前にMDをすべてFLACに変えて捨てるエントリ(MD、HiMDの資産を引き継ぐ)を書いたのだけど、 やっぱり音楽CDもうっとおしくなってきた。最初のころのは1980年前半からあって、すでに30年以上経っているはず。リッピングしてみるとエラーは出ないものの妙に読み取り速度が遅いのも出てきててどうなんだろう状態。(すでにディスクが劣化してきて遅いのか、プレス工程が原因でもともと速度が出ないのかは分からない。) もう何年も聞いていないものも多いし、BDにイメージ化して大半捨てることにした。CDのコレクションはしていないので、好きな人に比べて多くはないとしても200枚近くはありそう。

ここで失敗したくない保存形式。ご存じ音楽CDことCD-DAは単純なISOファイル1本というわけにはいかないので次のような選択肢が考えられる。

  1. wavファイルで保存
  2. mp3やoggなどの不可逆圧縮形式に変換
  3. FLACなどの可逆圧縮形式に変換
  4. bin+cueで保存

単純にファイル化して聞く、という用途なら1~3のいずれでも良いのだが一度128kbpsくらいのMP3で保存して現物を廃棄したものを後で聞き返すと音質が悪くてがっかりした経験がある。256kbpsだったら満足しただろうか? そんな心配をするくらいならwavか可逆圧縮を使うべき。今や50GBのBD-DL保管でもざっと50枚以上の市販CDを保存できるだろう。HDDを使えば数千枚のCDを非圧縮で取り込みできるはず。

しかし私は第四の選択肢bin+cueのイメージを選んだ。この形式なら1CD2ファイルで保存できISRCなどの情報も欠落させずに保存できる。ただし問題は扱い方。bin+cue→wav変換ソフトはあるものの、コマンドラインからの指示ができず後で一括処理することが面倒そう。仕方がないのでbchunkというLinux向けのソフトをWindowsのVC++に移植するハメに。bchunkの改造の内容はまた別で書くとして、なんとか移植成功。これで音楽CDも心おきなく断捨離できるハズ。※データとして残ってるわけだから、断捨離とは言えない気もする。捨てるんじゃなくて、ただの整理か。とりあえず1枚目のBDにはシングルアルバムおりまぜて100枚くらい入った。

まあ普通は次のようにするのがよさそう。「音楽CDはリッピングしてMP3かWAVで保存すると良い。」「MP3は192kbpsが普通で256kbpsにすれば音質に関して不満は出ない。」「WAVは大きいがHDDやBDを使えるなら、悪くはない。」「どうせ大半は聞かないし音質も気にならない。」

FLACやBIN+CUEが良いのは持論だが、よほどのこだわり派でなければ薦めにくいかな。よほどのこだわり派はCDを残しておくと思うけど。それに最近はリッピングしたCDなんて聞くことがまず無いと思い始めた。→デジタル化は断捨離??

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中