最近まったく使う必要が無くなったIRシステムケーブルを分解してみた。

アナログ放送時代のハイブリッドレコーダ(DVD+HDD)に、デジタル放送用のSTBを接続して予約録画とかするとき、タイマー情報だけでなくタイトルとかも自動で入れてくれる優れモノなんですが、デジタルチューナー搭載のBDレコーダーが普通になった今は使う必要が無い。あえて探すならCATVの録画機能なしSTBを録画するときくらい。

IRシステムケーブルとかIRブラスターとか大そうな名前がついてるんだけど、バラしてみると…

IMG_0515

ちゃっちい。

まあ、予想はできていたけど、予想どおりミニマル。電流制限用の抵抗も無し。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中