モニタを買うときに悩ましいのが液晶の方式のほか、表面のグレア(光沢有り)、ノングレア(光沢無し)の選択。パワーユーザーなら迷わずノングレアなんだろうけど、TVを見るときはグレア液晶のくっきり感も捨てがたい。

そこでディスプレイに引っ掛けるタイプのフィルターを使うと一瞬でノングレア液晶がくっきりグレア液晶に早変わり。イイヤマのモニタXU2290HS-2に合わせて今回買ったのはブルテクターというやつでブルーライト軽減を前面に押し出して薄い茶色がかった艶有りのアクリルパネル。

comparedisplay

ブルーライト低減とか実はどうでもいいのでできればもっと透明にしてほしいのと、構造の割にはお高いのと、ホコリ処理の手間が増えるところが難点。フィルタ有りの夜間はフィルタ無しよりも反射が軽減されてるのが意外だった。

モニタに貼り付けるやつでもグレアに変身できるんだけど貼って剥がして自由自在とはいかないから、「グレア買って失敗した」「ノングレア買ってがっかりだ」と思いこんだときに使うと良いかと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中