「テレビのF型端子に画鋲を刺すとワンセグの感度が上がる」報告がツイッターで話題に
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20150410_697132.html

いささか旧聞だが埋もれてしまわないうちに記す。いわゆる中継アンテナの類。針金部分が微小アンテナとなって「電波が飛ぶ」ので近傍に置いたワンセグ受信機の受信状況が良くなるのだろう。もちろん電波は同軸ケーブルに流れる信号そのもの。

技術的にはこういうことをするとインピーダンス不整合や雑音の侵入で他のテレビの受信状態(C/N)が悪くなるのであまりやるべきことではない。地デジにはマージンやエラー補正があるのである程度は動くので本当にぎりぎりで映っているのでないかぎり表立っての影響はないので気は付かないだろうけど。

また感電が心配という声もあるが、ブースターの給電ラインなら直流電圧はかかってるものの、たかだか15~20V程度だし電源部の保護回路もあるのでたとえショートしても大事にはならないはず。また指に導線が刺さっても少しピリピリする程度。最悪に運の悪いパターンで、触ってるときに雷が落ちたら感電はするかもしれない。

ちなみにこの記事「感度が上がる」っていう表現が素人まるだしなんだけど、まあそんなもんかな。

以前都会ではPHSが優勢だったころ、友人が「PHSは電波が飛ぶからなぁ」と言っているのを聞いて「携帯のが電波飛ぶはず」と言ったら、友人は音声が途切れることを「電波が飛ぶ」と表現していたそうだ。理系人間としては「電波が飛ぶ」といえば、電波が空中伝搬することを意味するわけで、これには面食らった。友人はレコードの音が途切れることを「針が飛ぶ」と表現することにたとえていたのだろう。いずれにしても年がばれる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中