数年前に流行語った断捨離を再度決行中。断捨離なんて言葉が俗化するはるか前の12年(持ち物40%減)と7年ほど前(持ち物30%減) ほど前にも試したところ、だいたい気持ちよく整理できたと思うけど、特に私のモノづくり趣味に関しては何かとセオリーどおりにはいかないことが発覚。

★一年使わなかったものは一生使わない。→ 捨てなきゃよかったは必ず出てくる。今あるものだけでできる趣味って、良いですね。「ジャンク箱」っていう言葉、不要ですか。

★必要なものは必要な時に買いなおせばよい。→ 当てはまらないものは多々ある気がする。古いものが必要になったり、すでに生産されてなかったり。

いつでも買えるようなものでできるならそれでいいんですが。3DプリンタでCore i7みたいな半導体からディスクリート部品や真空管まで作れるような時代が来たらいいのになと思います。

★結論:
電気電子系ものづくり趣味やディープな趣味は「人生に必要ない!」 と全否定のうえ全て断捨離し、 何事にも固執せず時代に流されながらライトに遊ぶ人生選べば全部解決。とゆーことですね。ダンシャリアン先生達。

以上。

個人の趣味って社会の一辺を担っている部分でもあるし、それを「要らない事」なんて切り捨てられるのはちょっと考え物だ。何も持たない究極のシンプルライフって、カネさえ出せばいつでもどこでも欲しいものが欲しいだけ手に入る、経験や感動とやらすらも大半はカネで買える、便利このうえない現代社会に裏付けされたインフラがあってこそ成立するんだなって気づいた。これをシンプルライフとか言っちゃってるんだから、おめでたい。すっきり、ドライな生活だね。

食べて寝て会社で働いてその金でまた食べての繰り返しだけなら確かに余計な在庫は要らないだろうね。それこそ社会の歯車として。趣味も持たず日がな一日テレビ見てゆるーくスマホ遊びでもしてればそんなにお金もモノも使わないし。何も持たない生活って個人のアイデンティティを極限まで抑え込むことで成立するんだろうか。 こういうのって手段が目的に転嫁しちゃってる趣味の領域だな、と。

いずれにせよ今の自分は趣味活動を抑え込めば要らん在庫が減らせるっていうことは自明。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中