Power Mac嫌い。Apple嫌い。

Appleのコンピューターは嫌いだ。今思い出してもイライラする。中でもPower Macは特に使いたくなかった。

  • Power Macのキーボードの突起が薬指にあった。こんな素敵仕様は他では見たことが無い。DELLのキーボードですらね。
  • 職場のも学校のもPower MacでFDDの電動イジェクトが壊れてる。ピンセットで引き抜くんだよ。外科手術みたいでカッコ良すぎ。さすがマック。iMacでFDDが無くなって安心した。
  • Power Macのクラリスドローで書類を書いてると、割と頻繁に爆弾マークが出てくる。マインスイーパーが無くても笑ってお仕事。
  • FDDが使えないものだからネットワーク経由でファイルを転送したいんだけど、Finderで何か扱えんの。sambaとかダサいのは使えない仕様なのか。
  • ついでにFinderというシェルが使いにくい。コンピューターのデータをファイルとして扱うっていう概念を超越している何か。Appleワールドで使う分にはきっと最上級のUIなんだろう。
  • Mac OS Xのクラシックのエミュレータが激遅。Win7のXPモードも遅いけどそれ以上にコーヒータイム。
  • iMacになったころのデカいだけの貝殻みたいな素人受けしそうなマシンはメーカー製Vistaマシンより激遅。Vistaは起動が遅いがiMacは動作そのものが遅い。特にスクロールのときカチカチいうのがイライラMAX。
  • メニューがウィンドウの外、はるばる画面の端っこ。マウスが1ボタンだからキーボードと組み合わせないとショートカットできないし長押しとかスマホの操作を先取りしてたんだろうけど、カッコ良すぎる。
  • とにかくキーボード操作不可なUIが多い。初代から一貫してるから、変えちゃうと困る人も居るんだろう。
  • ことえりがアホすぎる。漢字Talkとか曲がりなりにも日本語をシステム名に付けてるのに、とにかくアホ。WINDOWSのMS-IMEがバカとかいう以前にアホ。

いくらなんでも最近のMacは改善したんだろうか。中古がたくさん出回っているのは、間違いなく売れてるからだろうが、常に最新製品に買い替える必要がある人が多いのか、あるいはドヤッた後は売り払いたいと思っている人が多いからなのか。

WindowsなりLinuxのユーザーだったら使いにくいからこうしたらいいとか、まずは今あるものに対する工夫や改善の手段が出てくるのに、マカーにそれを言わせればMac OS、iOSじゃないからとか、最新のApple製品だったらそんなことないとかいう上からのご意見が先に出てくるし。汎用性のあるコンピューターは工夫して使う道具であって、お仕着せ機能を使いこなすだけのガラケーや家電とは違うんやで。

あまりコキおろすと身近にも居るマカーから「Mac OSはBSD Unixがベースで安定してるしセキュリティもWindowsみたいにザルじゃないからアップデートも少なくてブルースクリーンにもならない。仕様は変わったけど今のiPhoneのLightningコネクタはそれは素晴らしい仕上がりで認証が入ってて粗悪品も売られて無い。iPadは素晴らしいアルミの仕上げだから少しだけ重いけど剛性がすごくて値段以上の価値があると思う。iPhone??はまさに工芸品。この吸い付くスクロールはAndroidでは絶対にできないテクノロジー。iPhoneを2年で最新のiPhoneに交換できるのはバッテリーの劣化もやテクノロジーの進歩が考慮された絶妙なサイクルで携帯のどのキャリアにも適合。そもそもMacは今売れに売れてて世界共通だから性能に比較して高価なわけでもないし、、」などと熱心に語られるのがそもそもね。

 

VirtualBox + PCDOS 2000 + QEMM 9 = upto 600kB free

仮想環境では面倒になることが確実に分かっているのであまり動かす気になれなかったQEMMを動かしてみた。FEPを無しにした以外は、結構がんばったほうだと思う。空き600kBオーバー。(FEP有りだと基本メモリ60kB使用で580kB空き。)

qemm-1.jpg

●CONFIG.SYS

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
STACKS=9,256
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\QEMM\LOADHI.COM /R:2 /LO C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
device=c:\qemm\dosdata.sys
device=c:\qemm\qemm386.sys ram include=b000-b7ff include=c900-e1ff include=e300-efff r:2 st:m
device=c:\qemm\dos-up.sys @c:\qemm\dos-up.dat
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=30160 C:\DOS\$FONT.SYS
DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=35728 C:\DOS\$DISP.SYS
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:3 /SIZE=14096 C:\DOS\$IAS.SYS
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:1 /SIZE=9744 C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /LO /SIZE=9200 C:\DOS\POWER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:3 /SIZE=14016 C:\UTY\TEAC_CDI.SYS /D:CDROM1

