ロジック回路とコンピューターの境目

80年代の8ビットのホビーマイコンのころからコンピューターとはお付き合いがあって、小学1年か2年には電気の図鑑でデジタル論理には触れて、当時すでにOh!MZ なんかの雑誌にたまに載っていた記事※を元にハンドアセンブルでマシン語を組んだりもしていた。当時親にマイコンを取り上げられなければ、今頃は一線級のIT関連で仕事ができていたかもしれない。

※マイコン雑誌には投稿のゲームのBASICソースが数多く掲載されていたが、BASIC以外のシステムはだいぶ少なかった。FORM(整数FORTRAN?)だとかPASCALだとかアルゴリズムだとか、CP/Mの話題はほぼなくて、あっても片隅程度。

ただ当時は図鑑のデジタル回路と目の前で動くZ-80Aのコンピューターの紐付けができず、自前で気負わずにCPUや周辺回路の実装ができるようになったのは、職場でデジタル回路の設計を仕事でするようになってからだった。

ランダムジック回路だけであれば大学で習う(高校数学でも出てくる)ド・モルガンの公式とせいぜいカルノー図がわかればなんとなくの設計はできるが、フリップフロップでループを構成してプログラム内蔵方式のコンピューターとしての動作の理解につなげることがなかなかできなかったのが残念だ。次の記事を見てスクラッチでコンピューターを作れると思ったら、多分才能がある人だ。私には無理。

完全マスター! 電子回路ドリル II、Ⅲ
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/kw/eledrill_02.html
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/kw/eledrill_03.html

理解したあとで見ると、この内容でCPUでも何でもできるとわかるんだけどねぇ。

このへんは正当な教育を受けるとか、仕事で無理やりやるとか、あるいは類稀な才能と環境が無いと遠回りになってしまうのだろう。実際に8ビットマイコンモジュールを手配線してBIOS(ブートローダ兼モニタ)とTinyBASICまで組んだことと、その後のお仕事でVerilogHDLを使ったASIC内部のCPUの一部分や マイクロコードを組めたことが大変勉強になった。

現在はどうかというと、CPUの動作原理が分かっていても応用ソフト(アプリケーションソフト) は使えないし、ExcelとWindowsの操作ができたところで、あるいはJavaなりC#なりでプログラムができるからといってCPUの動作が理解できるてるかというと、そんなことは無い。

「貴方はNANDゲートだけでCPUと周辺回路を設計できるか?」って言って通じるかどうか、そのへんが境界かと思う。

 

やたらと目に付く日本礼賛のテレビ番組が気持ち悪い件

嫌な番組は見ないけど新聞のラテ欄くらいチェックしてもいいでしょう。

NHK、民放かかわらず、ここのとこ諸外国から見て日本はこんなにすごい的なテレビ番組が目に付いて痛すぎる。自国賛辞は必ずしも悪いことではないが、日本礼賛 番組 を検索すると…
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A4%BC%E8%B3%9B+%E7%95%AA%E7%B5%84&ei=UTF-8

毎日夕方に車のAMラジオでも聞ける「チョソンの声放送」っていう北朝鮮の日本語放送があってこれは一般の日本人の目線ではどう聞いても「プロパガンダ放送」なんだけど、日本賛美の番組はこれに通ずるものがある気がしてならない。※これがどんなものかわからない人は、お手持ちのAMラジオで朝鮮の声放送を聴いてみてください。日本語放送はAM 621kHz 6時~8時台と16時~20時台で1時間リピートで毎日やってます。

そんなつもりは無いと思うが、こんな紋切り型の番組を見ているといかに日本が優れているか洗脳して戦争でもおっぱじめようって言いたいんじゃないかとさえ勘ぐってしまう。単に視聴率がとれるから流してますってだけならともかく、新聞ではそこまで日本ヨイショな記事は少ないし、一部では冷静な記事も出てたりする。 そしてこの系統の書籍はそこそこ出てるみたい。そんな本はテレビより見る気ないから知らんけど。

