2SA12で1石レフレックスラジオ

ゲルマニウムトランジスタ2SA12で一石レフレックスラジオを組んでみた。EIAJ登録では2SA12が高周波用PNP型トランジスタの先頭。88年度版のトランジスタ規格表はここから始まる。

2sa12

近所の部品屋で売れ残りを1個だけ買ったもの。現在でも流通在庫が数百円程度で買えるので特に骨董的価値もないものの、いつの日かスパイダートラ検ラジオに使うつもりだったが、もったいなくて使わずじまい。そして25年の歳月を経た今、使うことに。トラ検ではつまらないのでレフレックスにした。イメージとしてはザ・昭和の模型ラジオ。

IMG_1738

2SA12のほかに、古いバーアンテナPA-63R、中国製で割と新しい単連バリコン、黒帯2本の1N60とおぼしきゲルマダイオードが今回のキーパーツ。構成は1石レフレックスラジオで倍電圧検波、出力にST-30を用いて昇圧。回路はこちらのサイト掲載の子供の科学1975年5月号の回路を参考に定数や配置を手持ち部品に合うよう変更。もとは2SA103の回路、リンク先では2SA100を使ったと記されている。hfeが2SA100は80以上、2SA103は50、2SA12は60となっているが、Trのhfeなどいいかげんでアテにならない定格なのでバイアス抵抗の調整でなんとかなるだろう。一石レフレックスとしては標準的な回路だが、ひと工夫あって巻き線が1本のPA-63Rを使いつつ、AFを混合してレフレックス増幅するためにコンデンサでPA-63Rのアース側を直流的に分離しているところがポイント。しかもこのコンデンサは検波の包絡線検出のコンデンサと発振防止のデカップリングも兼ねているようだ。ただし分離や感度など性能の点では単巻きコイルではなく、二次巻線のあるものを使ったほうが良いかも。

一発では鳴らなかったが配線修正で動作。PNPでラジオを組んだのは初めてで負電源はこんがらがった。ベースにバイアス電圧をかけている抵抗を小さくするとIbが増えるのでゲインが上がり、Icも大きくなって消費電流も増える。まともに調整できるのはこの箇所くらい。元の定数は50kΩで手元になかったので、47kΩとしたがこれだとトラ検より少し良いくらい、1kΩにすると発振しそうになる。補助アンテナをつけても発振しない程度に10kΩとした。消費電流は2mA。アンマッチだが現代のダイナミックヘッドホンもそれなりに鳴らせる。バーアンテナのみでも受信できるし、0.5メートルのアンテナを付けるとうるさいくらい鳴る。感度はHOMERの1TRみたいな一石トラ検とはやはり雲泥の差で、006Pの9Vで動くACEやCHERRYのシリコン1石レフレックスと比べてもそん色ない。これで長年保留にした課題が解決した。

近所の部品屋を覗いてみたらピッカピカの2SA12がたくさん売れ残ってました。。

広告

USキーボードで新JIS配列カナ入力

USキーボードでもDvorakJで新JIS配列ができるように設定を書いた。

このソフト、AutoHotKeyを使っててたいていの場面で安定してるので最近はもっぱらこれ。でも、いろいろキーマップは入っているのに新JIS配列が完全に無視されているのが残念。自分で用意しよう。これまで106キーでしか使ってなかったので、単に101キーに取り替えてDvorakJの設定で101キーを使用しているの指定をしただけだといくつかのキーがおかしくなってて、そこんとこ修正。何したかというと、入力できない文字をUTF-16コードに置き換えた。やり方は次の設定ファイル2個をDvorakJのuserフォルダに適当なファイル名で入れておき、DvorakJのキーボードの設定で日本語、直接入力それぞれでファイルを指定する。

・新JIS配列用(日本語)

順に打鍵する配列

/* 101キー用 新JIS配列 (106キー用と異なる)
   日本語は新JIS並び
   記号は新JIS並び
   キー表記のまま変則は‘(`)、~(Shift+~)、¥(\)、|(Shift+|)
   キー表記無しの変則は _(Shift+0)、@(=)、*(Shift+=)
 */

/* 文字キーを単独で入力 */
[
1|2|3|4|5|6|7|8|9|0|-|+|¥|
そ|{U+3051}|せ|て|ょ|つ|ん|の|を|り|ち|@|
は|か|し|と|た|く|う|い|{U+309B}|き|な|‘|
す|こ|に|さ|あ|っ|る|、|。|れ|¥
]

