古いFD版のソフトをいくつか入手して旧式のDOS/Vパソコンに入れて遊んでると、2HD 1.25MBであるとか1.44MBであるとかは関係なく、「新品」「未開封」でゲットしたFDですら読み取りが怪しいものがちらほら。違うFDDを使ったり、何度か試しているとなんとか読めたりとかなり危うい。

また家にあった使用済みのFDを再使用しようとフォーマットすると軒並みエラーで完了しない。10枚入るケースに入っていたマクセルのフロッピー Super RD ULTRAのなんて10枚中6枚がエラー という惨憺たる状態。ドライブ変えてもOS変えても同じ。当時は鉄板の品質だったんだけどねぇ。

オークションや一部の店で高額で売られている当時もののデッドストックはもう大半品質が保たれてないんじゃないかと思ったりする。「腐ってやがる」てレベルで。そんなの買うくらいならイメーションの並行輸入品のがまし。今のところ大半の店でまあまあ合理的な値段で売られているが、中にはすでにボッタクリ価格になってきてるところも。

当時の記録済みFDで10枚セットの うち1枚がNGでしたとか全くもってダメなので、90年代までのFD版ソフトの新規購入 はそろそろ潮時かも。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中