携帯普及前夜の90年台後半に流行ってた気がするんだけど、20年してまたブームの予感。電磁波防止だけかと思ってたら、新しい用語も飛び出してきて、カーマニアの戯言、最近は市民権を得てきて「何にでも効くクスリ」と化してきた アーシング 。

アース エイド コンセントチェッカー 税込価格2,160円
http://www.emf110.com/goodsList/141.html

自分すでにこれ持ってるわーとか思った。

アネックス(ANEX) ペンシル型 検電ドライバー 低圧用
アマゾン時価475円。これの旧型と同じ形をしている。

そのへんのDIY小売店500円弱で仕入れてウェッブにそれらしいこと書いたら2000円以上で売れるって、商売は売り方次第やなとか思った。ほんまちょろい商売やね。自分はこんなところでは絶対買わんけど。

ちなみにこの手の検電ドライバーはこのダーリントントランジスタタイプがおすすめ。導通テスタにもなるし、静電気でもそれなりに反応するし、強い電磁波もある程度検出できる。ネオンタイプは点灯してるのが見えにくいし、最近見かけなくなった同系列でIC付きのLEDタイプは反応が良すぎて逆によくわからないのでお勧めしない。

ほかにも ゼロ磁場発生ノートパッド うさんくさーー!! ゼロ磁場ってなんやねん。観光協会のサイトにもいかにもな感じで出てる用語ゼロ磁場ってもう意味わからん。

でも・・・ アース エイド コンセントチェッカー この検索結果は.. ズバりSEOでしょう!!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中