/* [shift] + 文字キー */
-shift[
!|”|#|$|%|&|’|(|)|_|=|^|||
ぁ|{U+309C}|ほ|ふ|め|ひ|え|み|や|ぬ|「|*|
ぃ|{U+3078}|ら|ゅ|よ|ま|お|も|わ|ゆ|」|~|
ぅ|ぇ|ぉ|ね|ゃ|{U+3080}|{U+308D}|・|{U+30FC}|?|_
{shift}|
]

 

・直接入力用(Dvorak英語)

同時に打鍵する配列

/* 101キー直接入力用 Dvorak配列 (106キー用と同じ)
   英字はDvorak配列
   記号はDvorak配列
   変則は無し
 */

[
1|2|3|4|5|6|7|8|9|0|[|]|\|
'|,|.|p|y|f|g|c|r|l|/|=|
a|o|e|u|i|d|h|t|n|s|-|`|
;|q|j|k|x|b|m|w|v|z|\|
]

-shift[
{!}|@ |{#}|$ |% |{^}|{&}|* |( |) |{{}|{}}|@@@|
"  |< |>  |P |Y |F  |G  |C |R |L |?  |{+}|
A  |O |E  |U |I |D  |H  |T |N |S |_  |~  |
:  |Q |J  |K |X |B  |M  |W |V |Z |@@@|
]

 

快適、快適・・・

新JIS配列は親指シフト(NICOLA)と違ってUSキーボードでも違和感なく使えるところがいい。

独自調査によると特にMacのUSキーボードで親指シフトをしようとしている意識の高い人がたくさんいてるようだ。Macbookなんてものは知ったことないが、左Alt(Commandキー)とSpaceを親指シフトキーに割り当てるような感じらしい。やってできなくもないが、頻繁に使うシフトキーとしては左寄り過ぎるし、物書きというわけでもないのでアクセスキーとして左Altは頻繁に使いたいし痛し痒しだな。106キーを使えば日本語入力の悩ましいところがいろいろ解決するんだけど、意識高い系の人になるにはUSキーボードが必須なので。

まじめにラジオを作ってみた

ちょっと不格好だけど回路設計から起こしたフルスクラッチの2石レフレックスラジオの本体が完成した。

reflexradio

キット、雑誌の製作記事、スクラッチ含めてストレートラジオはゲルマ、倍電圧ゲルマ、1石トラ検、1石、2石、4石レフレックス、3端子ICといろいろムダなほど組んだが、やっぱり2石でスピーカーが鳴るレフレックスはミニマルと実用性を兼ね備えた優れた構成だと思う。回路的にも学ぶところは多い。ホーマー2SP211の2石レフレックスはすばらしいけど、回路的にはだいぶ合理化されているのか理解しがたい部分も見受けられるので、今回は自分で納得するまで回路設計と定数の調整まで行った。

レフレックスラジオの回路中学生のときには原理以上のことは理解できておらずキット以外の自作は結局ゲルマラジオ、トラ検ラジオどまりで発展がなかったし、その後の大学の講義でも習わなかったけど、実際の回路もそこで習った増幅回路で構成されていることが各部位ごと詳細に確認してようやく理解できた。遅すぎ。

こだわりポイントとしてはトランジスタは2SC945を一段目、二段目ともに使用。再生無し、倍電圧検波。ボリュームは前段でAFレベル調整。AF段は容量結合とした。ホーマー2SP211より少しAFゲインが少ない気もするが、あっちはAF増幅段の入力側がトランス負荷になってるゲルマニウムトランジスタかと思う時代錯誤な回路なので、こっちは合理性と再現性を追求することにする。またST-12買ってこよう。。消費電流が15mAとちょっと多めだが(予想では10~12mA)、そこそこのゲインと選択度で、分離はホーマー以上だと思う。同じコイルとバリコンでゲルマラジオを組んだ時はここまで分離が良くなかったのでトランジスタのRF増幅段が良く効いている。再生も試したがすぐ発振するので無くてもいいかな。回路図は気が向いたら掲載。→トランス以外完全にバラして組みなおした。

30年前の小学生ならマイラジオを持つ喜びもあっただろう。でも野球中継はつまらないぞ。

 

これまでに使った鏡筒のメモ

ビクセン製の比較的安い鏡筒ばかりを中心にこれまでいろいろな望遠鏡を使ってきたので感想というかメモ。オークションで二度と買わないように自戒の意味で。

・ビクセン SA-70S
知らないうちに親が買っていた。ニューポラリスとのセットで展示品?が1万円台だったらしい。接眼アダプタのネジがバカになってるとか、クランプの取っ手になるビスが無いとか、付属品がいろいろ雑な状態で小学生には重かった。ハレー彗星はこれで見た。セミアポの鏡筒はコントラストは現在となってはもう一つだが、色収差は少ないし、明るい割には比較的落ち着いた印象だったと思う。これがその後の望遠鏡の基準になった。

