充実したDOS/V環境のCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT。

.

■CONFIG.SYS

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
STACKS=9,256
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM I=B000-B7FF I=C900-E1FF I=E300-EFFF FRAME=D000
DEVICEHIGH=C:\DOS\$FONT.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICEHIGH=C:\DOS\$DISP.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\$IAS.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICEHIGH=C:\DOS\POWER.EXE
rem DEVICEHIGH=C:\UTY\OAKCDROM.SYS /D:CDROM1
rem DEVICEHIGH=C:\UTY\MELCDU.EXE /A /D:CDROM1
DEVICEHIGH=C:\UTY\TEAC_CDI.SYS /D:CDROM1
REM IBMMKK
rem INSTALLHIGH=C:\DOS\IBMMKKV.EXE /M=S /Z=4 /C /L /J=90 /S=C:\DOS\MULTDICT.PRO /U=C:\$USRDICT.DCT
REM ATOK8
rem DEVICE=C:\ATOK8\ATOK8A.SYS /UCF=C:\ATOK8\ATOK8.UCF
rem DEVICE=C:\ATOK8\ATOK8B.SYS
rem DEVICEHIGH=C:\ATOK8\ATOK8IAE.SYS /P=2
REM 松茸3
rem DEVICEHIGH=C:\MTTK3\IAMTTK3A.DRV C:\MTTK3 /N
rem DEVICEHIGH=C:\MTTK3\IAMTTK3B.DRV
rem DEVICEHIGH=C:\MTTK3\MBUSHU.DRV
REM WX3
DEVICEHIGH=C:\DOS\KKCFUNC.SYS
DEVICE=C:\WX3\WXK.SYS /A5
DEVICE=C:\WX3\WX3A8.SYS /INI=C:\WX3\WX3SYS.INI /A5REM Norton AntiVirus 5
DEVICE=C:\nav\cloaking.exe
DEVICE=C:\NAV\NAVTSR.EXE
.

■AUTOEXEC.BAT

@ECHO OFF
PROMPT $P$G
PATH C:\WINDOWS;C:\DOS;C:\NAV;C:\NU;C:\VZ;C:\MIFES;C:\JUST5;C:\123R25J;C:\WTERM;C:\UTY
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
SET NU=C:\NU
SET JW2P=C:\SANSIRO;C:\HANA3;C:\JEDIT;C:\TARO5;C:\JW2;
SET WTERM=C:\WTERM\DATA\WTERM5A.DAT
SET TZ=JST-9
SET BLASTER=A220 I5 D1 H5 P330 T6
rem IMAGE
LH C:\DOS\KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
LH C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:CDROM1 /L:G
LH C:\DOS\SMARTDRV.EXE C+ 4096
LH C:\DOS\DOSKEY.COM /INSERT

REM PCDOS付属のIBMアンチウィルスを使う場合
rem SET IBMAV=C:\DOS
rem CALL C:\DOS\IBMAVDR.BAT C:\DOS\
VER

.

FEPがいろいろ登録されてるが、必要な物だけコメントを外すスタイル。マルチコンフィグにするとごちゃごちゃするので。あとEMM386.EXEは仮想マシンだとかなり絶妙なので調整した方がいいかも。VirtualBox、qemu、VirtualPCそれぞれで最適値が違う気がする。

仮想マシンでDOS環境を作ってるていってるサイト、ブログを見てるとEMM386おかしいから外したらうまくいったとか、NOEMSじゃないとだめとか言っちゃってるの多め。DOSアプリってEMS使うものが結構多いし、UMB無いと特に日本語環境とかハマるのでちゃんと設定したほうがいいと思うの。

※15/03/11 EMM386.EXE のパラメータを変更。0xE2000~0xE2FFFFに穴を開けておくのがミソっぽい。疑似的なメモリマップは次のような感じ。EMSフレームはCC00でもD000でもどっちでも良いが自分の環境ではD000のがUMBが広くとれた。

      0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  A  B  C  D  E  F
A000 VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI VI
B000 UM UM UM UM UM UM UM UM VI VI VI VI VI VI VI VI
C000 RO RO RO RO RO RO RO RO RO UM UM UM UM UM UM UM
D000 EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM EM
E000 UM UM RO UM UM UM UM UM UM UM UM UM UM UM UM UM
F000 RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO RO

VI:VideoRAM RO:ROM UM:UMB EM:EMSFrame

.

■CONFIG.PS2

BUFFERS=20
FILES=30
LASTDRIVE=H
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=001,437,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM I=B000-B7FF I=C900-E1FF I=E300-EFFF FRAME=D000
DEVICEHIGH=C:\DOS\DISPLAY.SYS CON=(EGA,437,2)
DEVICEHIGH=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS /X
DEVICEHIGH=C:\DOS\POWER.EXE
rem DEVICEHIGH=C:\DOS\OAKCDROM.SYS /D:CDROM1
rem DEVICEHIGH=C:\UTY\MELCDU.EXE /A /D:CDROM1
DEVICEHIGH=C:\UTY\TEAC_CDI.SYS /D:CDROM1

■AUTOEXEC.PS2

@ECHO OFF
PROMPT $P$G
PATH C:\DOS\PS2;C:\DOS;C:\UTY;C:\VZ;C:\MIFES\EN
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
SET TEMP=C:\TEMP
SET TMP=C:\TEMP
SET BLASTER=A220 I5 D1 H5 P330 T6
MODE CON CP PREP=((437 850) C:\DOS\ISO.CPI)
CHCP 437
LH C:\DOS\KEYB.COM JP,437,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
LH C:\DOS\NLSFUNC.EXE C:\DOS\COUNTRY.SYS
LH C:\DOS\MSCDEX.EXE /D:CDROM1 /L:G
LH C:\DOS\SMARTDRV.EXE C+ 4096
LH C:\DOS\DOSKEY.COM /INSERT
LH C:\DOS\MOUSE.COM
SET IBMAV=C:\DOS\PS2
CALL C:\DOS\PS2\IBMAVDR.BAT C:\DOS\PS2\
VER

.

英語環境はあまり日本では見かけない設定にした。まずPC DOS 2000でサポートされたユーロ通貨記号を使えるようにしたいので、COUNTRY=でコードページを437(US)に設定、DISPLAY.SYSでハードウェアコードページを437に設定してソフトウェアコードページを2個確保。MODEでCONのソフトウェアコードページ437と850の設定を行う。最後にCHCPで437を指定。うまくいかなければMODE CON CP SELECT=437が効くかもしれない。これでフォントが差しかわって€を表示できるようになる。あと、フォントはISOのがすっきりしてて見やすい。(ユーロ通貨記号 € はAlt押しながらテンキーで1、8、9で入力できる。)

キーボードは日本語配列で使いたいが、KEYB.COMがコードページ932か437しか受け付けないのでKEYB.COMで 850を指定すると機能しない。弊害としてCHCP 850にするとき「準備できてないデバイスがある」とかいう警告が出る。

このあたりの設定がほとんど載ってなくて、日本語の情報は唯一 C:\DOS\README.TXT の最後付近で解説されているが、キーボードの日本語配列は無視されている。

※最近ゲットしたMS-DOSエンサイクロペディア(アスキーの古いやつ)に割と詳しく載ってた。PC-9801のDOSは言うに及ばず、日本のPCって本当に世界標準から外れてるなあと思った。

 

広告

DOS/V環境のCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BAT” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中