気づいたら、家の中でSocket7マシンが4台に増殖している。先日まではIBM PC350とPC330ニコイチの一台だけと絶滅種だったのに。

Socket7のCPUは今でもノーマルPentiumやMMX Pentium、AMD K6-IIなどは割と手に入る。目当てのもののがあるかは別にしてマザーボードもオークションや中古販売店をウオッチしているとたまに流れている。探せなくて買った後、引き出しの奥からPentium 233MHz/MMXが出てきたorz

逆に手に入りにくい部品もあって、CPUクーラーや相性の良いDIMM・SIMMメモリはなかなか出てこない。特にVRMやセカンドキャッシュモジュールはまず無い。512kBのキャッシュモジュール捨てなければよかったなあ。

Socket7のころはパソコンの大衆化が進みつつ、また半年もすればCPUやHDDの性能が目に見えて向上していったころだから、陳腐化した機械たちはあっという間に捨てられていったのだろう。この時期までのパソコンは筐体も丈夫にできていたし、コンデンサの破裂もその後の世代よりはマシだったから、存在すれば今でも稼動する可能性が高い気がする。

とはいっても、一般的にはゴミだな。

そして、また捨てた。Asus P5AのAladdinV+K-6Ⅲのだけが1台残った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中