・ビクセン60L鏡筒 (サブスコープ60L)
追尾撮影がしたくて60Sだか60Mを頼んだらなぜか60Lがやってきた。SA-70Sの上に乗せるには長すぎる。無理して使った。SA-70Sより新しい物であることと、F=15と暗めで像は落ち着いており、中倍率だと結構よく見える。全長1mくらいと長いが光軸調整などがついてないので軽めで取り回しも良く、長焦点アクロマートとしては良い物だった。現在の入門用にこのクラスのものが無いのが残念。軽いが長いので並のカメラ三脚に載せるのは無理で、ちゃんとしたものが必要。ファインダーを付けてカスタム経緯台に乗せてそこそこ使った。

・ビクセン プラネット80S
ビクセン光学かどこかのアウトレットで買った。鏡筒長が短く、三脚ネジの台座も付いてて取り回しが良い。付属のアイピースがf型とかいうコルキット並みのものに変更されててかつ汚れてたのが謎。サンプリズムと組み合わせて太陽観測には手軽で便利だったが、口径80mmにしてF=5。当然満月を見たら縁はひどい青ハロ。口径を60mm程度まで絞って見るという残念なことに。また筒内反射もひどくてコントラストも低い。植毛紙を貼ったらだいぶましになったが、今度は太陽の観測ができなくなった。延長筒が無いとピントが合いにくいというのも残念。便利だったのは60Lで使ってたサブスコープ脚がぴったり合うこと。口径も大きく、ガイド筒には最適。卓上三脚は微動ユニットと組み合わせると異様に使いやすい。微動雲台はバランスが悪くてダメ。地面に置いてしゃがんで使うことになるので蚊に刺されやすい。車のボンネットだと高さは良いが意外と向きが合わなかったり、ボンネットの剛性がないのと三脚の脚がゴムなのでよく揺れることに気付く。短焦点アクロ80mmF5は二度と買わない。

・ビクセン ガイドスコープ60M
中古でゲットした。筒は普通のアクロで悪くないが良くも無い。60Lのが無理が無くて良く見えた。ガイドスコープたる微動装置で残念な箇所は、上下微動のカウンターバネが下側に付いてること。これだと接眼側にGA-4とか取り付けて重くなるとバネが負けて動いてしまう。構造的にはネジを下にするべきだと思うが、こういうのは使ってみないと分からない。この微動装置はハレーマルチ、タキオンマルチにも使われてて接眼側に重い物を付けないという前提なら良いと思うが、どっちかというと微動ユニット+プラネット80Sの構造のが自分としてはしっくりくる。買うならサブスコープ60Mかな。

・ビクセン プラネットRC-125M
オークションか何かでゲットした。カタディオプトリックニュートンとかいう変な構造。ニュートン式の斜鏡手前にレンズがついていて物理的な距離より焦点距離を長くとれる構造。斜鏡のサポータも平面ガラス板でスパイダーが無く光条が出にくいという変わった構造。色が黄色に着色する感じがあるのと中央遮蔽があるので微妙だが口径なりには良く見える。プラネット80Sとは別次元。ただ、斜鏡前のレンズのバルサムが劣化してて気泡だってたことと、主鏡がセルから外せないので再メッキもできないなど、バブリーで使い捨てなところが残念。プラネット経緯台は80Sのものよりふた回り大きく、カウンターウェイトも付いて別物のよう。セットとしては小さいし、地面に置いて使っても横から覗く構造なので取り回しも良い。ただし重い。三脚込みでの見た目は良いので最初のオーナーになるなら80SよりRC125Mを選ぶだろう。中古はたまに見かけるが極上なものでなければメンテできないことの代償をはらうことになる。これも二度と買わない。

・ビクセン FL-80S
接眼側が重くなるとバランスがとりにくくなるがアクセサリーバンドでカウンターをとると良い感じ。あと接眼部自体がもうひとつ。それ以外は言うことなし。ほとんど望遠鏡を見ない人にのぞかせても違いが分かるらしい。GP-Dに乗せると鏡筒自体の短さ細さが相まってもうちょっと大きいFL-102Sが欲しくなる。でも次買うならタカハシFC-100Dだ。FL-80Sはカスタム経緯台に乗せるとちょうど良い見た目だと思う。台はブルドック経緯台になったが、今はこれ1本。