 

●AUTOEXEC.BAT

@ECHO OFF
PROMPT $P$G
PATH C:\QEMM;C:\WINDOWS;C:\DOS;C:\NU;C:\VZ;C:\MIFES;C:\UTY
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
SET BLASTER=A220 I5 D1 H5 P330 T6
C:\QEMM\LOADHI /R:1 C:\DOS\KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
C:\QEMM\LOADHI /R:1 C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:CDROM1 /L:G
C:\QEMM\LOADHI /R:3 /LO C:\DOS\SMARTDRV.EXE C+ 4096
C:\QEMM\LOADHI /R:3 C:\DOS\DOSKEY.COM /INSERT
SET IBMAV=C:\DOS
CALL C:\DOS\IBMAVDR.BAT C:\DOS\

 

セットアップに任せたqemm386.sysのUMBメモリ範囲がかなり狭かったので手動で調整した後、QEMMのOptimizeで自動的に最適化させた。とりあえずWindows3.1も動く。ここまで執拗にコンベンショナルメモリを確保しなくても、思いゲームですらたいていの場合は間に合う。むしろEMM386.EXEで素直に調整した方が安定して動く。

英語環境だとこんな感じ。基本メモリ使用30kB未満で空き625kB以上。ここまでやって何になるんだ状態。

qemm-2

●CONFIG.PS2

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=001,437,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\QEMM\LOADHI.COM /R:3 /LO C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
device=c:\qemm\dosdata.sys
device=c:\qemm\qemm386.sys ram include=b000-b7ff include=c900-e1ff include=e300-efff r:3 st:m
device=c:\qemm\dos-up.sys @c:\qemm\dos-up.dat
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=14880 C:\DOS\DISPLAY.SYS CON=(EGA,437,1)
DEVICE=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=9744 C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:1 /LO /SIZE=9200 C:\DOS\POWER.EXE
DEVICE=C:\QEMM\LOADHI.SYS /R:2 /SIZE=14016 C:\UTY\TEAC_CDI.SYS /D:CDROM1

●AUTOEXEC.PS2

 @ECHO OFF
PROMPT $P$G
PATH C:\QEMM;C:\DOS\PS2;C:\DOS;C:\UTY;C:\VZ;C:\MIFES\EN
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
SET BLASTER=A220 I5 D1 H5 P330 T6
MODE CON CP PREP=((437) C:\DOS\ISO.CPI)
MODE CON CP SEL=437
C:\QEMM\LOADHI /R:2 C:\DOS\KEYB.COM JP,437,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
C:\QEMM\LOADHI /R:3 C:\DOS\NLSFUNC.EXE C:\DOS\COUNTRY.SYS
C:\QEMM\LOADHI /R:1 C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:CDROM1 /L:G
C:\QEMM\LOADHI /R:2 /LO /RES=33600 /SQT=E200-E2FF C:\DOS\SMARTDRV.EXE C+ 4096
C:\QEMM\LOADHI /R:2 C:\DOS\DOSKEY.COM /INSERT
SET IBMAV=C:\DOS\PS2
CALL C:\DOS\PS2\IBMAVDR.BAT C:\DOS\PS2\

単にCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATを変更するだけではだめで日本語環境でOptimizeしないとメモリの空きがあまり増えなかった。このへんの動作が謎。QEMMは日本語版なので英語環境だと表示が文字化けて何をしているのか若干分からない。

QEMM386.sysを使用しているとWindows3.1のスタンダードモードでMS-DOSプロンプトが動かない。QEMMのDOS-Upが有効だとWindows3.1がスタンダードモードで起動しない。またQDPMIの使用は特に問題なし。

ASCII 1979年8月号 より Tiny BASIC

古のTiny BASICをggrksるととてもTiny BASICとはかけ離れてWindowsでHugeなMS-BASIC文法準拠のものが出てきて参ってしまうのだが・・・ 電子計算機歴史学的にはPalo Alto Tiny BASICやTexas Tiny BASICを起源とした簡易なBASIC文法をもつもののはず。Tiny BASICは特定の俺ソフトな固有名詞に使ったりせずBASIC language syntaxの一般称としてPublic DomainなReservedにしておいてほしい。(型は符号つき16ビット整数、変数は一文字、配列変数は@一種類というやつ。)