朝のニュース枠でも外国人にインタビューして日本はえらいみたいなのやってたし、ゴールデンタイムには連日複数の放送局でよく似た趣旨の自画自賛な番組だらけ。中身も「コッテコテの演出ですな~。」て感じ。ゴールデンタイムにいくつも同じような番組が並んでるのは視聴率がとれるからであってこういう妙な自画自賛が心地よいと感じる人も多いのだろう。少なくともうちの親(戦後生まれ)は面白いといって観ている。だいたい、日本ローカルなモノ出して「これはすごい私の国には無いわ!!」って、 単に日本国外ではソレに需要が無いか、その地域に適した他のモノが供されてるってだけだし。

私のシラけた感想文をチラ裏に書いたところでテレビマンの気持ちが変わるわけでもなし、好きな人は自国礼讃番組をいっぱい見てスポンサーの商品をいっぱい買ってあげてください。それのが国力増強に幾分かは繋がるとは思いますし。テレビ見ない自慢はする気もないし、テレビ嫌いでもないとはいえ、この手の愛国心を鼓舞するっぽいのが並んでるのは正直薄気味悪い。

この記事を書いた少し後に日本国は「一億総活躍」などというなんともプロパガンダっぽくてつかみ所のないスローガンを掲げ出しました。老若男女平等社会進出で一億総特攻の復活ですか?

PC DOS の使用期限

PC DOS 2000を手に入れVirtualBoxやqemuなどのエミュレータで半永久の動作環境が整いつつあるDOS環境、README.TXTをよく読むと次のような記述が。

PCDOS 2000 のREADME.TXTより引用

0.3  年の指定方法
——————-
年を 2 桁で指定すると、PC DOS は 00 から 79 までを 2000 年から 2079 年までと解釈し、また、80 から 99 までを 1980 年から 1999 年 までと解釈します。たとえば、78/7/15 ( yy/mm/dd 形式) は、2078年7月15日、また 81/7/15 が 1981年7月15日になります。あいまいなエラーを避けるため、できるだけ年を 4桁で指定してください。たとえば、2078年7月15日を指定するには、2078/7/15  のように指定してください。PC DOS は、1980 年より前、また 2079 年以降の日付をサポートしません。

また、PC DOS J7.0/V (7.00C/V) のREADME.TXTより引用

PC DOS 本体は原則として 1980年から 2099年までの日付をサポートしていますが、技術的な制約によりDOSSHELLコマンドは 2069年以降の、また付属ユーティリティーは 2038年以降の日付をサポートしません。

つまり、DOSには2038年や2079年の問題が内在している。 いくらエミュレータでハードから切り離して永遠の命を得たとしても時の流れには逆らえない、と。2038年は2000年問題のときにもさんざん出てきているし、そのうちやってくると思うけどPCDOSの終末である2079年にはもしかしたら自分はこの世にもう居ない可能性が高い・・・

※日付管理の細かいことを言わなければ、エミュレータの日付を適当に巻き戻せばよい。

PC DOS 2000 日本語版

今さらIBMのPC DOS 2000 日本語版を正規に購入して遊んでみることにした。

pcdos2000

IBM標準使用料金は9,800円と記載されてるのにアマゾンでは12,000円くらいで売ってて、足元みられてるんかと思ったけど、料金改定されているのかもしれないしと考えて気持ちを鎮めた。

ヤフオクだと現行製品のくせに CD-ROM版59,000円とかFD版66,000円 とか意味不明な値段付けられてるし、この出品者プレミア付けるほどの価値無いと知らないのか、ダマされて買うカモを待ってるのか。他にも FD版 15,500円でご落札 とか。FD版が廃品でCD版が現行だからプレミアついてんのかもしれんけど、PC DOS 2000ってアップグレード版が無いからどっちでも変わんないし、CD版だとエミュでも便利なRAWディスクイメージが入ってて便利。

→2015年11月現在Amazonでは在庫切れ→2016年3月時点で在庫復活してます。IBM的には売ってる 2015年11月17日更新、て3日前に更新か。→2016年 2月時点でIBMからの販売も無くなりました。現在正規で手に入るDOSは互換のDR-DOSを残すのみとなりました。→2016年3月時点でCD版とライセンス版は取り扱いが復活してるような書き方になってます。「弊社特約店、担当営業へご相談いただきますようお願いいたします。」更新日3月22日付、て5日前か。こうアクティブに更新がかかるとは、さっさと止めたいIBMの思惑と、切り捨てられないところからの問い合わせが今もあるのだろうか。一般カスタマーなら「もう無いよ」で終わりで済むと思うんだけど。