・ビクセン サブスコープ60S
ADVIXのアウトレット。レンズはD=60mm f=480mmでF=8。小さくて取り回しが良い。アクロマートなので青ハロ多く、見えはそれなり。でもこの小ささとしっかり感は安物望遠鏡とは一線を画す。残念なところはドローチューブを入れた状態だとおそらくケラれるて有効径が小さくなるところ。このあたりの構造は面倒でも延長筒を使う80Sのが良いかも。当然ガイドスコープ60Sも同じ。小さくて使い勝手が良いためかオークションでは割と人気なのだが、このケラレはケ●コーの口径詐欺と同じようなものなので、短いドローチューブに交換するとか、延長筒不要をメリットとして有効径40~50mmだと割り切って使うしかない。はっきりいって見えは長焦点アクロの60Lには遠く及ばない。口径が小さい分プラネット80Sより落ち着いている。ちょい見用にはちょっと力不足。所詮ガイド用の鏡筒、二度と買わない。

・オルビィス コルキット スピカ
組立は割と面倒なのとハメ殺しなので後々メンテができないのでレンズが汚れたら、もう一台買う必要がある。接眼部が圧入するだけなので重いアイピースを使うのを躊躇する。「値段の割に」見えは良いが、接眼部がゆがむと収差が出るのでけっこうシビア。この見えで感動できるかどうかが絵踏みなのだろう。普通の長焦点アクロやアポクロで見た後だと眼が肥えているのでそれより前に使うべきだ。

・星の手帖社「10分で完成!組立天体望遠鏡 15倍」「35倍接眼部」
ドローチューブがネジ式(曰くヘリコイド式)で接眼部の交換を考えなければ構造的にはかなり良い。そういう意味で35倍接眼部は要らなかった。24.5mmアイピースを使いたくなるが要改造。他にもフードの追加と迷光対策を行う余地はあると思う。シールは貼った方が構造的に安定するが分解できるようにあえて貼らないか切れ目を入れておくかが悩ましい。サブスコープには、ならないけど1台目ならアリ。接眼部の構造が分かるのも◎。

・ビクセン R-150S
15cmの反射鏡は使う日を選ぶが、条件が良いと見えはすばらしい。NGC 7662も天王星もこれで見た。蒼く見えた。個人でこのクラスの望遠鏡を手にできるというのもすばらしい。コントラストも上々。放物面鏡、1本スパイダーの単純かつ精度の良い光学系とスチールで剛性のある鏡筒は、スライド式接眼のエンプラ製ラックアンドピニオンがすべてを台無しにしている。せめて金属製にしてほしかった。左右端を超えるように動かすと確実にギア山が破損する(実証済み)ので、ラックギアの端を削って意図的に外れるようにすると良い気がした。左右で押すだけなので改造しやすいというところは救いか。あと残念なのはビクセンが反射鏡の再メッキをしてくれなくなったこと。重くてでかいし、たぶん二度と買わない。

・ビクセンR-100M
カスタムD経緯台セット品。3本スパイダーにスライド接眼ではなく普通のドローチューブ。極めてオーソドックスな構造の10cmのニュートン反射。惜しいのは球面鏡だというところ。放物面鏡にしてほしかった。どうせ再メッキはしてくれないので鏡が手に入れば交換も可能だろう。でもそんな主鏡はカスタムオーダーしないと無いか。カスタムD経緯台でも使いやすいが、RC-125Mのプラネット経緯台にもジャストフィットして結構便利だった。安いがニュートン反射の使い方に慣れるのにはちょうど良いくらいで、R-150Sよりも軽いし、R-100Lより短いし、とにかく気軽でいい。今なら10cmクラスの屈折も苦労なく手に入るし、反射はバカでかいのが主流だし、10cmの長焦点ニュートンなんて出る幕も無いのだろう。でも再生産されるならこういうのがあっても良いとは思う。幅と背たけがあるフォークマウントでは若干使いにくそうで手放したが、R-100M自体は本当に使いやすい1本だった。

(タカハシが買えない可哀想な子だったんだろうなと思われそうなものを)いろいろ試した結果使い勝手が良いと感じたのはFL80Sの他は60LとR100M。性能はR150Sに見えは及ばないし、それ以上に大口径で高価なものがより良いのは理解している。けれどある程度の手軽さは最優先の項目だ。

全体的な印象として、並の大きさのものや古くからある長焦点アクロのような「普通なもの」は総じて安心して使える。短焦点アクロ80mm F5やカタディオみたいな「イロモノ」は使いどころを選ぶ。結局一本でなんでもは無理と理解していても、小さすぎても大きすぎても多すぎても手に余る。

