは電池の持ちがいいから普通の使い方なら1日十分使える。」なんて書かれてるけど、とても持たない。半日がせいぜいで、1日は電池を心配しながらならばなんとか使える。ってくらいが適切。取り外せないし充電の制御も非公開で制御できてるのかどうかすら微妙だからバッテリーの管理が面倒。

広告

さらに意識を高めてみる。MacBook Proで。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中