仮想環境では面倒になることが確実に分かっているのであまり動かす気になれなかったQEMMを動かしてみた。FEPを無しにした以外は、結構がんばったほうだと思う。空き600kBオーバー。(FEP有りだと基本メモリ60kB使用で580kB空き。)

qemm-1.jpg

●CONFIG.SYS

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
STACKS=9,256
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\QEMM\LOADHI.COM /R:2 /LO C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
device=c:\qemm\dosdata.sys
device=c:\qemm\qemm386.sys ram include=b000-b7ff include=c900-e1ff include=e300-efff r:2 st:m
device=c:\qemm\dos-up.sys @c:\qemm\dos-up.dat
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=30160 C:\DOS\$FONT.SYS
DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=35728 C:\DOS\$DISP.SYS
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:3 /SIZE=14096 C:\DOS\$IAS.SYS
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:1 /SIZE=9744 C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /LO /SIZE=9200 C:\DOS\POWER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:3 /SIZE=14016 C:\UTY\TEAC_CDI.SYS /D:CDROM1

 

●AUTOEXEC.BAT

@ECHO OFF
PROMPT $P$G
PATH C:\QEMM;C:\WINDOWS;C:\DOS;C:\NU;C:\VZ;C:\MIFES;C:\UTY
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
SET BLASTER=A220 I5 D1 H5 P330 T6
C:\QEMM\LOADHI /R:1 C:\DOS\KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
C:\QEMM\LOADHI /R:1 C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:CDROM1 /L:G
C:\QEMM\LOADHI /R:3 /LO C:\DOS\SMARTDRV.EXE C+ 4096
C:\QEMM\LOADHI /R:3 C:\DOS\DOSKEY.COM /INSERT
SET IBMAV=C:\DOS
CALL C:\DOS\IBMAVDR.BAT C:\DOS\

 

セットアップに任せたqemm386.sysのUMBメモリ範囲がかなり狭かったので手動で調整した後、QEMMのOptimizeで自動的に最適化させた。とりあえずWindows3.1も動く。ここまで執拗にコンベンショナルメモリを確保しなくても、思いゲームですらたいていの場合は間に合う。むしろEMM386.EXEで素直に調整した方が安定して動く。

英語環境だとこんな感じ。基本メモリ使用30kB未満で空き625kB以上。ここまでやって何になるんだ状態。

qemm-2

●CONFIG.PS2

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=001,437,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\QEMM\LOADHI.COM /R:3 /LO C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
device=c:\qemm\dosdata.sys
device=c:\qemm\qemm386.sys ram include=b000-b7ff include=c900-e1ff include=e300-efff r:3 st:m
device=c:\qemm\dos-up.sys @c:\qemm\dos-up.dat
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=14880 C:\DOS\DISPLAY.SYS CON=(EGA,437,1)
DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=9744 C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:1 /LO /SIZE=9200 C:\DOS\POWER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=14016 C:\UTY\TEAC_CDI.SYS /D:CDROM1

●AUTOEXEC.PS2

 @ECHO OFF
PROMPT $P$G
PATH C:\QEMM;C:\DOS\PS2;C:\DOS;C:\UTY;C:\VZ;C:\MIFES\EN
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
SET BLASTER=A220 I5 D1 H5 P330 T6
MODE CON CP PREP=((437) C:\DOS\ISO.CPI)
MODE CON CP SEL=437
C:\QEMM\LOADHI /R:2 C:\DOS\KEYB.COM JP,437,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
C:\QEMM\LOADHI /R:3 C:\DOS\NLSFUNC.EXE C:\DOS\COUNTRY.SYS
C:\QEMM\LOADHI /R:1 C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:CDROM1 /L:G
C:\QEMM\LOADHI /R:2 /LO /RES=33600 /SQT=E200-E2FF C:\DOS\SMARTDRV.EXE C+ 4096
C:\QEMM\LOADHI /R:2 C:\DOS\DOSKEY.COM /INSERT
SET IBMAV=C:\DOS\PS2
CALL C:\DOS\PS2\IBMAVDR.BAT C:\DOS\PS2\

単にCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATを変更するだけではだめで日本語環境でOptimizeしないとメモリの空きがあまり増えなかった。このへんの動作が謎。QEMMは日本語版なので英語環境だと表示が文字化けて何をしているのか若干分からない。

QEMM386.sysを使用しているとWindows3.1のスタンダードモードでMS-DOSプロンプトが動かない。QEMMのDOS-Upが有効だとWindows3.1がスタンダードモードで起動しない。またQDPMIの使用は特に問題なし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中