真空管オーディオはもう飽きた。あまりに音が変わり過ぎる。いじると変わるってことは単にエフェクターになっているわけで、真空管オーディオでピュアオーディオ(≒原音再生)なんてありえないってことだ。チューニングというと聞こえは良いが添加物って言っても差し支えない。ICパワーアンプに真空管プリをつないだら真空管の音になった。ICアウトなライン出力のソースを真空管メインにつないだら真空管の音になった。

ようするに、何をしても真空管は真空管の音でしかないのに対して、ICアンプや今時のスピーカは真空管の音を再現できる包容力があるということ。総合的に 真空管アンプ ≪ ICアンプ な再現性でなければそういったことは叶わない。とどのつまり真空管アンプではどうやっても、ICアンプを超えることはないわけで、それならいっそのことICアンプですっきりと聴きたい。真空管サウンドっぽいのが欲しければアンプシミュレータでもいいって ことになる。

メインアンプは売ったけどプリも処分だ。面倒なスピーカーも要らない。とりあえずアンプ内蔵スピーカとFM/AMチューナだけ残そう。自分がやりたいことはラジオの聞き流しだってことが分かったから、ぶっちゃけポータブルラジオでもいいってことになった。そして自分の生活圏内の電界強度ならradikoの必要性までは感じない。電力の無駄。オーディオタイマーもよく考えたら電子式のプログラマブルタイマースイッチで代用可能だし。

ホーマーラジオも割と高値で売れるようだ。この際、現金に化けてもらおうか。悪いものでもないが、イヤホンラジオもポータブルラジオも一家に 何台も要らない。1~2台で十分。ソニーのPLL式の電池式ラジオもいらない。 電子スイッチで気付いたら電池が無くなってる。無駄だ。デジタル時計は付いてるけどタイマーもついてないし、物理スイッチのアナログチューニングで十分。

電池といえば単一、単二の充電式電池もでかい標準充電器いらない。強力ライトに入れてたらいつの間にか自然放電してて使ってないのに充電しないといけないし、普通のアルカリ乾電池でいいと思った。単三とせいぜい単四と小さい急速充電器があれば間に合う。

集めたいとも思わない携帯機器の充電池コレクションもたいがいにしたい。パソコン、携帯、タブレット、デジカメ… Li-ionはNiCdやNiMHほどではないにしても管理が面倒だしそもそも危険物だし。そんなものを大量に保管したいとも思わない。

電子キット、製作物の類もオーディオとアマチュア無線をしないのならばさほど使うあても無い。アンプとかスピーカとかマイクとかそういうのは使ってたけどオーディオをシンプルにして無線の使い方も整理したらほとんど使わなくて済むはず。

アマチュア無線もハンディ機とHF・VUモービル機が一台あれば十分。20台以上あったハンディ機はJARL・JARD認定機と旧技適機は IC-3Nだけ売れ残ってる。ハンディ機って小さいからついついコレクションしてしまうけど、オプションも含めるとわりとかさばるし、気付いたら劣化してていろいろガタが来てるし。そしてなぜか買ってしまった逆輸入無線機も、パーソナル無線機も、合法CB無線機も売った。モービル機のIC-706mkⅡG、ハンディ機は新しく買った新スプリアス対応のFT-60だけにしよう。できればHF機も新スプリアス対応にしたいけど、今のアイコム、ヤエス、ケンウッド、アルインコの現行製品では、欲しくなるデザイン(見た目)のちょうどいい機械が無い。オークションとか中古で大量にコレクションしてる人って旧スプリアス機をどうするつもりなんだろう。アマ機はなんとなくTSS保証認定でうやむやにされるとは思うけど、合法CB機や特小機は平成34年以降 は使えなくなる(違法無線局に)なるわけで、あと7年の命。特小機は同一型番のロット違いで旧技適、新技適1台ずつ所持。このさい両方手放すか…

アマ機はTSSで保証認定すればOKになるとか思ってる人も多いみたいだけど、意味わかんない。新スプリアス規定はWRC(世界無線通信会議)で8年も前の平成17年12月に決められてて現在は猶予期間中でしかない。世界的にこうしましょうと決まってるのになんでアマ機だけ別格にできるとか既得権益があるとか思いたいんでしょうね。「火花送信機はアマチュアとかプロとかいう以前から使ってるから使い続けられて当然でしょ。」なんて言ってるようなものだろう。こういうのこそダンシャリすべき。

書類だけの保証認定でごまかそうとかしてる人たちは時代遅れの機器で電波環境が汚れても良いと考えているのか。各局はTSS保証認定が可能だとしても新スプリアス対応になる改造を前提しないと意味が無いし、当然TSSは審査を正しく行って認定すべきだし、総務省は免許上だけでなく実際の未対応局を見つけて処分する努力をしなければならない。総務省も局が多くて決まってないとか言ってないでさっさと 仕事しろ。もう猶予期間半分経ってるし、無償の設備から毎年税金取ってるんだから。アマチュア無線局側も世界的に管理された枠組みの中で免許されてるのだから、情勢に合わせていくのは当然だと思う。

パソコンも要らない。デスクトップもノートも何台も要らない。よく使うのはZ77+Core i7のデスクップ、ノートPCのThinkPad R500(中古)、Asus MemoPad HD7に絞られてる。ノートPCは新型に買い替え、AcerのネットブックとCompute Stick、Android スティックPCは処分しよう。そしてSocket7機が今のところ2台くらい残ってるものの、これが邪魔。ラズパイは元値が知れてるから売っても値段がつかないだろう。これで残数5台。多いな。

いろいろ考えたら電気電子系趣味って在庫が必要で邪魔だね。測定器の類も邪魔だ。アナログオシロとかATXのデスクップ本体なみの大きさあるし。アナログオシロとかディップメータとか最近手に入らなくなった測定器は素人には使いやすいのでもう少し居てもらおう。

もうちょっと部屋がきれいになったらやりたいことができるかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中