 

sshでVPSを遠隔フルバックアップ

はからずも一番人気の「ノートパソコンをサーバーすることが良くない理由」で代替手段に挙げてるVPS。

自分はDTIのServerMan@VPS (OpenVZ)を使ってて値段が格安なのはいいんですが、コンソールに直接接続できなくてjxtermかssh経由でしか使えないので、もし設定でコケてサービス起動までたどり着けないと手も足も出なくなるという特典付き。触らぬ神に祟りなし状態で日常的に使う分にはいいんですが、そもそもLinuxだしdebianバージョンも新しくないしで、更新で再起動するときはうまく立ち上るよう十数秒間祈り続けることに。

対策としては、普段使いのsshとは別のサービスで接続できる手段を用意しておくとか、メールとかftpとかなんらかの方法で外から刺激を与えたときにsshなりtelnetなりで接続しにくるように仕掛けを作っておくとかは思いつくんだけど、結局それらもサービスが起動しなかったらアウトなわけで、最終はバックアップしてVPSの外に出す以外は無い。ServerMan@Diskを10GB/200円で追加すれば一発バックアップもできなくはないものの、2:1圧縮になったとしても20GBか30GBの契約が必要でトータル月1000円前後になるくらいならOpenVZ以外でコンソールが使えるVPS使うよって話。とりあえず設定やデータがバックアップできていれば最悪初期化からやり直すことができるわけで、危険な作業の前にはバックアップ。基本はこれでかつ信用に足る方法はこれしかない。

で、リモートバックアップの方法はいろいろあるのだけど、手っ取り早く全ファイルバックアップをローカルにゲットすることだけを考えて、圧縮付きtar のリダイレクト出力を sshに渡して、受け側は単にそれをファイルに落とすだけ、という方式に。

リモートはOpenVZなServerMan@VPSの一番安い奴でDebian6。ローカルはVMware上のDebian8としたが仮想マシンでなくとも物理サーバを用意してもいい。ちなみにVMwareだとDebianであってもドラッグアンドドロップでホストのWin側にファイルを持ってこられるのが超絶楽。

以下リモート側での操作。
sudo -i
tar –one-file-system -cpzf – / | ssh -i keyfile.pem localuser@local.ip.address -p localport “dd of=/home/localuser/FullBackup.tgz”

あとはほっておけばローカルにでっかいフルバックアップがとれてるという寸法。ただしDTI様が転送量制限してないとは言ってるもののかなりでっかくなるのであまり頻繁にやるとやられるかもしれない。今回は9GBくらいになってた。いらんデータ多すぎ。

 

Win10でもUSキーボード

今使ってるDZ77BH-55Kとかいうマザーボード、いまだにPS/2キーボード・マウス兼用ポートが装備されてるのを思い出して101キーボードをつないでみることに。中国に身売りされることになったLexmarkのModel Mですよ。

ibmunicomp

Windows 10でも普通にPS/2キーボードは使えて、配列は設定→時刻と言語→日本語→オプション→ハードウェア キーボードレイアウトで簡単に変えられる。実は知らなかったのでデバイスマネージャで変えてしまった。

設定にあっては101キーでも当然かな入力を踏襲する。記号類は言うに及ばず、日本語関連では次のキーに注意すること。

  • IMEオン/オフ→Alt+` (Alt押しながら左端のバッククオート)
  • ろ→` (左端のバッククオート)
  • む→\ (右端のバックスラッシュ)
  • ー(長音)→Shift + – (シフト押しながら左上のマイナス)
  • ローマ字/ひらがな切替→Ctrl+Shift+Caps Lock
  • カタカナモード→Alt+Caps Lock (IMEオフで押すとひらがなモード)
  • ひらがなモード→Ctrl+Caps Lock (IMEオフからの遷移可)
  • 英数/ひらがなモード切替→Shift+Caps Lock

モード切替はトグル動作ではなくステートレス。そらでできるようになるまではちょっと煩雑。

オサレな意識高い系に人気なMacbookのUSキーボードだけど、いろいろ理由をつけて「USキーボードを買うべき」なんて思いこむのもどうだか。どれもこれも主たる理由はただ一つ「見た目」。どう考えてもJIS配列のが日本語入力には適してるし。まあ新JIS配列のがより良いけどね :p

101キーでの旧JISかなの感覚が戻ったら、DovrakJで101キーでの新JIS配列化を試したいのだ。→試した。快適。でもどの配列であっても日本語入力用キーが日本語入力にはより良い。