良くある安っぽい無線LANのアンテナがなんか増殖してきたし、
なぜか802.11aでうまく接続できないからひとつバラした。

エレメント部のカバーは接着剤でくっついているが、捻って強く引っ張ると抜ける。
ヒンジ部は金属のピンでちょうつがいを構成しているので完全にバラスには破壊する。

で出てきたのがこれ。

WiFiアンテナ

安っぽい!!

でもこれ、エレメント長2.5cm、4mmφ 2.6mmの金属スリーブがついた基本に忠実な「スリーブアンテナ」。
1/4波長ホイップアンテナじゃなかったのね。

・・・

300 / ( 0.025 * 4 ) = 3000 MHz

波長短縮率を考慮すると

300 / (0.025 * 4 * 0.95 ) = 3158 MHz

て、これどこの周波数??

802.11b/g/n は 2.4~2.5GHz
802.11a/n/ac は 5.15~5.75GHz

なので、どこにも合ってないよ・・・

せめて 2.5GHzでマッチングさせて 5GHzも別モードで動くようにしてほしい。
これ作った人「真ん中ならどっちも使えるじゃん。はっきりいって天才。」とか
思ってるんじゃなかろうか。

802.11gでは動くけど802.11aで安定して動かなかったのはこれのせいか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中