またまた沸いてて出てきた変なオーディオ音質向上グッヅ。

http://news.mynavi.jp/news/2016/02/10/172/

今度はDC電源フィルターですか。

ノイズフロアを50dB~100dB引き下げます。ってメーカーサイトに書いてあるけどシステム全体のノイズフロアがカッキテキに下がるわけじゃないでしょうに。アクティブなんちゃらがどういう回路なのか非常に興味がありますが、まあ、フェライトコアとか平滑コンデンサとかチョークコイルとかはサイズもコストも高くつくので、要するにアクティブ素子な平滑回路なんだろうけど、チョろい商売やね。エコシステムとして成立するところがすごい。フトコロ具合に余裕があれば実際に買って分解したい。でもそこまで余裕は無いから、せめて製造元か販売店による内部構造の詳解と解説を求む。

DC電源ではなくてUSB版のは海外で分解してくれてる人がいました。一部樹脂で封止されてるっぽくてよくわかんないし。いずれにしろ、たいしたものでは無い感じ。

http://www.computeraudiophile.com/f6-dac-digital-analog-conversion/ifi-ipurifier-what-it-how-use-it-do-i-want-it-18206/index5.html

http://www.ilgazeboaudiofilo.com/t22794-ifi-ipurifier

チョークじゃないの?って言ってる人もいますが、最初のリンクの興味深いコメントをGoogle翻訳にかけてみたところ、

さてここでiPurifierが良いよりも害を及ぼす可能性がある理由として考えです。これは、パス内のLEDものすごいを持っています。 おそらく、私はそれをしないのですが、それは理想的ないないようです。 もう一方の端に接続するために、LEDの横に実行され、フェライト、その後、短い非シールドケーブルのようになり、ボード上のパスを少し超えるブロックがあります。 いくつかの写真:

ま、云わんとすることは判らんでもない。

かつてオーディオに凝っていた身で言うのもなんではあるが、レコードやCD、放送など各種エフェクトで「作品として最適」に歪ませたマスタリング済みの「製品」をHi-Fi、原音再生などと称し訳の分からない重量物その他のアクセサリーを通して歪ませた電気信号を入力した大小様々なスピーカの前で唸りながら聴くなどという趣味は実に滑稽。彼らによると「音楽」を聴くにあってはこれこそが真なりと言わんばかりで、音楽性などというものよりは彼らが「音」と呼ぶ物理的振動が機械的心理的に変化する様、あるいは錯覚、幻想、妄想を楽しんでいるのだろう。それもまた趣味、大いに結構。

そんな音場にはプレイヤーの魂など宿らないだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中