かなり前からTinyBASICには興味があってブルーバックスの「マイ・コンピュータをつかう」(安田寿明著)にTinyBASICが載っているということは知っていたが、最近ようやく古書で入手して読んでみたら、電大版Tiny BASICはオブジェクトコードのダンプリストのみでなおかつ御丁寧にも「著作権法にもとづき,・・・営利目的に使用することはできない。」などと今風に言えば上から目線な表現で注意書きが入っている。しかもすぐ後にテレビ番組のスタートレックを勝手に使ったであろうゲームを学生が移植したもののソースを掲載して。どうせこのスタートレック、エンタープライズ号も著作者に断りしてないんでしょう。当時の東京電機大学の先生方には自分の著作は保護されてしかるべきだが他人の著作は犯しても問題ないという古き良き時代の大らかさというジャイアニズムがあったのだろう。

それよりなにより幻滅したのはTinyBASIC本体のソースリストは掲載が無かった事。もっと知りたかったらブルーバックスなんて初心者向きのお安い本じゃなくって「半導体集積概論」のようなお高い書籍を自腹で買って勉強しろという崇高な教えなんだろう。この程度の逆アセンブルならどうということもないだろうが、アセンブラやCが使える環境ならスクラッチで作るほうが早いし、ラベルはおろかコメントも解説も無いオブジェクトコードだけなんてほとんど無価値。このシリーズは読み物程度だと理解したのでもはや興味も無い。こんなことをしているからずっとアメリカに先を越されっぱなしじゃないですか(同著マイ・コンピュータ入門を参照)。

実際のところTinyBASICは大学のアーカイブにあった非常に古いASCII 1979年8月号に東大版のリスティングが、翌号で解説付きのリスティングが、「マイコン手づくり塾」の巻末には電大版のリスティングがあったのを見つけて、最終的に本物の手づくり2ボード Z80 マイ・コンピュータで動いたので解決済み。手製の8080シミュレータを移植したiモード端末のiアプリでも動いたし。

ASCII197902.jpg

この資料を見つけたときは三流私大とはいえ、さすがは理系の教育機関だと思った。

今はARPANETいやインターネットでPALO ALTO TINY BASIC 1.0だって瞬時に入手できる。他の各種版も。

また電磁波防止グッズが流行ってきた?

携帯普及前夜の90年台後半に流行ってた気がするんだけど、20年してまたブームの予感。電磁波防止だけかと思ってたら、新しい用語も飛び出してきて、カーマニアの戯言、最近は市民権を得てきて「何にでも効くクスリ」と化してきた アーシング 。

アース エイド コンセントチェッカー 税込価格2,160円
http://www.emf110.com/goodsList/141.html

自分すでにこれ持ってるわーとか思った。

アネックス(ANEX) ペンシル型 検電ドライバー 低圧用
アマゾン時価475円。これの旧型と同じ形をしている。

そのへんのDIY小売店500円弱で仕入れてウェッブにそれらしいこと書いたら2000円以上で売れるって、商売は売り方次第やなとか思った。ほんまちょろい商売やね。自分はこんなところでは絶対買わんけど。

ちなみにこの手の検電ドライバーはこのダーリントントランジスタタイプがおすすめ。導通テスタにもなるし、静電気でもそれなりに反応するし、強い電磁波もある程度検出できる。ネオンタイプは点灯してるのが見えにくいし、最近見かけなくなった同系列でIC付きのLEDタイプは反応が良すぎて逆によくわからないのでお勧めしない。

ほかにも ゼロ磁場発生ノートパッド うさんくさーー!! ゼロ磁場ってなんやねん。観光協会のサイトにもいかにもな感じで出てる用語ゼロ磁場ってもう意味わからん。

でも・・・ アース エイド コンセントチェッカー この検索結果は.. ズバりSEOでしょう!!

 

 

 

AINEXのPS/2変換ケーブル

AINEXのPS/2変換ケーブル2個めを買ってきた。フィルタドライバ無しで日本語用キーも認識するしケーブルが短くて取り回しが良い。ラズパイ3でもきちんと動く。

IMG_1352

裏の説明がおかしい以外は。

IMG_1353