Canon PowerShot G7 X買ったった。発売からそこそこ時間が経ったし、G9 Xという別の新型が出たから値段も落ちついたんじゃないかと思って。5万割ったら買うつもりで待ってた。

カメラに多少の興味がある人に高級コンデジ買ったって言ったら、たいてい「一眼にしやんだのか?」「レンズは交換できやんのか?」なんていう答えが見え見え。というかすでにそのような回答を戴いております。一眼などのレンズ交換式が値段でいくらでも勝負できるのに対して、スマホに追いやられてるとかそもそも一般向けはデジカメが飽和してるとかジリ貧だから、高級コンパクトデジカメのジャンルってカメラメーカの威信をかけた逃げ場だと解釈してる。

で、G7Xはどうかというと、はっきりいってメモ用とオークションの商品写真用に使うにはオーバースペック。確かに手に余るところも。というか商品写真なんてオートではとてもじゃないがきれいに映らない。スタジオで強力なライトがあるような環境ならきれいに映るんだろうけど、室内でオートで撮ったらなんでかくらいディテールになるし、絞りは解放でソフトフォーカスかってくらいピントもディテールも甘々だし、これは最低限絞り優先オートを使いこなせないととてもじゃないが使えない。明らかに以前使ったことのあるIXYとは違う特性なので、どうせなら「安物デジカメモード」でもつけてほしかった。

撮影したそのままで良い状態にするのはなかなか骨が折れる。こんな使いにくいカメラ、買った人は使いこなせてるんだろうか。なんとなくキヤノンに試されている気がしてきた。

性能自体はスマホなんて言うにおよばず普及帯のデジカメははるかに凌駕してるのはすぐにわかるので、これはオートでチョンチョン撮るようなものではないなと理解した。写真術は撮ったコマの数だけ上達するはずなので文句を言う前に一コマでも多くシャッターを切れってことかな。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中