ゲルマラジオで普通のマグネチックイヤホンやヘッドホンやスピーカーが鳴るか試した。

ST-12 (100kΩ:1kΩ) と ST-32 (1.2kΩ:8Ω) をつないで 100kΩ:8Ωの変換を普通のゲルマラジオ(PA-63R、単連ポリバリコン、1N60片側検波、抵抗負荷470kΩなもの)に接続して動作を確認。

中~弱電界地域で、インピーダンス変換無しの通常構成でセラミックイヤホンだと3mのワイヤーアンテナだけで4局入る。NHK第一729kHz、NHK第二909kHz、CBC1053kHz、東海1332kHz。音量は大きくは無いが十分。本物のロッシェル塩クリスタルイヤホンだとかなり小さい。

ゼンハイザーのオープンエアヘッドホン(PX95、32Ω、音圧感度114dB)はワイヤーアンテナだけで聞こえない。電灯線アンテナをつないでようやく聞こえる。ただし東海、NHK第二は小さくて聞こえにくい。音質はかなり良い。

LGスマホについていたイヤホンマイクは電灯線アンテナで4局とも十分な音量で聞こえる。なぜか両耳から聞こえる。3mワイヤーアンテナだけではかなり小さくなる。

ACEラジオキットに付いていた片耳マグネチックイヤホンも電灯線アンテナでLGイヤホンには及ばないがそれなりに聞こえる。

8Ω0.25Wの紙コーンのスピーカは電灯線アンテナでも蚊の鳴くような声しか出ない。電話の受話器のようにしてようやく聞こえる。でも確かにスピーカが鳴ったという感動はある。

いろいろ試したが、スピーカでなければ電灯線アンテナだと実用的な音量が見込める。ものによってはワイヤーアンテナだけでも入るがいずれもインピーダンス変換無しのクリスタルイヤホンより小さくなる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中