CDとFDを扱えるパソコンが生活圏内のどこにも無いような状況は日本においてはまず無いでしょう。逆にFDDが無い状況は増えてきているかも。PC DOS J7.0/V の場合はFD版が製品版、CD版がアップグレードのみっていうすみわけ。また、PCDOS 7.0のFDはXDF形式なので最近のPCで扱うのはかなり難しいと思う。エミュレータもFDイメージ化ツールもXDFをサポートしてるものを知らない。MSのDMF対応のは割とあるんですけどね。で、PCDOS2000を買ってみたらPC DOS J7.0/V + CSD よりインストールの手間を考えると便利なのだけど、不思議なところがちらほら。

  • メディアがなぜかプリンタブルホワイトのCD-R。
  • マニュアルが無駄に分厚い。コピーっぽい。JPEGのモスキートノイズっぽい。
  • PC DOS J7.0/V + CSDとほぼ同じって言ってるのにDOS/V Extension とかオンライン文書が削られている。(VEXT20UG.INFが無い。他の2つは残されている。)

箱は割とまともなのに、中身は路上販売のパチもんと比べても遜色ないレベル。

CD-RなPCDOS2000

ソフト自体は当然何の問題もないからいいんですけどね。FDイメージも扱いにくいXDFフォーマットではなく、通常の2HD 1.44MBフォーマットなのでエミュレータでも安心です。

PCDOS2000マニュアルの...

・・・マニュアル表紙のモスキートノイズを強調しようとしたら、「イエロードット」※が出てきちゃいましたね。。。※カラーコピー機でカラー印刷をしたときに埋め込まれる目立たない追跡コード。

まあ、正規で今も入手できるというだけでも評価しましょう。

時間が経ってようやく完成したマイDOS/V環境。DOSってインターフェースがアプリごと独自だからおもしろくて、難しい。

黒電話の中の回路の銀色のヤツ

小さいときから気になっていたんだけど、黒電話の中の回路の銀色のヤツ(N-60 C-60 NKTとか刻印)の正体がやっと判明した。

黒電話の回路

コンデンサが4個入ったモジュールだった。

フタのようにパコッと外れるかと思って押しても引いても外れないから金ノコで切ってやったら蝋のようなもので封止されてんの。

黒電話のコンデンサ

ベークの基板もリベットで固定されててメンテナンス性ゼロ。リベットをドリルで破壊してようやく基板を分離したらハンダは割れてるわ目玉ハンダで今にも不良になりそう。よくこんなんで動いてたな。初めて基板の裏を見たら例のC-60、6端子あるのか。

1-2 : 0.084uF (PAD-GND)
3-2 : 1.24uF
4-2 : 2uF (R2-GND)
5-6 : 0.9uF (D1-B2)

たぶんオイルコンデンサなのだろう。なぜコンデンサはモジュール化してあって、抵抗は古めかしいディスクリートの部品なのかも謎。今回の分解で600型電話機はそもそも修理して使うようにはなってないんだと分かった。黒電話、サイコーとか思ってたの一気に興ざめした。

今回分解したのは黒ではなく実は薄緑色。

変なキーボードたち

職場によくあるDELLのキーボードって、何か変だと思ってたら、世間的にもおかしいって思われてるんだな。

http://hamusoku.com/archives/8524656.html

買って失敗したと思わせてまた違う配列でましになったと思って買わせる作戦か?

ロジクールの左Shiftの右とZの左の間に アンダーバー(ろ) のキーがあるやつもどうしようもなく使いにくい。しかも「ろ」のキーだと思ってる場所は 「↑」 なので意味不明。買った後で気づいたので完全に負け。右の小指範囲のキーが他より小さくなってるのも、割と幅を利かせてるのでさすがに慣れてきたとはいえ、やめてほしい。人体実験か??

もしくは陰謀?